Futsal Hamada

日本のフットサル普及・強化を応援しています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

涙の終焉の先の日本の前進

2010-06-30 | Futsal
■涙の終焉の先の日本の前進

夢、感動、感謝、期待、希望・・・様々な言葉が試合後に交差する。
負けはしたものの日本代表は、間違いなく国民に何かを伝え、刻んだ。
選手の涙を見て、全てが円満に終わったかのようにも受ける。

しかし、もっと冷静になるべきだ。
PK戦までの内容だ。
サッカーという部分ではパラグアイ共に50点以下だろう。勝負という点では100点以上の評価ができる。

予選同様のベストの布陣で迎えた日本の決勝トーナメント。
一方のパラグアイは、累積で予選を戦った選手を欠き、ベストではない布陣。

そもそも岡田ジャパンが世界に通用するために挑んだサッカーは、細かいパス回しからの攻撃・・・片鱗もなかった。
DF中心に大きく蹴り出すのみ、本田めがけて蹴り込む。
カウンターも精度が上がらず攻め手がなく、得点の匂いといえばFKからのセットプレー。。。
DFはよく頑張った、しかし、ボールを収めたい本田へのパスは遥か遠かった。
パラグアイも日本同様にDF中心でカウンターのチーム。
お互いに似てる分、サッカーとしては見る側には退屈であったかもしれない。
遅攻での崩しができず、パスミスも目立つ。

サッカーのレベルは果たしてあれで評価できるのであろうか?
日本は強くなっているのか?
選手は時点でのパフォーマンスは出し切ったと思う。
しかし、実力はあの程度なのだろう。
岡田監督が言う「実力以上のもの」が選手のパフォーマンスを上げさせた。

勝たなければならない決勝トーナメントでのお互いの勝負は非常に評価ができた。
パラグアイは、1月に銃で襲撃されたFWサルバドル・カバニャスのためにチームが結束し、日本同様に高いモチベーションで挑んだ。
日本も岡田監督の元、何をするべきなのか?何を求められているのか?
選手が理解し、組織となった。
そのお互いのチームとしても魅力が十分に勝負に現れた試合ではあった。

しかし、話を元に戻すが、この試合後の選手の涙と感動で薄れた感のあるPKまでの試合内容。
もう一度、冷静になって日本のサッカーを見つめ直す必要がある。
これでできたと勘違いする。できると勘違いする。
まだまだ世界のサッカーレベルへは程遠い・・・それを如何に縮めるか?
冷静に考えるべきだろう。

涙でかき消され、薄れてしまった日本代表のサッカーの中身を今後、どうやったら勝てるのか?
DFだけでいいのか?
4年後、中沢はいるのか?
どうやって得点できるのか?
FKだけでいいのか?
そこに視点が行かない限り、4年後への前進はないだろう。

ただ、彼らから希望や期待は感じられた。
ありがとう。

ちょっぴり眠いっす(笑)
コメント

土曜日は「みんなのためのフットサル教室」

2010-06-30 | Futsal
■土曜日は「みんなのためのフットサル教室」



【目的】
未経験者やフットサルに興味がある方々に気軽にボールを蹴れる環境を提供し、「誰でも」参加できることで、サッカー・フットサルの底辺拡大と学習スポーツの定着を願う。
基本は楽しくボールを蹴って体を動かし、運動不足を解消しましょう!

【主催】
(社)島根県サッカー協会浜田支部フットサル委員会

【主管】
(社)島根県サッカー協会浜田支部フットサル委員会

【日程】
■「みんなのためのフットサル教室」 第4回目
2010.7.3(土)19:00~21:00

■「みんなのためのフットサル教室」 第5回目
2010.8.7(土)19:00~21:00

■「みんなのためのフットサル教室」 第6回目
2010.9.25(土)19:00~21:00

※以後、未定ですので、決定次第お知らせします。

【会場】
ふれあいジム・かなぎ(屋内)

【対象者】
経験・未経験者・男女は問いません。
ボールを蹴って体を動かしたい方であればどなたでもOK!
もちろん親子での参加もOKです。

【申し込み】
(社)島根県サッカー協会フットサル委員会浜田支部
担当:齋藤
futsalhamada@yahoo.co.jp
(スパム対策の為@を全角にしています)

コメント

第6回ハマダフットサルフェスティバルO-13&O-30募集中

2010-06-29 | Futsal
■第6回ハマダフットサルフェスティバルO-13&O-30募集中

1 目 的
「いつでも どこでも 誰でも いつまでも 楽しめるフットサル」をスローガンにフットサルの普及活動とともに、スポーツを通じた地域振興の一助を担う場とすることを目的とする。
また、地元出身のフットサル日本代表・金山友紀選手の活躍の周知でフットサルの普及・強化を目指し、全種別(U-12・U-15・O-16)の全国大会出場に向けてのきっかけの場とする。

