市川房枝記念会の未来を語る会

婦選会館利用者、維持員、女性展望購読者、ボランティア、講師、職員、女性運動家、女性ユニオン組合員で語ろう未来を!

国際婦人年連絡会への要望書

2006-08-29 | Weblog
本日は、参議院会館で行われた国際婦人年連絡会のセミナーに要請行動を行いました。うれしいことには全員の方がビラを受け取って読んでくださいました。中には「女性運動の拠点施設でこのようなことがあってはならない」とはっきり言われた方もありました。婦人年は日本の女性NGOを束ねる組織です。超党派で連帯することを呼びかけたのは市川房枝氏であり、現在、事務局長をつとめるのは記念会の常務理事 山口みつ子氏です。ぜひとも、記念会に再考を促すように要請してほしいものです。

2006年8月28日
国際婦人年連絡会
代表世話人  御中
女性ユニオン東京
執行委員長 望月すみ江


(財)市川房枝記念会職員の解雇問題についての要望書


日頃から、女性の地位向上と女性差別の撤廃のために活動されている貴連絡会に敬意を表します。
さて、すでにご承知の通り、財団法人市川房枝記念会理事会は、婦選会館の耐震診断結果を理由に会館を7月1日より使用禁止とし、年度半ばにして政治教育の講座と国際交流の英語教室を廃止しました。さらに、職員8名中6名(内4名は8月10日付、2名は10月末付)の退職勧奨を行い、それからわずか1ヵ月後の8月10日、退職勧奨に応じなかった職員2名(女性ユニオン東京組合員)を即日解雇しました。
財団法人市川房枝記念会職員の4名(1名は2000年に退職)は、1998年に女性ユニオン東京に加入し、労働基準法を下回っていた労働条件の改善のために、記念会と交渉を積み重ねてきました。
2003年4月には、賃金引上げ要求に対し、回答を行わず団体交渉を一度も開かずに、従来の昇給ルール(昇給2%)を一方的に破棄した賃金を支給したことにより、組合は東京都労働委員会に不当労働行為救済申立を行いました。その結果、東京都労働委員会は救済命令を出し、記念会はこれを不服として中央労働委員会へ申立を行いました。
この問題は、昨年の9月27日に中央労働委員会の和解勧告を受け、和解成立いたしました。その和解勧告第1項に「財団は賃金等の労働条件を変更するときは、組合と誠実に交渉する」が入りました。
しかしながら、記念会は事業の縮小と職員に対する退職勧奨について、組合とまったく協議することなく決定し、組合が「8月10日の期日を棚上げして協議してほしい」という要求にも一切応じることなく、理事会が決定したとおりに解雇を強行しました。
このような記念会の一連の行為は、女性の労働基本権を侵害するものであり、国際婦人年連絡会を呼びかけた市川房枝氏の遺志に背くものです。
つきましては、貴連絡会におきまして、全体会でこの問題を議題として取り上げていただき、婦選会館の閉鎖、事業縮小、職員の解雇について、記念会が再考し撤回するよう要請してください。
上記の件、どうぞよろしくお願い申し上げます。

