市川房枝記念会の未来を語る会

婦選会館利用者、維持員、女性展望購読者、ボランティア、講師、職員、女性運動家、女性ユニオン組合員で語ろう未来を!

11月15日の創立記念日

2006-11-25 | Weblog
今日、11月24日は新婦人協会の創立の日です。先日、友人と話題になったのですが、市川房枝と平塚らいてうの二人で、女性の政治活動を禁じていた治安警察法5条の改正(1922年、女性が政談集会に参加できるようになった)を請願運動によって成し遂げたことは、本当にすごいことです。女性運動は、人数の問題ではないと。

女性展望10月号にも記念会ホームページにも出ていませんでしたが、11月15日は財団の創立記念日です。毎年、維持員のつどいが開かれていて、今年は婦選会館のはす向かいにあるカタログハウスで行われると聞き、出席者の方々にルネッサンスのニュースやビラを手渡しに行きました。

理事長や元理事長などが、続々と中へ入っていく中で、なぜか、常務理事はHさん(元パートタイマー職員。今はボランティアなのか、有償なのか不明)とともに、カタログハウスの裏に回って中へ入られました。なぜ、表玄関から入らなかったのでしょう。

やがて、Mさんという元パートタイマー職員で評議員の方が来られました。
私「Mさん、ボランティアをされることは本当ですか」
M「ええ、だって、人手が足りなくて大変だから」
私「私たちを解雇したことをご存知の上でボランティアをなさるのですか」
M「受講生も減っていたのだから、わかっていたと思いますよ」

この他にも、お話できた方の中に、「お金がないのだから仕方がない」というご意見がありました。でも、土地建物は自前で、無借金で預金も1億円位あるのです。そのうちにお金がなくなるから、というアバウトなことで人をクビにできるのでしょうか。おかしいですね。どんどん事業を減らしていけば、収入が減るのは当たり前です。新規事業に着手しなかった責任は職員にではなく、理事会にあるのです。

それでも、中には記念会は就職の世話をしてくれないのですか、と聞いてくださった方や、カンパを下さった方もありました。本当に理事会には目を覚ましてもらいたいです。会館を貸室貸事務所にするということはどういうことなのかを。

その数日後、40年以上も会館に通っている方から電話がありました。其の方は維持員なのに、維持員のつどいのお知らせがなく、前日に他の方からつどいの開催を聞いて出席したということでした。そして「なぜ、記念会は私達を打ち捨てたのでしょう」と憤懣やるかたない様子で、とうとう維持員をやめることを記念会に伝えたというお話でした。本当に会館を深く愛しておられたのに、裏切られたお気持ちのようでした。

くみあいニュースWEB担当

市川房枝ルネッサンスのつどい 第1回

2006-11-23 | Weblog

 11月10日、憲政記念館の「女性参政60年特別展」を見て語るつどいを行いました。急な呼びかけだったので、参加者は5名でしたが、見学のあと、レストランでお昼を食べながら、いろいろとおしゃべりをしました。

 特に、10月末で退職勧奨を受けていた組合員 Hさんが、記念会から出た資料の担当者であったということから、憲政記念館の方々が、次々に挨拶に来られました。Hさんは「このほど、退職いたしました」と挨拶していましたが、本当に辛く悲しい光景でした。

 出版部は「女性展望」などを11月以降、外部委託するらしいのですが、以前、常勤やパートとして有償で働いていた方々が、職員が2名になってしまった後、今度は完全なボランティアとして仮事務所にいらして仕事をなさっているようです。それは、善意であっても、現役世代の働く場所をなくしてしまう行為です。もちろん元職員の方々ではなく記念会に責任があるわけで、有給の職員を退職させたり解雇して、元職員の無償労働に置き換えるというやり方は、財団寄付行為の目的に反しているという点で、問題といわざるを得ません。

 以前、記念会で何度か講演をお願いした、スウエーデン(比較政治学)の研究者 岡澤憲芙氏が、スウエーデンでサービス残業がないのは、それは他の労働者の足を引っ張ることになると皆が理解しているからだとおっしゃっていました。日本の労働者もそんな簡単なことはすぐに理解できるはず。なのに、なぜ、サービス残業やタダ働きをやめられないのでしょう。

 気分を変えて、この日、メモしてきた新婦人協会の宣言文(大正9年、1920年、3月28日、平塚らいてう、市川房枝、奥むめを)をご紹介しましょう。

1.婦人の能力を自由に発達せしめるため、男女の機会均等を主張すること

1.男女の価値同等観の上に立ちて、其の差別を認め協力を主張すること

1.家庭の社会的意義を開明すること

1.婦人、母、子供の権利を擁護し、彼等の利益の推進を計ると共に、之に反する一切を排除すること

 婦選獲得同盟の運動の目的(下記4点)と比べてみると、興味深いものです。

(1)婦人・子供に不利な法律・制度の改廃

(2)政治と台所の直結

(3)選挙の革正と政治の浄化

(4)国際平和

  さて、参加者の中に、参画センターで学んで当選した地方議員の方がいらして、記念会の政治参画センターの話になりました。どうして、統一地方選挙を目前にして、来年度から中止するのか、という謎です。12年間で、政治参画センターで学んだ受講生は、述べ900人です。今も地方議会で悪戦苦闘している女性議員の拠り所であるわけですが、どうして、事業の継続をあきらめてしまうのか。5人で話すにつけ、疑問は深まるばかりだったのです。

                                  くみあいニュースWEB担当

 

 


女性参政60年

2006-11-08 | Weblog

 今年は日本の女性がはじめて参政権を行使して60年に当たります。そんな記念すべき大事な年に、なぜ市川房枝記念会は婦選会館を閉じてしまったのでしょうか。

 憲政記念館では、今「女性参政60年特別展」が開かれています。この連休中に行って見たところ、記念会からも資料がいろいろと出ていました。女性参政60年の中心人物は市川房枝であり、その人が遺した財団が今、瀕死の状態にあることを知っている人は、この特別展を見てどうお感じになるでしょうか。

 新婦人協会の宣言文(1920年、市川、平塚、奥)の第1項には、「婦人の能力を自由に発達せしめるため、男女の機会均等を主張すること」とあります。90年近く昔のものとは思えない新しさがあります。

 また、「婦選なくして真の普選なし」のビラには心を奪われました。右肩に「三千萬の女性は叫ぶ」とあり、左側に3行の文句「我らに参政権を与えよ! 我らに公民権を与えよ! 我らに結社の自由を与えよ!」。時空を越えて、声が聞こえるように感じました。言葉に力があるので、市川房枝がつくったビラではないかと思うのです。

他にも、当時の大平首相に女性閣僚を入れるように一筆書いたもの(なぐり書きに近い)や、高橋展子さんに宛てた手紙などもありました。

11月17日までの開催です。市川房枝ルネッサンスでは、11月10日の11時から見学し、ランチを食べながら語り合います。

くみあいニュースWEB担当