2 主 催
ハマダフットサルフェスティバル実行委員会

3 主 管
(社)島根県サッカー協会浜田支部  浜田支部フットサル委員会

4 後 援
浜田市教育委員会 石見ケーブルビジョン(株)  山陰中央新報社 

5 協 賛 
(株)モルテン(予定)

6 期 日
2010年7月18日(日)

7 会 場
浜田市金城総合体育館 ふれあいジム・かなぎ
(島根県浜田市金城町七条イ982)

8 予 定  
■O-13・・・6チーム
■O-30・・・6チーム

9 参加費
O-13&O-30ともに      10,000円

10規 則
①試合時間は,10分ハーフ(3分)とし、ランニングタイムとする。
②日本サッカー協会フットサル競技規則に準じて行う。

11試 合
(各3チーム2ブロック)でそれぞれのブロックでリーグ戦を行い、各ブロックの上位2チームが決勝Tに進出する。下位チーム同士の順位決定戦あり。 
※各部門の組み合わせは,大会本部で決定する。
※リーグ戦における勝ち3点・引き分け1点・負け0点とする。
※審判は帯同審判とする

12構 成
■O-13
O-13(中学生以上)の選手で構成されたチームであること。女子の出場も可能。

■O-30
O-30の選手で構成されたチームであること。女子の出場も可能。

13備 考
・開会式は行わず、閉会式は各カテゴリーの各表彰式とする。
・大会期間中の選手の傷害については,主催者及び主管者は応急処置はするものの,一切責任は負えない。参加者の傷害保険加入が望ましい。
・大会期間中の施設などの破損については、当事者が責任を持って対応すること。主催者及び主管者はその一切の責任は負えない。
・ゴミは各チームが責任を持って管理すること。
・ユニホームはなくても構わないが、必ずビブス等で選手個人が固有の番号を持つこと。

14表 彰
各カテゴリー1位2位を表彰する。
優勝チームには賞品あり。

15申し込み方法
下記の申込み先に別資料の参加申込書を必ず記入し、申し込むこと。
募集期限は満了次第締め切ります。

16申し込み及び問い合わせ先
ハマダフットサルフェスティバル実行委員会
事務局:齋藤
TEL:090-2294-9518 FAX:0855-22-1644
Mail:futsalhamada@yahoo.co.jp
(スパムメール対策で@を全角にしていますので、半角に変換してください)

コメント

応援企画!!金山友紀選手特注モデルシューズ(未発売)プレゼント!!

2010-06-28 | Futsal
■応援企画!!金山友紀選手特注モデルシューズ(未発売)プレゼント!!

・金山友紀選手サイン入りKappa「フィード」特注モデル 1足 
※未使用でサイズは金山選手の足のサイズです(サイズは内緒♪)




 
◆応募方法について
住所・氏名・金山選手への応援メッセージを記入の上、下記のメールアドレスへご応募下さい。

応募先:futsalhamada@yahoo.co.jp
(スパムメール対策で@を全角にしていますので、半角に変換して申込下さい)

◆締め切りについて
2010年7月7日(水)まで

■当選について
応募者の中から金山選手に一番熱い応援メッセージを伝えてくれた方を当選とさせていただきます。

◆プライバシーに関する同意について
○ご応募で取得する個人情報
・住所・氏名・メールアドレス
○個人情報の使用目的
・当選者への確認と発送のための連絡

上記使用目的について同意を得た上でご応募をお願いします。
(ご応募によって同意を得たものとする)

コメント

第6回中国フットサルリーグ開幕戦結果

2010-06-27 | Futsal
■第6回中国フットサルリーグ開幕戦結果

【第1節 6.27(日) 落合白梅体育館(岡山)】

広島F・DO 1-1 -Junjies

広島DLLC 3-2 P.l.e.de.MASUDA

SAファイターズ 6-6 C.R.F

FRAGILE HIROSHIMA 5-4 浜田FutsalClub HNT/どんちっち

コメント

速報!!第6回中国フットサルリーグ開幕!!

2010-06-27 | Futsal
■第6回中国フットサルリーグ開幕!!

