goo

仕事の一覧

仕事の一覧、わかりやすく
TISのホームページにまとめてあります

古谷充子 |【東京イラストレーターズ・ソサエティ(TIS)】Tokyo Illustrators Society

第一線で活躍する東京イラストレーターズ・ソサエティ(TIS)会員の古谷充子のページです。プロフィールや仕事、ニュースをご覧いただけます。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2021年3月



という漫画を描いてしまうほど、雨の日以外一日も欠かさず、ほぼ上↑の漫画のような散歩をしている。
3月も後半になると、一気に暖かくなって季節のチャンネルがガチャっとかわり、なんと半袖で散歩をする日もしばしば。
ウインドブレイカーはかばんに詰めて、後半は着て帰ったりしている。
散歩用に山でつかえるような帽子(キャップ)と薄手のウインドブレイカーを買った。

桜も23日あたりには満開になり、もう今日の31日は最後も最後になっている。
しかしよくないのが散歩でなんかやったような気分になること。
なにもしてない。ただ和んだだけだ。
神社でおみくじをひいたら
玉も磨かざればただの石なり、と出た。
努力を怠っているのを見破られたようでドキリとした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

久しぶりにライブハウスにライブを見に行った。
MONO NO AWAREというバンド。
かれこれ3年程前から、東京でライブがあればちょくちょく見に行っている。
ボーカル・ギターの玉置くんがとてもチャーミングだし、歌も曲もとても好き。
しかし、バンドの音がど、ど、どうも上手くならない。
いつもギターはちょいとたどたどしくて思わず心のなかで「がんばれ〜」と
言ってしまうし、ドラムはちょっとのたのたとしてる。
ベースの竹田さんは急に痩せてとてもきれいになった。(関係ない)
それでもなんとも愛すべきバンドでついつい足を運んでしまう。

昔フジファブリックを見に行ったとき
ボーカルの志村の歌がおおお、おい?という感じなのに
バンドがCD音源以上だったのと全く正反対の現象だなあと
行くたびに思う。ライブはとてもよかった。

そして今月のフジファブリックの貴重なライブはチケットが取れなかった・・
あまりに悲しすぎて一日ぼーっと過ごすほど悲しかった。
次のワンマンは当たりますように。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

散歩の帰りに図書館に寄って全く読んだことのない作家の本を
借りた。
小川洋子さんの「いつも彼らはどこかに」
短編集だったのだけれど、
どのお話も静謐ですこし神経質で
SNSなんてやっていなさそうな、か細い小さな声をしていそうな人たちの
少し変わった日常を描いていて
どれもどれもとてもよかった。
きちんとした言葉を持つ人の
自分では全く想像できない文章を読むことは凄い体験だなと
思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

テレビドラマ
「その女ジルバ」と「俺の家の話」を毎週かかさずみた。
どちらも主人公は40代。
池脇千鶴の凄みにやられ、出てくる女優さんの美しさに勇気づけられた。
そして
「俺の家の話」は
最終回がとにかくすごかった。
全く予想していなかったところに連れて行かれて
どんどん伏線を回収していく。能が観たくなった。
またクドカンのドラマにだけでも長瀬くん出てほしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

花粉症がすごすぎるので
耳鼻科で処方された薬を飲んだら物凄く効いた。
餅は餅屋。市販の薬で済まそうとしないほうがいいと実感。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と言いつつ、仕事をしつつ
友達との刺繍ユニット「FOTSUSEV」の作業をしまくっている。
友達の家に行き過ぎてほぼ親戚のようだ。
この間行ったら、友達、夫(夫といいつつ彼も友達)、子どもの3人が
全員私のイラストの入ったトレーナーやパーカーを着て迎えてくれた。
涙が出そうなほど嬉しかった。
3人ペアルック(私も持っているので4人)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こう描くとライブ行ってテレビ観て本読んでるような
お気楽な3月だなあ。
心の中はめっちゃ焦って、色々してはいるのですが。

アイデアが出ないときはずっとその題材の中に潜っている感覚がある。
その話を編集の方にしたら
そんなに悩んでいるとは思わなかった!と驚かれた。
始めから相談していればよかったと思う今日このごろ。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2021年2月

