旧:鳳凰堂のランダムウォーカー <伏見の光>

2019.4.22以降、新規の主要な記事は新サイト「fusiminohikaru.net」
で書いています。 

親父日記8/30

2013-08-30 17:13:36 | その他
 本日、年金機構から親父さんの年金証書が届きました。

 老齢基礎年金の分です。支給はこの8月からになります。

 今日、電話で確認してみてあらためてわかったのですが、支給時期を5年繰り下げて70からとして手続きしているため、これから支給される年金額は65歳から支給の場合と比較して約倍弱の額になっています。そのかわり、これまで支給されていなかった、時効にかからない5年以内の分の支給はされないという形です。

 つまりは、これから親父さんが長く頑張って生きてくれれば、その分、支給時期を繰り下げた増額された年金がずっと出ることになります。
逆に早くに亡くなってしまえば、通常の支給として、これからもらえる額の年金の半分強の額の5年分をまずまとめてもらっておいた方が受け取れる金額は大きかったということになります。

 で、前者を選択したという形です。

 ただ、この年金が入ったところで、今の病院からもっと様々なことが充実した病院や施設等へ移るには、親父の資金だけでは足りません。地理的条件、今の病院の充実度等を考えると、このまま入院を継続させてもらうことが現状ではベターな選択だと判断しています。

 昨日、小浜のお寺へ行って仏像を見て来たことをあれこれ話したりしましたが、そうすると、なぜか、発声してのリアクションが非常に多かったです。どこまで話がわかっているのかは定かではありませんが、50年以上にわたり、仏教彫刻の研究をすすめてきた立場からすれば、それと関わることについては自然と反応してしまうのかもしれません。それだけ仕事が体に染み込んでいるということかなと。

 このあたりは、厳密な評価というのはなかなかできないのですが、基本的には「都合のいいように解釈する」ということでかまわないと思っていますし、語りかけた時に反応が顕著だったのは実際、そうだったので、それでよかったなと思います。

 ところが、今日は久しぶりにちっょと発熱。酸素飽和度は高く、酸素が入っているということもなく、氷枕のみで熱も下がってきているようなので、とりあえずは大丈夫だとは思うのだけど。しかし、常に一気に症状が悪化する可能性については考えておくようにはしています。

 年金関係、とりあえず1つはこれで終了、あとは秋の支給を待つという形です。もうひとつ、私学共済の方は最終的にどうなるのかな?

コメント   この記事についてブログを書く
« 6076アメイズ 835円 100株 買 | トップ | 懸賞当選 大和証券 QUO... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事