                      くみあいニュースWEB担当



男女共同参画のための研究と実践の交流推進フォーラム

2006-08-27 | Weblog
 今日は朝5時半起きで、ヌエックの旧ジェンダーフォーラムに日帰り参加しました。正式名称は表記のタイトルです。目的は、「男女共同参画社会の形成をめざし、女性のエンパワーメントと女性の人権の確立に資する活動を支えるため、これらの実践を踏まえた研究成果や専門性の高い情報の提供・交換を行うとともに国内外のネットワークづくりをすすめる」ということです。
 金曜日の午後から始まっているのですが、どういうわけか、女性労働をテーマとしたワークショップがすべて日曜日の午前中の枠に重なっていました。したがって、同じテーマのワークショップを回ることができませんでした。どうしてこうなったのか、機会があったら主催者に聞いてみようと思います。それでも、全国から男女平等について取り組んでいるグループや研究者が一同に会する機会は大変貴重です。ぜひとも灯を消さないで、続けてほしいです。
私は世界女性会議をヌエックでやることを夢見ております。今からでも実現できないのでしょうか。以前から記念会がNGOの窓口になればいいと考えていました。日本で行うことは、大変に意味があると思うからです。北京会議のワークショップで、パレスチナ女性とイスラエル女性のワークショップに参加したたとき、鉛筆も落とせないほど女性たちは真剣に議論に集中していました。ジェンダーフォーラムもそうですが、集まって語り会うことから平和と民主主義は築かれるのです。
 女性ユニオンのワークショップは20名ほどの参加でした。日頃から積み重ねている参加型ワークショップのやり方で、アイスブレイク、他人紹介、おいそが一座人形劇(人形を忘れてしまって、ダンボールを利用)を行い、派遣労働者の模擬団体交渉、あなたの職場の中の正規・非正規労働者間の差別をあげてみる、という盛りだくさんの内容でした。私たちの身近に、この問題が鋭く現れていることを改めて認識しました。
 グループ討論で思い出したことは、記念会で出版部の常勤職員が1名辞めたあと、常勤職員が補充されず、実質的にボランティアに置き換わってしまったことです。今回、私たちに解雇が言い渡された後も、記念会のボランティアの方は通常とおり、女性展望の発送や校正作業をされています。そして、最近の団体交渉で常務理事は、政治教育と国際交流の講座以外のことについては、ボランティアが担うと発言内容を変えています。女性の地位向上をめざす記念会が、長年勤めた常勤職員をボランティアに置き換えるようでは、一般企業が正社員を非正規雇用労働者に置き換えることについて、女性たちは異義申し立てできなくなります。
 さて、参加者の中に記念会の維持員の方が2名いらっしゃいました。そのうちの一人の方は、「展望を読んで、職員のみなさんは納得して辞められたのかな、と思い、直接話しを聞きたいと思って参加しました」。「とても胸が痛みます」と別の維持員の方から声をかけられました。シカゴから帰国されたばかりのともみさんとも初めて会いました。この間のみなさまからの応援には本当に感謝でいっぱいです。ワーキングウイメンズネットワークの正路さんからいろいろな助言をいただき、有期雇用ネットワーク、国際婦人年連絡会の方や、全国フェミニスト議員連盟の方、記念会の政治参画センターの受講生など、たくさんの方から励ましの声をかけられました。本当にありがとうございます。女性の力を結集して婦選会館を再生させたいものです。

                   くみあいニュースWEB担当


明日はヌエック

2006-08-26 | Weblog
明日は、ヌエック旧ジェンダーフォーラムです(ジェンダーの言葉がタイトルから消えたようですが、正式名称は覚えられません!)。午前10時~12時の枠で、女性ユニオン東京のワークショップ「何かへん どこかへん 徹底検証あなたの職場」(正社員と非正規雇用労働者の待遇格差の問題)を行います(研修室207)。ぜひご参加ください。婦選会館のことも訴えます。お会いできることを楽しみにしています。

                         くみあいニュースWEB担当


婦選会館を本来の姿に!署名活動 報告

2006-08-25 | Weblog
 元職員3名を世話人とした表記署名活動は、皆様の支持、協力により、大きく広がってきました。8月10日に第1回署名を、本尾理事長に届け、そのなりゆきを見守っていましたが音沙汰がなかったために、8月22日付で理事、監事、評議員に下記文書を郵送しましたので報告します。署名活動は続いています。更なる力をお貸しください。
                                    近藤千浪 

  

                                2006年8月22日
財団法人 市川房枝記念会
理事・監事・評議員の皆々様

前略御免ください。

 婦選会館の“耐震診断”に伴う貴会の対応方針の見直しを求めて、私どもは別紙「婦選会館を本来の姿に!」のとおり、ひろく署名活動をしてまいりました。

 今月10日、本尾良理事長にお目にかかり、当日までに集った112名の署名を届けました。その際、理事長には、私どもの気持ちをくみとり、理事会・評議員会で再考を願いたいと申し上げ、理事長からは、検討するとお答えを頂戴しました。その僅か3時間ほどの後ちに、8月10日までの退職勧奨4名の内、勧奨に応じなかった2名をひとりずつ呼び出し、山口みつ子常務理事から、本尾理事長名の解雇通告がなされたとの事です。即日のクビ切りです。問答無用、あまりにも非情で強権的なやり方に、私どもは驚き呆れ、怒りを禁じえません。
 
 この知らせを聞いた署名者の中から、まさかあの市川記念会が……と絶句される方、女性運動と学習の拠点としての記念会に多くを期待していただけに不信感がつのり残念でならないとおっしゃる方、講座を受講されていた方々からは婦選会館に通う生活のハリを失ってしまったと訴える方等々、お手紙、FAX、電話などを頂戴しています。

