クハ481-103の駅巡り旅のページ

鉄道の旅を楽しみながらJR線全駅踏破を目指しています。

えちご押上ひすい海岸駅に行ってきた(その3)

2021-09-22 15:20:53 | 北陸線

JR北海道は、来春のダイヤ改正で7駅の廃止を検討しており関係自治体と協議していますが、そのうちの5駅が函館本線上にあり、具体的な駅名も判明しています。池田園、流山温泉、銚子口、石谷、本石倉です。流山温泉が当然の理であるのに対し、銚子口は交換可能駅であるので「砂原回り」の今後の動向が注目されます。


その2はこちら




さて、本題に。9時1分に直江津駅に到着。乗り継ぎ時間を利用して北口へ。平成12年4月7日に供用開始した、「飛鳥Ⅱ」を模した橋上駅舎となっています。階下には交番が。



駅舎の真下には「潮騒」(岡本銕二)のモニュメントが。



エレベーターホールの前には「第一防波堤」(峯田敏郎)のモニュメントが。



駅前の様子。県道123号が延びています。向かいには、ホテルハイマートとホテルセンチュリーイカヤが。尚、ホテルハイマートは、直江津駅の駅弁をプロデュースしています。



で、そのホテルセンチュリーイカヤの前には、「放浪記」2000回上映記念モニュメントが。平成23年1月23日に除幕されました。



折角なので、バス乗り場の前にある駅そば屋直江津亭に入り、謙信そばを食しました。いか天ぷらと海苔の入った蕎麦でした。



「あすか通り」を通って南口へ。直江津運輸区ではE129系A8編成がお休み中~



南口に出ました。いわば「あすか通り」の一部で、エスカレーターと階段しかありません。



左手には大きな建物が。集合住宅です。



向かいには都市公園が。徒歩6分くらいの所に新潟労災病院があったりします。



ロータリーへ。中央にはマストのモニュメントが。よく見るとこの自由通路、客船の窓が連なっているように見えます。



このロータリーには、京都、大阪方面のウィーラートラベルのバスの乗り場が。このコロナ禍で高速バス業界は大きく痛手を受けており、この時期は土日と多客期のみ。


つづく


コメント (1)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 新潟駅の旧万代口駅舎が完全消滅 | トップ | えちご押上ひすい海岸駅に行ってきた... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (安芸爺)
2021-09-22 22:08:45
 僕が初めて訪問したのは芸備線の安芸吉田口駅・向原駅辺りだったと思います。
 毎回楽しみにしています。

コメントを投稿

北陸線」カテゴリの最新記事