ふうせんのホームページ

合唱とパソコンを趣味として、つれづれなるままに、書き連ねます。

東京都モニタリング会議 さらに感染者数の減少を訴え

2021-09-25 07:08:50 | ニュース
東京都モニタリング会議 さらに感染者数の減少を訴え
24日 15時29分

 都内の新型コロナの感染状況を分析するモニタリング会議が開かれ、専門家が「重症者数はいまだ第3波のピーク時に近い水準にあり、新規感染者数をさらに減らしていく必要がある」と訴えました。

国立国際医療研究センター 大曲貴夫医師
 「新規陽性者数の7日間平均でありますが、第5波のピーク時から減少を続けております。感染の拡大が懸念される冬に備えて、感染防止対策及びワクチン接種を推進し、新規陽性者数をさらに減少させる必要があるとしております」

 東京都内の7日間平均の新規感染者数は今月22日の時点で1日あたりおよそ522人で、前の週の52%と減少を続けています。

 これについて、専門家はワクチン接種が進んだことや多くの都民や事業者が外出の自粛など感染防止策に取り組んだ結果としています。一方で入院患者数はいまだ2000人を超え、重症者数は1月の第3波のピーク時に近い水準となっていて、医療提供体制のひっ迫が続いていると指摘しています。

東京都医師会 猪口正孝 副会長
 「救急医療や予定手術等の通常医療も含めて、医療提供体制のひっ迫が継続しております。この状況下で新規陽性者数が増加に転じると重症者数が高い水準からの増加となりますので、再び危機的な状況となります」

 都が現在確保している重症者用病床の使用率は今月22日の時点で52.3%と、国の基準の「ステージ4」となっています。小池知事は、さらなる感染者の減少に向け協力を呼びかけています。

東京都 小池百合子知事
 「そして何よりも今も緊急事態宣言の期間中だということです。新規陽性者をもう一段抑え込んでいくと。そのためにここで気を緩めないで、人の流れも人と人との接触を徹底的に減らすと。それと、基本的な感染防止対策を徹底すると。一言で言うと、もうひと踏ん張りというところでありましょうか」


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 特殊詐欺の「道具屋」か 警視... | トップ | 『朽ちる散る落ちる』 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニュース」カテゴリの最新記事