長く講座を受講していた方からのお手紙では、婦選会館の耐震補強・改修工事が必要ならひろく寄付をつのるようにと、面識のあるある理事に申し上げたところ、「金はあるので募金の必要はない」と答えられたとのこと。私どもが理事長にお目にかかった際には、理事長は「今寄付を求めて、金は集りますか?」と問い返されました。8月11日付毎日新聞の記事では「理事会は補強改修を行いたいとしているが、資金のめどは立っていない」とあり、さらに「山口みつ子常務理事は『市川先生は女性の地位向上のために会館を継続しなさいといっていました。先生の遺志を途絶えさせるわけにはいかない』と話し、募金などを呼びかけている」と結んでいます。いったいどこに真実があるのでしょうか。

 市川先生の御遺志を途絶えさせないためには、女性の地位向上のための政治教育事業等の学習活動の継続と、そのための職員の就労が必要です。婦選会館の“耐震診断”の妥当性を検証するために、その公開も必要です。“耐震診断”に端を発した一連の処置に不透明さが残るのは、公開がなされていないためではありませんか。

 全国の心ある方々からの署名は、本尾理事長にお目にかかった後も日に日に増え続けています。近日中に改めて署名簿の追加をお届けいたします。

早々

婦選会館を本来の姿に! 署名活動連絡網
                    
                     世話人 菊池靖子、近藤千浪、菊地まき子
                                                             

アイ女性会議 女の新聞・椎野和枝さんの記事

2006-08-24 | Weblog
アイ女性会議の女の新聞(8月25日付)に、椎野和枝さんの記事「婦選会館を本来の姿に!」と題する記事が掲載されました。冒頭に、私たちが苦痛にあえぎながらつくった「婦選会館を愛するすべての人々へ緊急アピール」が目にとまったと書かれています。そして、ご自身と婦選会館とのかかわりと、椎野さんのお考えが述べられています。
「今回、理事・評議員会が決定した事業縮小案は、女性の社会活動の拠点、あるいは学習の場所としての会館を使用中止にし、政治教育部や国際部の事業も廃止、『女性展望』を外部委託するというもので、このことは市川先生の意に背くものであると思う。会館が耐震に問題があるなら、診断の情報公開と改修工事計画を示すのが当然であろう。記念会の事業を推進し努力してきた職員の解雇ではなく、その力を活かし女性の未来に希望をもって働けるような環境を、もっと広く知恵を集めてめざしてほしい。」
 椎野和枝さんにはお目にかかったことがないのですが、会館で働く者の心を受け止めていただいて、ほんとに傷ついた心が癒されます。今回の決定を下した理事たちの幾人が、私たち職員の力が活かされている職場であるか否か、という視点をもっていたでしょうか。事業の結果責任を何の権限も裁量も与えられてこなかった職員に負わせることが、どれほど職員を傷つけるのか想像できるでしょうか。職員を信頼し担当職員の責任において仕事をさせて人材を育てようという意識があったなら、今回のような事態には陥らなかったと思います。まったく残念です。
 記念会が財団の事業内容を突如として変更し、会館側の都合で生活に困ると訴える職員を解雇してしまったことは紛れもない事実です。しかも、常務理事は、組合員をよびつけて、「財団としてはずるずと引き伸ばすわけにはいかない」という言葉をそえて、解雇を通告しています。
 「一財団の問題としてではなく、広く女性のために民主的な運営で本来の姿に戻していただきたい」という椎野さんの願いは私たちが最も求めていることです。あきらめないで、婦選会館に正義が戻る日をめざしていきます。

                            くみあいニュースWEB担当
 



就労の意思表示

2006-08-18 | Weblog
 今日は記念会の夏休み(14日~16日)が開ける日です。ユニオンメンバーとともに、就労の意思表示のため、朝9時に仮事務所にでかけました。前回同様、はじめは鍵がかかっていましたが、しばらくして、ドアチェーンの状態で常務理事が顔をのぞかせました。

M「ここを開けてください。給料計算がありますし、残務処理も終わっていません。仕事が残っています」
常務理事「10日にお話した通り、解雇通知を出していますので、こちらでやります。」
M「引継ぎも何もしていません」
常務理事「10日までに終わっているはずです」
M「私物がありますので、中に入れてください」
常務理事「私物はこちらで持っていきます」
ユニオン「私物にはさわらないで下さい」

このやりとりの途中に、財団の監事の方が登場し、仮事務所の中に入られました。あらかじめ、応援を頼んでいたのでしょうか。そして、間もなく管理組合の方も来られました。
 そして、1階のミーティングルームに移動し、常務理事と事務局長が下りてきて、10分程度話し合いをしました。

