市川房枝記念会の未来を語る会

婦選会館利用者、維持員、女性展望購読者、ボランティア、講師、職員、女性運動家、女性ユニオン組合員で語ろう未来を!

9月28日 弁論準備報告

2007-09-30 | Weblog

  928日(金)午前9時半より、みなさまのご協力を得て地裁前ビラまきを行いました。10時から地裁13階民事11部で行われた弁論準備の内容は下記のとおりです。

1.原告、被告は各々、証人の陳述書を提出

 この日、原告側、被告側の証人の陳述書を各々提出しました。原告側には原告2名の陳述書のほか、元職員(組合員)の陳述書も含まれ、添付資料をあわせて、相当分厚い書証の提出になりました。

 また、被告、財団の証人、山口常務理事の陳述書も提出され、裁判は証人尋問に向けて大詰めの段階を迎えました。

2.10月末までに、証人尋問に必要な書証を双方が提出 

 証人尋問に必要な書証は、原告被告ともども、10月末までに出すことになりました。財団側が、二つの意見書に対する反論を行うのかどうか、定かではありませんが注目されるところです。

証人尋問は、1119日(月)午後1時~5時、東京地裁 710号法廷 

 証人尋問の日程が再確認されました。当初予定通り、1119日(月)午後1時~5時です。主尋問と反対尋問をこの日1日で行います。ぜひ、傍聴にいらしてください。50席ある傍聴席をいっぱいにして、真実を明らかにしていきたいと思います。

 明日から10月。10月3日には提訴1年を迎えます。原告両名はおかげさまで元気にたたかっております。これからもどうぞよろしくお願いします。

              市川房枝ルネッサンス事務局


最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。