旧:鳳凰堂のランダムウォーカー <伏見の光>

2019.4.22以降、新規の主要な記事は新サイト「fusiminohikaru.net」
で書いています。 

IRセミナー4540ツムラ 暴落時の買い候補、「医薬品株」の範疇にあらず

2018-02-28 11:10:26 | 株式投資・資産運用
IRセミナー4540ツムラ 暴落時の買い候補、「医薬品株」の範疇にあらず

https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=4540.T

 さて、ツムラです。漢方薬のツムラですね。

 ここは鎌倉投信の新井さんがセミナーに同席されてコメントされてました。

 株価の動きはおとなしくPER20倍程度です。

 「医薬品株」といっても色々ありますね。

 大手の新薬開発系の企業。武田とかアステラスとかエーザイとかね。
 バイオベンチャー系の新薬開発、ジェネリック医薬品に特化した企業とか。

 それぞれ意味、収益構造などが違っていて、同列に考えることができにくい面があります。

医薬品はディフェンシブとらえられることもあると思いますが、うーん、そうでもない面の
方が大きいようにも思います。まあ、収益が景気の動向によって左右されにくい傾向がある
ということなら、それはそうかなと思いますが。

 ツムラの場合は「漢方」という独自の分野を専門にした企業ですので、いわばオンリーワン
で、質問へのコメントで新井さんも言われていましたが、新薬開発系の企業とは別物ととらえた
方がわかりやすいかと思います。

 漢方というと中国が本場のように思いますが、ツムラの場合、逆にここから現地企業と共同で
中国へ出ていこうとしています。投資の視点では海外展開がどのようになっていくのかというの
が注目点だと新井さんも言ってましたが、そうだろうと思います。

 あ、アメリカでも新薬の申請をしているのですね。ただ「漢方」なんていう薬というか文化(?)
が根付いているわけではないので、すぐに薬として認められたりするのは難しそうとか。
 ここが突破できるとブレークスルーにはなるので目指してはいきたいと言われてました。

 すぐに投資対象としては意識しづらいですが、全体の株価が大きく下落したような時の買い候補
にはなるかなという印象でした。




コメント   この記事についてブログを書く
« 6996ニチコン 1348円 100株... | トップ | IRセミナー 9432日本電信電... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

株式投資・資産運用」カテゴリの最新記事