ユニオン 不当労働行為ですよ。
常務理事 仕事に来たことは分かるが、事務所には入れない。けじめをつけないと。
ユニオン 10日に就労の意思表示の内容証明・配達証明を出したが、未だに受け取っていないのではないか。葉書が来ない。
常務理事 休み中、ポストを見てなかった。
ユニオン あまりにもひどい対応だ。
常務理事 法律的にきちんとやっている。

 私たちの行動は、就労の意思を明確に伝えるための行動であり、憲法28条によって保障されている団体行動権(争議権)を行使しているものです。
 それにしても、財団がなくなるわけではない、と言いながら、仕事がある会計担当の組合員をクビにするのはなぜでしょうか。大きな疑問です。

 今日は、アジア女性資料センターが記念会に抗議文を出してくださいました。女性団体が、記念会に対して、解雇を撤回するように意見を言っていただくことは、たいへんうれしいことです。本当に女性運動の質を高めていかなければ、末端で苦労を強いられる女性たちは、女性のリーダーを将来にわたって信頼できなくなります。女性の労働力を女性が軽視したり使い捨てにしてはいけない。女性の人権を女性が軽視したり踏みにじってはいけない。創設者の市川房枝は、自分の地位が、自分だけの力で成し遂げたのではない、皆の力の結集であることを自覚していたからこそ、尊敬を集めていたのではないですか。だからこそ、つましい生活に耐えていたのだと思います。このような形で、労働基本権を行使する職員を職場から排除する記念会は、一般企業の平均的水準より、ずっと低いレベルの人権感覚と言わざるをえないのです。

                     くみあいニュースWEB担当
  

8月13日読売新聞記事

2006-08-16 | Weblog
 読売新聞8月13日付朝刊に「『市川房枝記念会 曲がり角』『婦選会館』老朽化で閉鎖 講座中止を惜しむ声も」の記事が出ていました。「事実上の活動中断を惜しむ声があがっている」と前置きがあり、この間の経緯を紹介しています。また、本尾良理事長の話として「できれば全面改修したいが財政が非常に苦しく、会館を新築し事業を再開するにはかなり時間がかかる。まずは人命を優先し会館を閉じた」。続いて樋口恵子さんのコメント「婦選会館の講座は質が高く、各地の女性が頼りにしてきた女性運動の拠点だった。小さいけれど政治的に中立の立場で、女性の地位向上に努めてきた功績は大きい。これまで育ててきた若い世代を運営に取り込み、事業を引き継いで、ぜひ再建してもらいたい」で結んでいます。
 経緯は正確で講座を惜しむ声があることに触れているし、樋口さんのコメントはうれしく思いますが、職員の解雇のことには一行も触れていません。会館の閉鎖、事業の中止、職員の解雇は、どれを落とすわけにもいかない今の記念会の現実です。働く者の声に耳を傾け、1行でも2行でも弱い者の声をひろって紙面に反映させるべきです。その努力を怠ったら、女性労働者の過半数が非正規雇用労働者になってしまった現在、使用者による労働者(特に女性)の安易な使い捨ては一層拡大してしまいます。
 今回、リストラ対象となっている記念会職員6名はすべて40代~50代であり、就職のときに、「パートナーはいるのか」と聞かれて採用されています。つまり、連れ合いがいるなら、記念会の都合でクビにしても受け入れられるだろうという意識が見え隠れしています。女性の地位向上を目的に掲げる財団で、何ゆえ、突然の女性労働者6名の雇用中断に陥ってしまったのか、そこまで踏み込んだ記事を期待したいです。

                     くみあいニュースWEB担当

月刊『女性展望』8月号

2006-08-16 | Weblog
 8月10日発行の月刊『女性展望』に「婦選会館の一時使用禁止と今後について」と題する理事長名の文章が掲載されています。ぜひお目通しください。10日という、即日解雇の日に発行された記念すべき号の最後のページです。
 記念会はいまだに維持員、受講生などの関係者に7月2日の理事会決定について知らせていません。今月号の『女性展望』ではじめて、何を決定し実行したのかを読者に説明したのです。しかし、これを読んでも、一方的な理事会決定の経緯が書かれているだけで「何のことかわからない」という意見が私たちのもとにも寄せられています。
 「市川記念会は、創設者市川房枝先生の志を継いで事業活動を行う財団法人であり、市川先生の足跡と功績を広め、先生が追求された社会の実現を目指して活動するものであることはいささかもゆるぎない」「事業の特化により、財団運営に必要な職員は2名とする」「2期以降は自主学習の方向で勧められることになりました。政治講座関係も、講師と受講生で話し合い、自主講座になりました」「今回の耐震診断結果を事実として公表し、その上で暫時閉館、一部事業の中止、職員への退職のお願いという一連の措置は財団にとって苦渋の選択でした。市川先生がご苦労を重ねて創立された財団は存続し、今後再建に向けてまい進してまいります」
 こんなに重大なことを、職員、受講生、維持員、会館関係者に一切相談しないで決定し意見も聞かないで実行に移し、決定事項として『女性展望』にも掲載してしまってよいのですか。『女性展望』は記念会理事会の広報誌ではないはずです。いったい、何を考えていらっしゃるのかと理事の一人一人に聞いてみたいです。創刊52年になる『女性展望』を外部委託するなんて。

