旧:鳳凰堂のランダムウォーカー <伏見の光>

2019.4.22以降の記事は新サイト「fusiminohikaru.net」
へのリンクとなっています。 

株式評論家 木村佳子先生のお話を聞く

2019-03-13 20:41:13 | 株式投資・資産運用
株式評論家 木村佳子先生のお話を聞く

昨日は大阪で日本証券新聞社主催のIRセミナーがありました。
淀屋橋なので、京阪からは乗り換えなくいくことができ、
京阪沿線在住者としては比較的行きやすい場所です。

企業IRの方は自動車ローンのプレミアグループと
東南アジアで金融業を展開したりしているJトラストでした。

いずれももうひとつ興味はひかれませんでした。

で、最後が木村佳子先生の話。

木村先生は、多分、20年ぐらい前からは存じ上げていると思います。
女性の株式評論家としては、まあ、株式評論家という言い方はちょっと適当でない感じもしますが、
草分け的な存在です。

多分、まだインターネットが一般化する前、テキストでのパソコン通信に参加しておられて、
そこでいろいろやりとりをさせていただいたり、何かイベントの後でご一緒させていただいた機会
もあったかと思います。あと、名証のイベントの時の協賛セミナーに寄せてもらったりもしました。

このパソコン通信には、今ではFP界の大御所となられた神戸孝さんとか、多方面で活躍されている
藤沢久美さんなんかも参加されていました。

さて、株式評論家の方に多くの個人投資家が期待するのは、何かいい銘柄を教えてほしいという
ことでしょう。実際、昨日も個別銘柄の紹介がはじまると、一生懸命にメモをしだす方が多数あり。

私自身は、まあ、どんなセクターをどんな切り口で取り上げるのかということにはちょっと興味はあり
ますが、今は誰に限らずですがとりあげられる個別銘柄についてはほとんど興味はないです。

それは自分で探し見つければいいし、そうすることは楽しみなので、だれかに安易に教えてもらって
それで売買するような気は毛頭ないです。

では、何を楽しみにするかというと、どんな視点、切り口、パフォーマンスでのプレゼンテーション
をするかということ。

この日、最初はパソコンが動かず、パワポが表示されないというトラブルがありながら、
一見、それに動じる様子もなく話をスタートしたところは、さすがと思わされました。
私だったら、大動揺だったでしょう。

また、一切、口ごもったり、言いよどんだりすることなく、活舌のいい口調で、コンパクトに話し切る
というのに徹していたのもさすが。

最近、比較的近い日時で大阪に来て話されることが重なったことも意識れて、話の内容がかぶらない
ような配慮もされていた様子。

この日は切り口としては「防衛」「セキュリティ」「通信インフラ」などをあげておられました。

服装は青色でした。木村さんは、なんというか「美魔女」的雰囲気がなり、年齢不詳です。
なので、派手な赤色系とかの服も似合うと思うのですが、この青い系の服は、なにか話の説得力が増す
効果があるように思いました。

株式評論家の方は、特に実際に木村さんのように多くの方の前であれこれ話をされたりする場合は、
いい意味での「芸人」的な部分、人を楽しませる、元気にするようなパフォーマンスが求められると
思いますが、そうした資質を備えているからこそ、長くこの世界で活躍されているのだと思います。

今後のご活躍もまた期待したいと思います。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 日本株-20 REIT+-0 | トップ | 朝の近江富士 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご来場御礼 (木村佳子)
2019-03-14 11:23:15
伏見の光さま
ご来場、ありがとうございました!
いやはや、パソコンはフリーズする、のどはイガイガする、
大阪に1か月半に三回目ということで三回とも話を変えるのはなかなか苦労ですが、四季報発売直前ということもあり、取り上げた銘柄がどんなコメントを掲載されているか、比較していただくのも面白いかなと思います(^^) ちなみに大阪には王将フード全国売上ナンバーワン店があるそうで、一度行きたいと思っています。ゆうちゅうぶでも王将フードについて一考察を木村佳子の経済都市伝説で取り上げました。それというのも伏見の光さんが当時、王将フードの優待などについてコラムに書かれていたことで、社名インプットにつながりました。セミナー終了後、「落ち着いとって良かったよ!」と声をかけてもらってありがたかったです。今後ともよろしくお願いいたします
おそれ多くも (伏見の光)
2019-03-16 07:28:36
先生、御自ら、コメントをいただき恐縮です。
王将のナンバーワンは豊中店でしょうか。
地元京都が本社の企業ですが、本社近くではなお未解決の殺人事件が起きています。以前からなにかしらの不明瞭さを感じる部分もあり、個人的には投資対象からははずしましたが(優待だけは取ることあり)、お店のスタッフを見ているのは楽しいです。元気で若手の店長と、それを支える中高年のおじさんやおばちゃん、それに茶髪のお姉ちゃんが頑張って働いていたりしますので、その店舗内の人間関係を推察したりするのは面白いです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

株式投資・資産運用」カテゴリの最新記事