いよいよ中国地域のフットサルリーグも本日開幕します!
速報もしますので、しっかりフットサルを楽しみましょう♪

【第1節 6.27(日) 落合白梅体育館(岡山)】
10:00 広島F・DO-Junjies
12:00 DLLC-MASUDA
14:00 SAファイターズ-C.R.F
16:00 FRAGILE-HNT
コメント (8)

夢が目標に変わった理由の続き

2010-06-26 | Futsal
■夢が目標に変わった理由の続き

サッカー日本代表の岡田ジャパンが発足して初めてスタッフ、選手を集めて全体ミーティングが某所で行われた。

岡田監督:「オシム監督に変わり、再び日本代表の監督を努めさせてもらう岡田です。一緒に戦った選手もいるが、ほとんどがはじめて一緒に戦うことになるので、日本のサッカー代表としてよろしくお願いしたい。」

選手達:「よろしくお願いします。」

岡田監督:「では、我々日本代表の目標を発表する。」

選手達:「・・・・・」

岡田監督:「我々日本代表の目指す目標は、ワールドカップベスト4!」

選手達:「?????」

失笑する選手もいた。。。

月日が流れ、チームは結果を残せず、ベクトルが揃わぬままバラバラになりかけていた。
ワールドカップベスト4という目標が、夢のまた夢のようになっていた。
そんなチーム状態の中、ワールドカップに向けての最終合宿直前に全体ミーティングが行われた。

岡田監督:「我々の目標は、あくまでもワールドカップベスト4だ!中沢は、達成できるか?」

中沢:「・・・・」

岡田監督:「中村はどうだ?」

中村:「・・・・」

コンディションの悪い中村が、この問いかけに答えるのは酷であったが、そのことを承知で岡田監督は問いかけた。

岡田監督:「もう一度言う。我々のワールドカップでの目標はベスト4進出だ!本田はどうだ?達成できるか?」

本田:「はい!達成できます!優勝を目指します!でも、今のままではベスト4は厳しいです。」

勝気な性格の本田の答えをわかっていて岡田監督は問いかけた。
本田の答えは、岡田監督の期待するまさにその通りの答えだった。
実は、岡田監督は事前に本田と面談をし、チームのワールドカップでの方針、自分自身の考えを伝え、本田の意見も十分に聞いていた。

岡田監督:「では、どうしたら達成できると思う?」

選手達:「・・・・」

岡田監督:「長谷部はどうだ?」

長谷部:「本田が言うように今のチームの状態では、はっきり言って難しいです。戦術を変えるか何か他の何かがないと・・・」

ここで岡田監督は、選手全員がお互い同じ不安を抱いていることを選手全員に共有させた。
現状の日本の弱点を再認識し、改善するためにどうすれば良いかを選手に気が付かせるために話を続けた。

岡田監督:「わかった。ありがとう。では、君達に今のチームに不満はあるか?松井どうだ?」

松井:「不満というか、自分のやり易いポジションで試合をしたいです。特に左サイドで長友とのラインが組めればやり易いです。」

岡田監督:「本田、川口はどうだ?」

本田:「守備的なポジションはやりたくはないですね。得点をしてチームに貢献したいし、世界にアピールしたいです!」

本田の答えは事前の面談でわかっていた。
敢えて個々の選手の主張を促させた狙いもあった。

川口:「不満といえば試合に出れないことが一番の不満です。でも、その自分の不満を大きくしたところで、チームは勝てません。我々は日本の代表なんですよね?そうですよね?監督?」

川口が召集された意味はここにあった。
試合に出場できる可能性は限りなくないであろう川口の発言を選手達に聞かせたかったのだ。
日本代表として世界と戦い、さまざまな経験をし、挫折も味わった選手で、精神的支柱にもっとも相応しい川口には、試合に出場すること以上に選手達に気持ちの部分を伝える役割を任されていた。

岡田監督:「そうだ。我々は日本の代表だ。川口が言うように不満や個々がやりたい事を主張しあってもチームは勝てない。そして、今のままでは、同じ事をやっても勝てないし、同じ気持ちでも勝てない。」

中村:「もっと勝ちたいという気持ちをチーム全体で共有したいです。」

突然、中村が発言した。
代表経験も多く、今までチームの中心人物でありながら、コンディション的に試合に出れるかどうかわからない状況の中村の発言には重みがあった。

選手達:「・・・・」

沈黙が続く・・・。
中村との確執も取りだたされた本田が口を開いた。
これも、岡田監督の策略通りだった。

本田:「俊輔さんが言うようにチームで勝ちたいし、日本の代表、国民の代表ということを選手全員で確認し合いたいです。みんなで共有して日本のためにもっと頑張りましょうよ!」

今まで個を全面に出し、ビックマウスの本田の問いかけに年上の選手達や全員が気がついた。
我々の目標は、ワールドカップでのベスト4。
ワールドカップは、自分のしたいプレーをする場ではない。
恥をかくために出場する場でもない。
我々は日本のために戦う代表なのだ。
そのためにしなければならないことは・・・・

