クハ481-103の駅巡り旅のページ

鉄道の旅を楽しみながらJR線全駅踏破を目指しています。

2017年新春乗り継ぎ旅(その6)

2018-01-14 12:36:39 | 南東北地区

前回は新潟地区の雪害のニュースをお伝えしました。左沢線駅巡りに戻りましょう。


その5はこちら


11時57分発の1334D(キハ101系A8編成+A2編成)で南寒河江駅を出発。



12時1分に羽前長崎駅に到着。一見する限り片面ホーム1面のみの構内ですが…。



交換設備が撤去されて棒線化されているのです!



さて、南口に出ました。平成16年に設置されました。



では駅舎の中へ。委託駅ながら窓口が設けられています。



駅前は田園地帯。以上です。



東口に出ました。平成22年1月に改築されました。



滞在時間が14分しかないながら駅舎の中へ。木のベンチが設えられています。奥にはトイレが。



駅前の様子。古くからの住宅地です。



出発の前に跨線橋からの掲示を。奥羽・羽越新幹線ですって


12時15分発の333D(キハ101系A3編成+A6編成)で左沢方面へ。



12時36分に柴橋駅に到着。片面ホーム1面のみの構内です。



まずは駅名標を。準国鉄仕様です。



それでは駅舎撮影。平成14年2月14日築の、西寒河江駅などと同系の駅舎です。トイレは汲み取り式です。



では駅舎の中へ。ベンチが1基設えられているだけです。



駅前の様子。坂を下りると県道23号です。



駅に戻ると、1組の夫婦が待っていました。彼らと共に、12時49分発の336D(キハ101系A6編成+A3編成)に乗車して北山形方面へ。


つづく


参考サイト   さいきの駅舎訪問

『山形県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« またしてもセンター試験大寒... | トップ | 2017年新春乗り継ぎ旅(その7) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

南東北地区」カテゴリの最新記事