福岡市の小児歯科・矯正歯科・障害者歯科 ふたつき子ども歯科 院長日記

小児(障害児を含みます)の包括的歯科医療を提供するふたつき子ども歯科。子育てや食のことも含んだ、院長ブログ。

国際的に歯科保健を考える

2018-06-10 | 国際交流

小児歯科のスタディグループ「福岡小児歯科集談会」では毎年5回前後の講演会やセミナーを企画していますが、7月には海外での歯科保健活動をしているM先生、F先生にジョイントと言う形で講演をお願いしています。
休診日の今日は、講演1か月前ほどになりますので、40名ほどの会員に案内を送る作業を行っていました。
大規模なグループではありませんので、実際の企画運営は数名の役員で行っています。





お二人とも私と同じ九州大学小児歯科のOBです。
小児歯科分野の人間と言うのは、もともと公衆衛生的なマインドを持っている人が多いと思います。
加えて九州大学小児歯科は、かつてのボスN先生がアジアを中心とした国際交流に積極的で、JICA(国際協力機構)と歯学部とのコラボで途上国歯科医師を招く歯学コースの中心でした。私もサブリーダーを任され、コースのスケジュールつくり、研修生のお世話、そして講義と関わりました。
そのような小児歯科でしたから、他のプロジェクトで医局員が海外出張することも珍しくありませんでした。
M先生はミャンマーを拠点に活動中、F先生はかつて青年海外協力隊でトンガやアジア諸国での活動経験があります。
世界各地、特に途上国での歯科事情を知ることは、いろんな面で完備した日本の歯科事情からは学べないことが多々あります。
ただ歯科治療ではなく、歯科の原点に戻った柔軟な考えも得られのではと思います。
もちろん実質的な国際貢献と言う面では、ただボランティアではなくて、文化や経済状態が違う現地でキーパーソンを育てると言う苦労が大きいと推測します。
お二人のお話が楽しみです。





ふたつき子ども歯科 http://www3.coara.or.jp/~futam

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 梅雨の中休み | トップ | ワカコ酒を観ながら »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国際交流」カテゴリの最新記事