ベランダで暮らした猫

野良猫だったフサちゃんがベランダで暮らすことになりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

子猫が欲しい~でも・・

2011-11-16 09:21:47 | ひとりごと
先夜、映画「グーグーだって猫である」をテレビで観ました。

そして・・ますます子猫が欲しくなりました。

天才漫画家の麻子は長年連れ添った愛猫を亡くし漫画が書けなくなってしまう。
ある日、麻子はペットショップでアメリカンショートヘアーの子猫と出会い、その猫を連れ帰り、グーグーと名づける。
これをきっかけに状況が好転するという展開。


花音が我が家に来た時からフサちゃんと花音を仲良くさせたかったけど
中々思うようにいかず・・結果失敗に終わってしまいました
花音のためにも妹猫ちゃんがいたら楽しいな~て思ってたんだけど家猫と外猫のお世話は想像以上に手がかかり、3ニャンは無理だと諦めました。

フサちゃんを失った悲しみは大きくて、何かにつけてフサちゃんと結びつけて考えてしまってウルウルしてしまうのだけれど
今、無性に子猫が欲しくなってしまって・・

できれば里親を探している子猫を~と思っているので募集のサイトを見ましたが条件が・・
ちゃんと育てて可愛がる自信はありますが引っかかるのが年齢制限

確かに猫ちゃんの寿命が伸びて飼い主の方が先に逝っちゃうなんてことになったらお互いに不幸だと思うので仕方ないことなんだけど・・
ある掲載者の「高齢者家族はお断り」の優しさのない言葉は突き放されたようで悲しい
そんな人が猫ちゃんに優しくできるのかしら~なんて思ってしまうのは私の僻み?

ますます高齢化が進み・・
行き場のない猫ババ(ジジ)だらけになっちゃうよ~

不謹慎だけど
だれかウチの庭に可愛い子猫捨ててくれないかしら~なんて思ってしまう今日この頃です。


~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~

*フサちゃんの思い出写真*



3/11の大地震の後、まだまだ寒い日が続いていましたがフサちゃんも節電に協力しましたよ^^
ペットボトルにお湯を入れて湯たんぽにしていました。
毛糸で編んだボトルケースに入れて・・ぬくぬくよ



にほんブログ村 猫ブログへ

猫ちゃんは、何が幸せかブログトーナメント - 猫ブログ村
猫ちゃんは、何が幸せかブログトーナメント
『猫』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 49日。 | トップ | 書籍化サービスでブログを本... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (にゃんこの母ちゃん)
2011-11-16 21:09:00
私も今年にチビにゃんをむかえたけど、
里親募集の団体には一度断られまして…
外に出ているにゃんこがいるっつーことで。
そりゃそうだよねぇ。
でも新しくきたにゃん子は完全室内飼いって言っても
今のにゃん子を完全室内飼いにしてからじゃないとって…

諦めてたんだけど、ブロ友さんが猫を保護して
私にだったら是非にと何の条件も出さずに言ってくれた。
不思議なんだけど、その後は猫を引き取ってほしいっていうのが
たびたびあった。
私だったら、仔猫を保護したら、是非お願いしたいよ!
だってこんなにフサちゃんを愛してくれた飼い主さんだもん、
なんも心配ないもんね。
そういえば、動物病院でも可愛いにゃん子の里親募集の張り紙貼ってた。
縁だからね、そのうちきっとあるよ!

Unknown (ゆきじー)
2011-11-16 23:37:22
初めまして、こんにちわ。
今までこっそりと、ふさちゃんの記事読ませて頂いてました。まず、ふさちゃんのご冥福をお祈りします。ふさちゃん優しい方にいっぱい可愛がって貰えて幸せだったと思います。
でも難しいですよね~。里親募集に年齢制限があるなんて初めて知りましたけど、理由も分る気がするし...でも、そこでシャットアウトってのも何か違う気もするし。変な話、人間だって高齢化が進んでるのだから、分らないですよ。私も少し悲しいですね..こういう制限は。
「猫と暮らしたい」とか「このこを救いたい」とか、そう思う事の方が大事な気がするんですけど。そういうのに年齢関係無いですからね。
私は、にゃんこの母ちゃんサンみたいな人に権利が無いとして、どんな人にあるの???って疑問に思いますよ。だって絶対に幸せになると思いますもの。そんな制限されて無い方もいると思いますので..きっと良いご縁がありますよ。
Unknown (ゆきじー)
2011-11-16 23:38:52
↑ごめんなさい名前間違えました。
失礼いたしました。
にゃん子の母ちゃんさま (yume)
2011-11-17 17:31:35
いろいろな困難を乗り越えてプリンちゃんは
やってきたのね。
猫を育てるのは簡単なことではないことは花音で良くわかってるつもりだけど、条件が合わなければ飼いたくても飼えないんですね~
たくさんの子猫がいるのに指をくわえて見てるだけ~寂しいね~
そのうち・・を期待したいけど、どんどん歳とっちゃうよ~笑
ゆきじーさま (yume)
2011-11-17 17:42:02
はじめまして。
コメントありがとうございます^^
そして今まで読んでくださってありがとう~

花音を飼う時も考えたんだけどギリギリセーフかな~って・・
わかってはいるんだけど、突き放したような表現にカチンときてしまいました。

せっかく可愛い猫ちゃんたちがいるのに条件が合わなくて行き場のない子ばかりになっちゃいそう・・
だって、一人暮らしはダメ、小さい子がいたらダメ、留守がちの家はダメ~
お役に立てれば・・と思っても難しいものですね。
名前のこと、了解です^^
そうですか・・ (りりー)
2011-12-18 10:14:43
トーナメント記事からフサちゃんの思い出を拝見いたしました。

不憫なお話で 胸が痛くなります。

このトーナメントを 立ち上げたのは私で
リリーと申します。

私の宅にも トラミという15年のおばさん猫がいますが トラミの兄弟姉妹今なお健在です。
この仔たちも 私の近くではなく 遠くの方で
どこかの倉庫の裏の雑草の中で 親猫が5頭育てていたのを 私が全部引き取って それから 
里親さんを探しました。

動物に関しては 皆さん無償の愛情を
お持ちですから それが 記事の端はしで
拝見できて 何とも何とも。。

参加記事を応援させて下さい。ぽち!


リリーさま (yume)
2011-12-19 08:46:16
コメントありがとうございます^^
そうでしたか・・りりーさんが作られたのですね。
猫に・・というかフサちゃんにとって何が幸せなのか常に考えながら過ごしてきたので、このブログ丸ごとエントリーしたかったくらいです(笑)
良いテーマのトーナメントありがとうございました^^
応援、ありがとうございます~
これからもよろしくお願いします^^

コメントを投稿

ひとりごと」カテゴリの最新記事