旧:鳳凰堂のランダムウォーカー <伏見の光>

2019.4.22以降、新規の主要な記事は新サイト「fusiminohikaru.net」
で書いています。 

4926 シーボン 現状での判断

2009-09-06 20:46:11 | 株式投資・資産運用
シーボンの公募価格は上限の1860円で決定した。
10.3の予想PERは12倍強というところ。

トレーダーズウウェブでは類似企業として以下を挙げていたが、これらと比較して、このPERには
割高感は感じられない。

4911  資生堂
4916  ノエビア
4918  アイビー
4920  日本色材
4921  ファンケル
4922  コーセー
4923  コタ
4924  Drシーラボ
4925  ハーバー研
7506  ハウスローゼ

シーボンの名前は私でも知ってはいたから、知名度はそれなりにあると思われる。

業績はよく言えば安定的、悪く言えば成長性に欠ける。

公募がなく売り出しのみというのは、イメージ的にはあまりよくない。
同日により小型でそれなりに業績上方修正が今の時点から予測されているSHO-BIの方が値上がり期待
は大きいだろう。

配当は35円/年で、対公募価格比での配当利回りは2%以下と魅力的な水準とは言い難い。
株主優待でも設定されれば、それなりに魅力度はアップするかもしれないが。
同業他社で優待が設定されているところは多いため、ここも優待が設定される可能性は高いようには思う。

ということで、結論的には、公募を取るのは現状の地合いが継続するという前提であれば悪くもないが、
「利益があればそれでよし」ということで、さして引っ張るような銘柄とも思われないというところ。

大和サイトの申し込みは9/8の午前9時まで。火曜の朝に申し込みしましょうかね。忘れたりして・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 株ブログへ

コメント

野村総合研究所 第2回無担保転換社債型新株予約権付社債(CB)

2009-09-06 20:05:22 | 株式投資・資産運用
野村総合研究所 第2回無担保転換社債型新株予約権付社債(CB)

「現金調整型株式強制転換条項」なんていう聞き慣れない言葉があります。
なんじゃこれ?。

資料によれば、つまり、H25.1-2の期間で、株式と現金という形で「償還」される場合があるということですな。

算定された平均株価と時価の株価が同等であれば、これは現金分も加えて元本は戻ってくるという形になります。
が、その後に株価が下落すればその分、損失を被る可能性もあるということになります。

資料によれば、これは丸三とかSBIでも扱いがあるようです。

まあ、上場されるということらしいですし、とりあえず、野村にちょっと聞いてみましょうか、ほとんど取引はないですが。
コメント