                    くみあいニュースWEB担当    

 
 
 
 

8月11日付毎日新聞の記事

2006-08-14 | Weblog
 8月11日付毎日新聞に「市川房枝・婦選会館 女性運動の核 存亡の危機」「耐震性に難、補修費なく」という記事が掲載されました。10日5時半からの会館前集会に取材に来られた小川節子さんの記事です。写真はそのときのものですが、若干、内容を補足しておきたいと思います。一つは、見出しの「耐震性に難、補修費なく」の部分ですが、前にも書きましたように、婦選会館整備改修積立金は6750万円あります。ですから、補修費がないという見出しは誤りです。耐震診断を行った技術士の提案「14箇所の補強」にいくらかかるか、記念会は「見積もりをとっていない」と言っています。耐震補強工事の他に、建物の改修、設備のリニューアルを一度にやりたいというのが理事会の考えで、設計などに時間がかかるというのです。
 従って、記事にあるように記念会が「募金などを呼びかけている」という事実はありません。8月10日発行の「女性展望」20頁にある「婦選会館の一時使用禁止と今後について」にも募金の呼びかけはありませんし、記念会のHPにもありません。もちろん、私たちは、記念会が具体的計画にそって、募金の呼びかけが一日も早く行われ、本来の3つの事業(女性の政治教育、国際交流、女性問題調査出版)が継続・発展することを心から望んでします。しかし、現時点で理事会が考えているのは、本当に悲しいことですが、創設者の遺志である女性の政治教育のための講座や国際部の英語教室をすべてやめて、新しい貸し室・貸事務所をつくることなのです。募金の呼びかけができない理由はそこにあります。
 新聞記事は山口みつ子常務理事の言葉「市川先生は『女性の地位向上のために会館を継続しなさい』と言っていました。先生の遺志を途絶えさせるわけにはいかない」で結ばれています。女性の政治教育の殿堂として、創設者が苦労して同士たちとともに建てた会館を貸事務所にすることこそ、「先生の遺志を途絶えさせる」ことにならないでしょうか。


                     くみあいニュースWEB担当

ドアチェーンの隙間から

2006-08-11 | Weblog
 昨日の突然の解雇から一夜明けて、ユニオンのメンバーと通常通りに出勤しました。誰か来ているかなとドアを開けようとすると鍵がかかっていました。そこで、しばらく待つことにすると、思いがけなく中から鍵がガチャっと開いて・・・ドアチェーンの隙間から、なんと常務理事のお顔の一部が覗いていました。
「開けてください。」
「昨日、解雇通知書を渡したとおり、あなたの仕事はありません。」
「山口さん、Oさんにやっていただきたい仕事はたくさんあるんですよ。ここを開 けてください。中で話をしたいだけなんですから」
「開けてください。中でお話しましょう。」
 ドア越しの押し問答をしていると、向こうから鈴木弁護士がやってきました。何と準備がよいことか!その後、常務理事が連絡したらしいビルの管理組合の方も来られました。管理組合の方は「常務理事に直接会って申し入れ書を手渡したいだけ」という私たちの希望を弁護士にとりなしてくださった。こうして、私たちは昨日まで就労していた仮事務所に入ることを拒否され、1階のミーティングルームで常務理事、弁護士との対面となりました。
 私たちは用意した抗議文を読み上げました。「団体交渉協議中の一方的解雇に厳重に抗議する。2名の組合員は就労の意志を表明したにもかかわらず、解雇予告さえなく突然一方的に行われた。解雇通知書には当該条項に該当するにいたった具体的な事実関係が示されていない」。
 この2日間で「あなたに仕事はありません」という常務理事のお言葉を何度も耳にしましたが、やはり、ちょっとおかしい。財団の責任ある立場の人間ならば、事業を続ける責任、そして職員の雇用を守る責任があるのではないでしょうか。モラル崩壊が記念会理事会に一気に来てしまったようです。

                         くみあいニュースWEB担当