鳳凰堂のランダムウォーカー <伏見の光>

株式投資・資産運用、写真、懸賞、特別支援教育、車、映画など、興味のあるカテゴリーを選択して見てください。 

re:誰が得する?敢えて述べる、「アンチ株主優待」論

2018-08-27 19:51:49 | 株式投資・資産運用
re:誰が得する?敢えて述べる、「アンチ株主優待」論

誰が得する?敢えて述べる、「アンチ株主優待」論
https://media.rakuten-sec.net/articles/-/15992

 好きな山崎元氏の記事です。

 まあ、「株主を平等に扱わない点が、株主優待の最大の問題点」という、ご主張の趣旨はわかりますが、
株主優待は「不合理」さがあるのは承知の上で、それぞれの立場で利用できるものは利用すればいいという
のが現在の個人的な見解です。

 で、実際にそのように利用しているということになります。

 以前に書いたように、優待で損しているように見える投資家も、視点を変えれば必ずしもそうでもない
場合もあるように思います。
『株』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 日本株+54 REIT-2 | トップ | 多賀大社・河内風穴(2) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
面倒ですけどね (桃ひろ)
2018-08-27 21:23:02
優待がない方がいいというのは原則論ですで、それはわかりますが、直近のIPOのナルミヤあたりも優待を出せば、もっと買おうかなという人はいたはずです。企業にも特に自社商品を優待としているところにはメリットはあると思います。
唯、クオカ-ドとかはどうかと思いますが。

一方、優待取クロスの考え方は同感です。
クオカ-ドでもなんでも、費用対効果の原則で+が出るのならやった方がいいと思いますよ。
でも、自分で使う分はいいのですが、オ-クションに出して、回収する食事券とかは、結構自分にとっては面倒でした。
それが面倒で一時期はよくやっていた優待クロスは今殆どやっていません。尚、自分がやっていたときは制度信用で逆日歩とかにドキドキしながらだったので、一般信用だったら、確かにノ-リスク、ロ-リタ-ン。
でも、人気の高い銘柄はすぐに一般信用残もなくなるようでやっぱり面倒です(笑)。

事務作業 (伏見の光)
2018-08-27 21:38:07
優待クロスは事務作業みたいで、別に面白くはないです。まあ、カタログギフトで頼んだ食品とかが届くと、それはそれでちょっとうれしいですが。
こちら、オークションは以前からしているので、優待関係の売却も、特に面倒という感覚はありません。
しかし、これは投資のメインストリートではないんで、面白いのはやはり個別銘柄の中味についてあれこれ投資判断をしつつ売買をしていくことの方です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

株式投資・資産運用」カテゴリの最新記事