クハ481-103の駅巡り旅のページ

鉄道の旅を楽しみながらJR線全駅踏破を目指しています。

湖西線全駅下車の旅(その13)

2011-11-07 00:07:03 | 北陸線

17時35分に唐崎駅に到着。



西口の駅舎を取り終え、周辺散策。湖西道路に向かって広い道が伸びています。周辺は商店などが並び、付近にはデイサービスセンターがあります。



さて、東口に出ました。こちらには駅前広場があり、街路樹が何本か立っています。



大津京方に目を転じると、滋賀海軍航空隊跡の碑があり、そこには御衣黄桜が植えられています。



東方に歩くと、中学校の向かいに全国市町村国際文化研究所(JIAM)があります。北方には自衛隊の駐屯地があるし。



駅前の公園には「からさきの泉」という噴水があり、黄昏時を迎えて素晴しい色合いになってきました。林の向こうは高層マンションで、京阪神のベットタウンであることを窺わせます。吹奏楽の練習が行なわれており、しばし感傷に浸りました。


18時5分発の2861M(117系S1編成)に乗車し、この日の18駅目に向かいました。



18時9分に大津京駅3番乗り場に到着。2面4線の構内を有します。



2Fに下りて改札を出ました。4台の自動改札の左手には「みどりの窓口」があり、営業時間は5:30~22:00です。トイレは改札内の奥にあります。駅スタンプの表題は「律令国家が開花した大津京の駅」で、遺跡から出土したサソリ紋瓦が描かれています。



さて、西口に出ました。3階建ての高架駅です。駅前は駐車場で、広場はありません。今回泊まったビジネスホテル西大津は、こちらからすぐです。



あることをするために東口へ。1Fにハートインがあります。こちらが正面口のようで、が多数客待ちしています。大津京駅は、平成20年3月15日に「西大津駅」から改称されました。


 ロータリーの中心部には「時の泉」というモニュメント。



その向かいには、俵万智(右側)と小野寛(左側)の歌碑があります。永原駅から12時間にわたって湖西線の駅巡りをしてきましたが、誠に見所が多い路線でした。



ロータリーの向かいにはパチンコ屋。数分歩いてイオンに行き、夕食などを調達しました。


ビジネスホテル西大津にチェックインし、ようやく長い一日が終わりました。で、客室のテレビは、2011年6月4日の時点でも未だにアナログでした。さすがにデジタル化しましたよね?


気がついたら、湖西線全駅下車達成まであと1駅となっていました。


つづく


<ブログランキングに参加しています。是非ワンクリックお願いします。>


コメント   この記事についてブログを書く
« 湖西線全駅下車の旅(その12) | トップ | 湖西線全駅下車の旅(その14) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

北陸線」カテゴリの最新記事