2月6日の夜。
家人は出張で不在だった。
一人の夕飯ほど気楽なものはなく、
どうってことのない適当なものを割と早い時間に食べ、
珍しく風呂を沸かして湯船に浸かった。
まだ時間は早い。

今までずーーと夜型人間で過ごしてきた。
だいたい2時3時、遅いと4時に寝る、なんてことも珍しくない生活を
何十年も送ってきた。
そうすると、必然的に朝起きれない。
だいたい11時、酷いと12時。朝10時に起きれば自分では
びっくりするほどの早起きという認識だった。

そしていつも起きて、なんとなくもったいないことをしたなあと
思うのだ。起きた時点で午前中がもうない。

2月6日の夜、なんとなく思いつきで
明日は早く起きてみよう、と思い立った。
そしてそのまま起き抜けに近くの神社まで散歩しよう。

神社への散歩はコロナ渦になってから始めた。
近くには
大きな大きな鎮守の森を有する神社がある。
いつも行くのはお昼過ぎから夕方。
その時間でも十分森の木立の合間を散策するのは清々しくて楽しいのだけれど、
朝早く歩いたら
気持ちいいだろうなあと密かにあこがれていた。

よし、一日だけでも行ってみよう。

次の日朝7時半に起きて散歩にでかけた。

それから
3週間程経った。
雨の日以外、毎日朝起きて散歩するようになった。

熱い麦茶と、大好きなパン屋の食パン、それにクリームチーズのキリを塗りたくって、
神社の境内にある原っぱで
散々歩いたあとに朝食を食べるのが日課になった。

鳥の種類が沢山居ることにもきがつき、
ちょこちょこ調べるようになった。

全く違う日常生活を送るようになった2月だった。
別に一念発起したわけでもなく、
なんとなく思いつきだったことが
たまたま続いている感じだ。

・・・・・・・・・・・・・・・

近くの薪窯で焼くパン屋さんが
無料で窯に、お客の家の鍋をいれてくれるサービスを始めた。

最初に奮発してホロホロ鳥を鍋に入れ持っていき、
今日はさつまいもをどっさり鍋に入れ
先程預けてきた。

いつも毎朝食べているパンはここのパンだ。

さつまいものできあがりが楽しみだ。

・・・・・・・・・・・・・・・

1月の終わりに買った
ccd方式のスキャナは確かにいい。
感動して
心震える!という違いがあるわけではないけれど、
じわじわと、やっぱり
色味も自然でいいわああと滋味深く
味わう感じだ。

特に水彩などで紙自体がヨレヨレと
波打って居る時に
そのヨレヨレに干渉せずにスキャンできるモードがあるのが
とてもいい。大切に今のところ使っている。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2021年1月



あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします。

またまた10月から更新が止まってしまった。

11月のライブも楽しみです、で終わっていたけれど、11月12月とありがたいことにライブに行けた。
とても楽しかった。
生の音を聞くのがこんなに楽しいとは思わなかったという
感動があった。

すごくいい時間だった。

このブログ、自分の備忘録として
今年は一ヶ月に一回更新目標として
その月あった出来事をつらつら書こうと思います。
(そして文末はデスマス調はやめようと思います)

お正月はいつもは友人宅に行くのだが、今年は家人と
久々に紅白でも観ながら二人で迎えた。

1月2日には清水ミチコのライブを観に武道館へ。
正直怖かったし、コロナにヒヤヒヤしたけれどすごく楽しかった。
こんな気持でライブに行くのはあんまり嬉しくない。

そこからは記憶が飛ぶほど怒涛の量の仕事に突入。
夕飯も作らず、家人に作ってもらったり、
テイクアウトで中華やら海南チキンライスやらカレーやらを買ってきてもらっていた。
ありがたい。

去年はものすごく暇でゴロゴロしていたのに
なんなんだろう。ありがたい。ありがたい。
ポートフォリオ代わりに
カレンダーを作り、年末に色々なところに送ったのだけれど、
それですぐにレスポンスがきて仕事につながったものもあった。

今月6個くらいの締め切りが一週間にぎゅうぎゅうに詰め込まれてわかったのだけれど、
これ以上の仕事を受けたら、心も身体も壊しそう。
忙しい人たちは心と身体の丈夫さがすごいと改めて思う。

