ふうせんのホームページ

合唱とパソコンを趣味として、つれづれなるままに、書き連ねます。

「帰るところ、なくなっちゃった」

2018-02-16 08:53:40 | 日記

「帰るとこ、なくなっちゃった」 少女がこぼした家族の終わり

 

記事抜粋ーーーーーーーーーーー

少女がこぼした。

 「帰るところ、なくなっちゃった

 かぶったままのコートをぎゅっと握りしめた。痛みと強がりの混じった、か細い声だった。

 わが子を傷付ける親がいる。受け入れられない親がいる。育てられない親がいる。

「この親たちも同じように育てられたんやな」。

負の連鎖は必ず断ち切る。

子どもたちが失った時間を積み直す。

裏切らない大人がいると伝えたい。ここにいる間に気付いてほしい。

 「あんたは存在価値があるんやで生きてていいんやで」(敬称略、子どもは仮名)

【児童養護施設】虐待や経済的困窮、死別などが原因で、こども家庭センター(児童相談所)に一時保護された子のうち、家庭に戻れない2〜18歳(原則)が入所する施設。2017年4月時点で全国に602施設あり、兵庫県内は32施設。近年、児童虐待が増加傾向にあり、児童養護施設にいる子の約6割が虐待経験があるとされる。里親や里親ファミリーホーム、児童自立支援施設などを含め「社会的養護」と呼ばれる。


(記事・岡西篤志、土井秀人、小谷千穂:写真・三津山朋彦)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ベンツなど高級車に傘で傷つ... | トップ | サラリーマン川柳100選 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事