Future of the Net

ワクワク夢あるネットの未来を考える

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

障害者を支援する通信やテクノロジ

2009-07-12 13:05:47 | AT
もっと、多くの人を幸せにする、フレンドリーで、使いやすい通信やデバイスについて考えてみる。
一つの切り口として、障害であり、後天的には全ての人が関わる記憶障害について、考える。


■記憶障害者の数(先天性)
 -障害者白書で規定される障害分類に沿って、記憶障害者の数を調査。
  (日本では、身体障害、知能障害、精神障害の障害分類のうち、
   記憶等認知に関わる障害は、精神障害に分類される)
 -精神障害者のうち、記憶障害を持つ血管性認知症やアルツハイマーによる認知障害者の割合は、
   2005年に、23万8千人(※5)。
 -この数字は先天性の認知障害者の数であり、後天性の認知障害者数は含まれていない。

■記憶障害者の数(後天性)
 -後天的に記憶障害をもった、病気としての認知症患者数は、日本で189万人(※2)
 -ここでいう認知症とは、以下2つの機能不全を合併で発症し、日常生活に支障をきたすものを
   重度のレベルに分けて定義される病気である。
   (1) 記憶機能
   (2) 認知機能(注意・集中、思考、言語、視空間認知)
 -よって、記憶障害のみでは、認知症と診断されない。
 -さらに、単に老化に伴って物覚えが悪くなるといった現象や、統合失調症などによる判断力の
   低下は、認知症には含まれない(※4)。(認知症とは別に、認知症高齢者という)
 -認知症は、アルツハイマー病、脳血管性認知症、レビー小体病、と複数の症例がある。
 -アルツハイマー病は、日本での患者数、140万人(2005)、世界では1800万人。
 -記憶障害を持つ認知症患者は、日本で推定189万人(2005、※2)いるので、
   世界では2500万人以上いるものと推計される。
 -軽度記憶障害を含めるとその数倍。2倍だとしても、記憶障害を持つ人の数は5000万人。
 -認知症高齢者を含めると、更にその数倍。2倍だとしても、1億人。
 -世界人口(65億、2005※3)の1.5%が記憶障害者。
 -人口が頭打ちになっても、寿命が延び、高齢者の割合が増えるような社会になると、
   記憶障害を持つ人は、更に増えるものと想定される。

■記憶障害者に必要な支援とは?
 -記憶障害を持つ人が、最低限、健康で文化的な生活を営めるようにするためには、
   どういった支援が必要か。特徴や、生活するうえで必要な措置について考える。
 -記憶障害の特徴
   比較的古い記憶は保たれているのに、新しいことを覚えられない。
   約束したことを忘れたり、日時を間違えたり、場所が分からなくなり目的地へ着くことができず
   迷子になることがある。日々の暮らしで、覚えておくべき事を忘れてしまうので生活するのが難しい。
 -当事者や家族が、生活をする上で困る事や生活する上で実施していること(※1)
  (1)新しいものを覚えられない。(ものの名前とか操作方法)
  (2)物を置き忘れていつも何かしら捜している。
  (3)今日の日付けが分からなかったり、忘れたりする。
  (4)昨日の出来事などを忘れるので、家族や他人に聞いて思い出さねばならず、自立できていない    
     と感じ、自尊心を傷つけ、社会進出を妨げる。
  (5)覚えておくべき事(機械の使い方、人との約束等)を忘れるので、すぐにメモをとる。

→こういう生活上の困難を支援することが必要なんだと思う。

※1. http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Ayame/7001/dainou/06-KIOKU.HTMl
※2. http://dementia.seesaa.net/article/9908981.html
※3. http://www.stat.go.jp/data/kokusei/topics/topics23.htm
※4. http://www.kadota-noushinkeigeka.com/disease2/index.html
※5. http://www8.cao.go.jp/shougai/data/data_h20/zuhyo07.html
コメント

#IranElection ペルシャ語のTwitterメッセージをその場で日本語に翻訳する件

2009-07-02 11:49:43 | AT
Twitter #IranElection などでは,イランでの選挙や各種デモについてのつぶやきが増えていますが,公用語のペルシャ語で書かれるつぶやきもあって,読めずに困ります.ペルシャ語って,おもにイラン・タジキスタン・アフガニスタン・グルジアおよびインドの一部やパキスタンの一部で話されているそうで、母語話者は4600万人を超えるそうです.(wikipedia ペルシャ語を参考)全人口の1%弱ですが,このごろ話題が耐えない地域ゆえ,ペルシャ語ニーズは高いのではないでしょうか.

Twitterでは,昨日6月19日(金),「ペルシャ語のTwitterメッセージをその場で英語に翻訳する方法」が紹介されていますが,実際に使ってみると,言語の壁の大きさ,それがとれることの価値や喜びを実感できます.どんな事柄であれ,地域に根ざしたすごくローカルな出来事や情報というものがあって,時に価値を持つのですが,そういうものってローカルな言語で話されることが多いですよね.それを会話のレベルまで翻訳してしまったこの方法は,利用の価値ありです.Googleの知識とAPIが無料で公開されていなかったら,どうして出来たでしょう,マッシュアップ最高ですね!

紹介された方法が英語への翻訳方法だったので,日本語の方が便利かな?と少し修正して日本語化してみました.(修正語のJavaScriptはこちら)
コメント