そんな中プリンターが不調になり買い換える。
エプソンからブラザーへ。
1万5千円くらいのもの。ランニングコストが安く
プリンターとしては大満足なのだけれど、
いかんせんスキャナの機能が酷い。

憧れのCCDスキャナに買い換えるか・・と
Amazonを物色していたら2万円の品が中古で五千円で売っていたので
買ってみたものの、届いたものは
最初から帯状のノイズがはいり、黄色かぶりしまくりの画像しかスキャンできない
悲しいもので即日返品。
とうとう決心が付き、それならむしろもうちょっといいものをと
さんまんえんのスキャナをポチってしまった。
明日くる。いいものでありますように。

仕事が一段落してからは
Netflixの「ネクストインファッション」とAmazonの「メイキングザカット」という
ファッション系のTVチャンピオンみたいな番組を一気見。
どちらもすごく面白かった。

そしてとても寒い日の夜、家人の同僚の訃報を聞く。癌だった。43歳。
まだ若い人が亡くなるのは
どう受け止めたらよいのか
わからない感情になる。
私も仕事をしたり、年末にも電話をしたばかりだった。
ついこの間まで生きていた人がもういなくなる、というのは
なんとも信じがたい。なれることがない。

あとは体力づくりに
とても歩くようになった。
忙しいと一歩も家から出ない日もザラなので、
歩ける日は1万歩を目標に歩いている。
そしてあわよくば痩せたい。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2020年10月24日(土)

4月に更新してまた半年ほど経ってしまいました。
100枚描く、は途中ありがたいことに仕事が忙しくなってかなり滞り、10月終わりの現在65枚。
あと35枚。黄色信号が点滅してきました。
やばい。どうにかちょっと違う感じにしつつ100枚描けるようにしよう。と思っています。

・・・・・

この頃ようやくSNSとの付き合い方もわかってきたというか、
無理しない、凹まない、見すぎない、気にしない。
ということがわかってきました。
(遅い)
昔から自分の好きなものが流行るということは
まずなく、
いつまでもマイナーであった自分でありますので
これくらいの感じがちょうどよいと感じています。

4月から変わったこと。
5月にiPadを買いました。
それ以来完全にラフはiPadで描くようになりました。

周りのイラストレーターを見回しても
かなり仕事のフィニッシュまでiPadでこなす人が
増えて来たような気がします。
みんなアナログでしか絵を描いていない人たちだったので
じつはひたひたとしかし確実にイラストレーションの
一つの転換期にきてるのかもしれない、
と思ってしまっています。

・・・・・

コロナの中で、もともと家にずっといたのですが、
ますます家の中にいるようになりました。
実は地味にゆるゆる住んでいる部屋の模様替えをしています。

一番変わったのが仕事部屋で、
いままでは大量の本が収納しきれず、部屋の隅に
(いや隅ではなく部屋全体に)ただ床から直に山積みになっていたのですが、
棚を導入しすべての本を棚に入れることに成功しました。

いや、ここは本当にカオス、ひどすぎる、
と思っていた仕事部屋が
なんということでしょう。こんなにさっぱりスッキリするとは。
なんとなく部屋の淀んだ空気も
さわやかになったような気がしています。

そしてなんと、大好きな鈴木信太郎さんの絵が
ひっそりとヤフオクに出ていると
教えていただき、ひっそりと落札し、
今日、家にやってきました。


どれも素敵すぎる!
真筆かどうか本当のところはわかりませんが、
もし鈴木信太郎の絵でないとしても
ものすごく素敵な絵ばかりです。
みているとその場所にいるような
その空気を感じるような
それでいて抜けていてあかるくて
みているだけでニヤニヤしてしまいます。

下絵も多く、
むしろ下絵でこんな風に描いていたんだ
この部分をなんども描き直したんだ
ということがわかって楽しいです。
下絵を仕事部屋の自分の机の前と
トイレに飾りました。

・・・・・

友達と「フォッセブ」という刺繍ブランドを立ち上げました。
私が図案を描き、友達が刺繍をしています。
オムトンという素晴らしい音楽ユニットをやっている
ミュージシャンでもある友達が、素敵な感性の持ち主で
最高の刺繍してくれています。

こちらで販売しています。
覗いてみてくださいませ。
OGPイメージ

fotsusev フォッセブ

イラストレーターが図案を描き、ミュージシャンが刺繍している趣味の店です。fotsusev フォッセブといいます。fotsusevという言葉に...