岡田監督:「本田ありがとう。みんな、何度も言うが我々の目標はワールドカップベスト4進出だ。そのために今できること、そしてしなければならないことを考えてほしい。責任は全て私が取る。みんな、私を信じて最後までついて来てくれるか?」

この本田の問いかけあたりから、座ったままの各選手達は胸を張り、顔を上げ、発言する本田や岡田監督の目を真剣な眼差しで追いかけた。
選手達の何かが変わり、スイッチが入った。
そして、岡田監督が続けた。

岡田監督:「私はこのワールドカップは、スタッフ、選手合わせて27名のみんなで戦いたい。そして、日本代表として戦いたい。どうだ、中沢はやってくれるか?」

中沢:「・・・・はい!やります。」

岡田監督:「遠藤、長友はどうだ?」

遠藤:「はい!」

長友:「当たり前です!このためにみんなやってきたのですから、できないはずがありません。」

キャプテンの長谷部が立ち上がり、全員に問いかけた。

長谷部:「俺達は日本の代表だ。多くの人が俺達にはできないだろうと思っている。悔しくないか?勝ちたくないか?このワールドカップのためにやって来たことを監督を信じてやってみようじゃないか!そして、俺達も勝つために、ベスト4を達成するためにもう一度結束しようじゃないか!」

キャプテンを務める長谷部の大きな声がミーティングルームに響いた・・・
そして、スタッフ、選手全員の目が変わり、気持ちも変わった。

本田はこの時、机の下で握りこぶしを強く握り、予選グループでのチームの勝利の誓いをした。
川島は顔を上に上げ、歯を食いしばったあと、大きく息を吐き出した。

スタッフ・選手達のベクトルが同じ方向を向いた瞬間だった。
夢が目標に変わった瞬間、日本のために戦う集団になった瞬間だった。

----------------------------

というやり取りが行われたかどうかは定かではないが、いや、多分されてないだろう(笑)

しかし、夢は目標にならない限り達成はできない。
そのことを一番知っていたのは、チームの代表である岡田監督であったに違いない。
指揮官は、勝つためにマネージメントを上手く行い、選手をコントロールし、まとめる。
この作業ができない限り、戦う集団にはなり得ない。

夢を目標に変えさせるためには、全員のベクトルを同じ方向に向かわせ、モチベーションを同じ高さで共有し、保ち続けること。
そのために、仲間がいるし、監督もいるのだ。
自分ひとりでは、何もできない。

日本代表が予選リーグを突破できたのは、このことが大きな役目を果たしたと感じる。
岡田監督がデンマーク戦前のインタビューで言っていた「こういう時は、実力以上の何かが必要だ」という実力以上の何かとは、組織として目標を明確にし、その達成のために全員で立ち向かうこと。

監督は、決して表に出て賞賛されてはいけない。
英雄となるのは選手である。
しかし、その英雄となった選手を英雄にさせたのは監督なのだ。
監督は、真の英雄なのだ。

※こんなドラマみたいなやり取りは、間違いなくないだろうなぁ(笑)


コメント

夢が目標に変わった理由

2010-06-26 | Futsal
■夢が目標に変わった理由

サッカー日本代表の岡田ジャパンが発足した時、岡田監督は「目標はワールドカップでベスト4」と掲げた。
多くの関係者、国民が達成できない夢と感じていた。

「ベスト4」という代表の目標は一人歩きをしだし、選手の中でも達成できない単なる夢と感じていた選手は多くいたはずだ。
ワールドカップアジア予選、壮行試合などを見ても「ベスト4」という目標は、夢でしかなかった。
誰もがそう感じていた。
しかし、岡田監督は違った。
あくまでも「ベスト4」という目標を胸を張って言い続けた。途中で心が揺らいだ時もあっただろうが、メディアの前では信念を貫いた。

夢は目標に変えなければ達成できない。
そこにいち早く気がついたのが、本田だった。
本田は、国民の前で「優勝」と公言した。彼が言い放つと少し説得力も感じ、もしかしたらという期待も感じられた。
到達地点が高くなければ、思い描く目標は達成できない。
それが夢であれば、皆無である。

もしかしたら「決勝トーナメント進出が目標」と岡田監督が言っていたら、今回の結果はなかったかもしれない。
決勝トーナメント進出は、ベスト4という目標達成のための目的にしかない。

では、夢が目標に変わった理由・・・

続きは15:00頃に更新予定♪

コメント

日曜日は2010/2011第5回島根県フットサルリーグも開幕!!