ハンドメイド、クリエイター作品のマーケットプレイス Creema

 


・・・・・

そして久しぶりに沖田修一監督と一緒に仕事をしています。
「子供はわかってあげない」という映画が今年公開予定だったのですが、
コロナで延期になり、来年公開になってしまいました。
公開まで
映画の制作ノートを上げる、という企画なのですが、
本当なのか嘘なのか
ほとんど嘘だろ、嘘にしても面白すぎる、
というプロダクションノートです。
なんと前々回くらいにノートの中で
沖田監督が死んでしまいました。
最高です。ぜひぜひ読んでみてください、
OGPイメージ

https://note.com/tarundoruokita/m/mbbb2a7632d97">

カントク沖田の制作ノート 地獄篇

width=device-width,initial-scale=1.0,minimum-scale=1.0, maximum-scale=1.0">

 


・・・・・

この頃はずっと
ジロ・デ・イタリアとブエルタ・ア・エスパーニャという
自転車のロードレースを見ています。
去年ツール・ド・フランスを見出してから
すっかりはまってしまったロードレース鑑賞。
旅ができない今、
フランスやイタリアやスペインを旅行しているように
見られる自転車ロードレースは
とても楽しい。

・・・・・

それからそれから
やっと
将棋棋士瀬川晶司さんをモデルにした映画
「泣き虫しょったんの奇跡」を見ました。
すごくよかったです。
淡々とそして丁寧に描かれていました。
特に、実際にアマチュア時代の瀬川さん相手に
プロとして将棋に負けた久保九段が、
映画の中でも負ける役で出演していたことに胸が熱くなりました。
久保さんの素敵な人柄を感じます。

あとあと、「柄本家のゴドー」も見ました。
父の柄本明氏が
息子二人に「ゴドーを待ちながら」という戯曲の稽古をつける、というもの。

実は大学は演劇学科卒で
ある時期まで本気で演劇をやっていた過去があり、
未だに演劇をやっている友達が多いので
この内容はとてもとても面白かったです。
柄本明氏の言っていることがなにも疑問がなく納得できることばかり
おっしゃっているのが印象的でした。

実は
大学4年の時に
柄本さんのプロンプターをやったことがあり、
身近でお会いしたことがあったのですが、今回改めて
丁寧に丁寧に役を掴んでいくというのがわかりました。
あの頃、勝手に緊張してドキドしていて
柄本さんの姿をきちんとわかっていなかったなあと
思いました。

・・・・・

またもつらつらと長々と書いてしまいました。
フジファブリックも相変わらず大好きです。先日ようやく久しぶりに生のライブを
野外の空の下で味わいました。
11月のライブも楽しみです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2020年4月16日(木)

1月に「1年間で100枚オリジナルの絵を描く」と目標にしていて
マイペースにちょろちょろ描いて
今半分の50枚まできました。
思ったより速いペース。
そして一枚一枚手探り手探り。
手応えがあったりなかったり。
全容はインスタグラムに載せています。

古谷充子 Michiko Furutani (@michiko_furutani) • Instagram photos and videos

361 Followers, 114 Following, 114 Posts - See Instagram photos and vid...

 


(急にリンクの貼り方が変わってびっくり!!)

どうもこの10年以上愛用してきてブログが使いづらく
絵の解像度も低く
更新が途絶え気味で本当にすみません・・

Twitterとインスタは
ちょくちょく更新しています。

今現在、
世界中の人々と同じようにコロナの災禍に巻き込まれているのですが、
元々家で引きこもって仕事をしていたので
生活自体は、あまりそこまで代わり映えがしない、というのが正直な感想です。

ここから先は特に有用な情報もないのですが、
ダラダラとTwitterに書くにもはばかられるし、
日々あまり人と接することがなく過ごしている中で
思いついたことをつれづれなるままに書きたくなり
書いてみました。


ここ3年ほど、
フジファブリックにハマって以来、
ライブに行くのが
日常の大きなウエイトを占めていました。

2月16日に松本までライブを観に行ったのが最後になりました。
押し合いへし合い、汗だくになりながら
頭空っぽになる、そんなライブに行くのは
当分無理そうです。

2年ほど前、浜松までライブを観に行った時は
運良く最前列近くで
ベースやらギターやらがお客さんの目の前に来て
友達とおっかなびっくり
ベースやギターに触って、頭の中がうひゃーどかーんと
なったこともありました。
今の状況からみると幻想のようです。

小劇場でお芝居もよく見ていました。
お客さんが満員すぎて
パンパンになって
消防法上どうだかわからないのですが、
補助席を出して通路を埋めたり、
最前列あたりの人は
座布団席で体育座りをしているのを
もっともっと足を折り曲げて小さくなって
見たりしたこともありました。

お祭りも好きでした。
盆踊りで踊るのが楽しくて
踊っているうちになんだかトランス状態になって
無我の境地で踊り続ける、というのを
夏になると無性にやりたくなるのです。

人混みが好きではありませんが、
気がつくと人と密に接することばかりやっていたんだなあと
感じます。



この頃の楽しみは
近所の神社に散歩に行くことです。
とてもとても大きな敷地面積のある神社なので
ちょっとした雑木林がいくつもあり、トレッキングにでも
でかけた気分になれるのが最大の魅力です。
そこまで人が多くないのも嬉しいです。
ずっと穴場のままでいてほしい・・。
(土日はそれでも混雑するので天気のいい平日のみ行っています)

この絵の林もその神社で写真を撮ったものを
元に描きました。

毎日の楽しみが散歩しかないので
必然的に林の絵ばかり。

もともと木を描くことが苦手だったので
これを機に克服しよう、という気持ちもあります。

新芽が芽吹いて気持ちがいい季節です。
イチョウの葉っぱの赤ちゃんが黄緑色で
小さく小さく出てきていて可愛らしいのを発見しました。
こんな小さな葉っぱが出てくるのを
初めて知りました。

などなど
ダラダラと身にもならないことを書いてしまいました。

みなさまどうかどうか
ご健勝でありますように。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

シルバー川柳9

シルバー川柳、中身も沢山描きました
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

演技の気持ち


装画担当しました
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

のんびり絶景散歩

のんびり絶景散歩
表紙担当しました







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アウトドア防災BOOK

昨年の仕事の紹介が4月でとぎれているので
ちょこちょこアップします。
アウトドア防災BOOK表紙担当しました







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2020年1月



あけましておめでとうございます。

なんと半年放置しておりました
すみません。

昨年は
年末に
金沢でのグループ展に参加しまして、
イラストレーターの先輩方と仲良くしていただいて
ワイワイガヤガヤと楽しく5人で
東京から金沢までお仕掛けまして
わいのわいのと
過ごしたのですが、

その帰り道、
いぬんこさんが
「みっちゃん来年の目標ってなに?」と
途切れる会話の橋渡しのように
なんの気なしに聞かれました。

いぬさんは、100枚絵を描いたのが
財産になって道が開けた
とおっしゃっていて

そうか、一年かけて
仕事以外で
今年は100枚
絵を描いてみようと
思った所存でございます。

いかんせん前の投稿が半年前だから
あてになりませんが
ちょっと今年は
がんばってみます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

模写 6月15日

なにか仕事以外に新しいもの、
自分の次に繋がる
仕事と関係ない絵を描きたいのだけれど、
そもそも自分何が好きなんだ?
みたいな迷宮にはまりつつあったので、
とりあえず、模写してみよう
と月曜日から金曜日まで
仕事の前、仕事の後のお楽しみに
長新太さんの絵本の表紙を模写してみた












めちゃくちゃたのしかった。
見るだけとは全く違う感動。
すごい。
すごいな長さん。
色使い、すごい。顔の表情、かわいい。
文字の置き方、面白い。
もう少し続けてみよう
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