2010-06-26 | Futsal
■日曜日は2010/2011第5回島根県フットサルリーグも開幕!!

◆第1節/2010年6月27日(日)/温泉津総合体育館
10:00 Horizonte fsf - ~斐川フットサルクラブ~Rio Garcia
12:00 Izumo.Y.F.C.Familia - vivace
14:00 FC.KAMATE - 松江フットサルクラブ/VOTTI
16:00 VERSUS - ファースト

◆第2節/ 2010年7月18日(日)/松江市総合体育館
10:00 ~斐川フットサルクラブ~Rio Garcia - ファースト
12:00 松江フットサルクラブ/VOTTI - VERSUS
14:00 Horizonte fsf - Izumo.Y.F.C.Familia
16:00 vivace - FC.KAMATE

◆第3節/2010年8月29日(日)/県立浜山体育館
10:00 FC.KAMATE - Horizonte fsf
12:00 VERSUS - vivace
14:00 ファースト - 松江フットサルクラブ/VOTTI
16:00 Izumo.Y.F.C.Familia - ~斐川フットサルクラブ~Rio Garcia

◆第4節/ 2010年9月5日(日)/ふれあいジムかなぎ
10:00 vivace - ファースト
12:00 Izumo.Y.F.C.Familia - FC.KAMATE
14:00 Horizonte fsf - VERSUS
16:00 ~斐川フットサルクラブ~Rio Garcia - 松江フットサルクラブ/VOTTI

◆第5節/2010年9月19日(日)益田市民体育館
10:00 VERSUS - Izumo.Y.F.C.Familia
12:00 松江フットサルクラブ/VOTTI - vivace
14:00 FC.KAMATE - ~斐川フットサルクラブ~Rio Garcia
16:00 ファースト - Horizonte fsf

◆第6節/ 2010年10月3日(日)/温泉津総合体育館
10:00 FC.KAMATE - VERSUS
12:00 Izumo.Y.F.C.Familia - ファースト
14:00 Horizonte fsf - 松江フットサルクラブ/VOTTI
16:00 ~斐川フットサルクラブ~Rio Garcia - vivace

◆第7節/ 2010年12月12日(日)/温泉津総合体育館
10:00 松江フットサルクラブ/VOTTI - Izumo.Y.F.C.Familia
12:00 VERSUS - ~斐川フットサルクラブ~Rio Garcia
14:00 ファースト - FC.KAMATE
16:00 vivace - Horizonte fsf

コメント

羊が狼になった瞬間

2010-06-25 | Futsal
■羊が狼になった瞬間

韓国がアジアの虎であれば、日本はアジアの狼になれたか?
いやいや、まだ羊に牙が生えた程度だろう。

強いものに臆病で逃げ腰な羊、常に逃げ惑う。
そんな羊でも、群れとなり、固まりとなって強いものに挑む時もある。
組織となれば、大きな力を発揮できるのだ。

ワールドカップがはじまるまでのサッカー日本代表は、間違いなく羊だった。サムライではなく、「BLUE SHEEP」と呼んでもいいくらいだった。
そんな羊の代表の中に、一匹の金色の狼が現れた。
個を全面に押し出し、協調性に欠けるようにも見られ、周囲からは批判的な捉え方をされ、チームがバラバラになっていく心配もされた。

いざ開幕すると、その金色の狼は英雄となった。
その英雄は、チームを無視した個を全面に出す狼ではなくなっていた。
羊達をまとめ、先頭に立って羊達を狼に変えようと、羊が群れになってまとまって強い者に立ち向かえる組織を作ろうとしていた。

やがて、羊達は徐々に纏まり、羊に牙が生え始めた。
カメルーン、オランダと戦い、選手たちの心の変化が戦える集団としての組織に変わっていった。

予選グループ最終戦のデンマーク戦。
引き分けでも予選突破のかかるサッカー日本代表は、もう羊ではなくなっていた。
一匹の金色の狼を先頭に纏まり、羊達に牙が生えていた。
強いものに臆しない牙が生えていた。

結果はご存知の通り、開幕前の予想を大きく裏切る嬉しい結果となった。
羊が狼になった瞬間を見て来た日本人は、自分たち自身も羊から狼になれるのでは、牙をはやせるのではという大きな希望や期待をもらったに違いない。

これで、良くも悪くもフットサルも盛り上がる。
羊から狼になりたい蹴人は、ボールを蹴りたくなる。
サッカーでは・・・となり、また以前のようにフットサル場が活気つくであろう。

今回の瞬間は、日本にとって、サッカー界にとって非常に意味あるものであったと感じる。

ありがとう!SAMURAI BLUE!!

コメント