6月10日(月)指のしびれ


一週間ほど前から親指のしびれが取れない。

一ヶ月ほど酷い肩こりで、
右にも向けないほど首が痛かったのを
放置していたら、
ある朝起きたら親指と人差指がしびれていた。
3日経ってもしびれがてんで治らないので
仕方なく鍼に行ったら、
腰、首、肩あたりから来ているとのこと。

「このままいくと腱鞘炎になっちゃうよー」
と言われつつ、お灸や鍼をたんまり手のひらや親指にしてもらう。

なんと肩こりは一回の施術でどこかに消え去ったけれど
親指のしびれはなかなか一回では治らない。
また明日鍼に行く予定。

それにしても親指がしびれていると
絵を描くモチベーションがだだ下がりになってしまう。
仕事の絵はなんとかこなすものの、
こういったプライベートの絵に着手できない。(言い訳であります)

思い通りに指が動かないんだから
むしろそれを楽しめばいいのにと思いつつなかなか。


指がしびれつつ読んだ南伸坊さんの新刊「私のイラストレーション史」
べらぼうに面白かった。このところの迷いがきえるような。
安西水丸さんと長井勝一さんの章が特に面白かった。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

5月31日(金) 猫と網戸


猫が二匹して結託して網戸をぶち破って外に出るようになった。

去年、猫によってビリッビリに破られた網戸を
家人が直してくれたのだけれど、

隣の部屋で寝ているうちに、キクが仕事部屋のガラス戸と網戸の隙間に入り込み
無理やり体をねじ込んで、網戸に無数の猫の毛を「生えてるのか?」という程付けて
ぶち破ったらしい。


早朝、断末魔のようなキクの鳴き声が聞こえると思ったら
L字型のベランダのいつも使っていない
ホコリだらけの場所にうずくまって鳴いていた。
家の中に戻ることができなかったらしい。

まだベランダにいてくれてよかった。

パニックになって手すりをよじ登ってなくて
本当によかった。
(うちの部屋は三階)

キクだけかとおもったら、
その直後にダンもふわふわとベランダに脱走。

その後網戸を直してもまたぶち破られたので
とうとう
猫用網戸脱走防止フェンスなるものを設置。



まるで人間が檻の中にいるような代物が来てしまったが、
これで脱走しないのならいいけれど・・
上部のフェンスのないところがとても気になる・・
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

絵について



いつまで経っても絵についての悩みは尽きない。
子供が下手だ。
子供のデッサンをひたすらしてみる。
上手くてちゃんとデッサンが取れてる絵が描きたいわけではなくて
自分で納得できる子供の絵が描きたいのだよなあ。



これは
夢を描いた絵。
絵本を描いてみたいのだけれど
全然アイディアが浮かばないので
起きた瞬間に観た夢についてメモするようになった。
この絵は大きな切手を雨で濡らしている、という夢を観たのでその絵



先日テレビでたまたま観たゴーストバスターズ、
ビル・マーレイがとっても魅力的だった。(ちなみに吹き替えは野田秀樹だった。懐かしい80年代のノリの吹き替えも楽しかった)
マシュマロマンが最後の敵って今見ても斬新。

夢の絵のような
ふしぎな肌触りの絵を描きたいのだけれど、
(メルヘンよりのような)どうにもこうにも難しい。
ゴーストバスターズの絵は
こうしたいああしたい、というアイディアが湯水のように湧いてきて
窓はちょっとルーズな形で色は黄色が薄めで
酷い顔のシガニー・ウィーバーがいいかもと
るんるん描ける。
でもなんか軽い気がして納得していないような
しかしこちらのほうが自分の本質に合っているのではないかと思うような
葛藤があり。

他の人から見たらどの絵も変わり映えしないのかもしれないけれど。

というグチグチとした日々。
吹っ切れる日はあるのだろうか。

水丸さんが晩年、
今日もいい絵が描けたんだよ。最高だよ。
もう死んでもいいよ。
とニコニコ顔でおっしゃっていたのが
印象に残っていて
果たして私はその境地にたどり着ける日が来るのだろうかと
思ったりもしております。

(それにしてもgooのブログの絵の解像度が低すぎる。
どうしたもんかいな。。とうとう引っ越さねばなるまいか)
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