東京学生マンション 管理人常駐 フルリール練馬

東京で初めてのマンション生活をしている学生と、卒業までの間親戚になったつもりでおそばで見守っている夫婦の日記

どうしてテストされてるのか?

2019年11月20日 | 日記


光が丘も平林寺も紅葉で綺麗でした。

先日から腰痛が激しいので
すぐそばの整骨院にまた通いだしました。

ここはよくフルリールの学生さんとも出会うことが多いのですが
それぞれに勉強のし過ぎの肩こりや部活などの怪我などなど
様々の様です。

朝9時一番に行きますと
私のような年寄りで一杯で診察室も待合室も込み合っているので
今日は珍しく午後3時半頃に行ってみました。

年寄は居なくて空いていてラッキー
診察室から出てきた小学生が私を見て
『私も髪の毛を紫にしたいな~~。』と言うので
『歳を取って白髪になると何色にでもできるわよ。』と言ってあげました。
『今紫にしたいの。』なんと言っていいか・・・

そのうち診察室に呼ばれたので中で診察台に横たわっていたら
中にも小学生の女の子が横たわっていて
『"What do you want to be?"はなんですか?』

次々に若い先生が答えて『ハイ次。』
『What would you like』

先生たちが試されているのか??

マッサージをされながらこらえきれずに
クッ クッ 笑い転げて覗いてみたら
どうやらこの接骨院で宿題を済ませているようでした。

どうして小学生がこちらに来ているのか聞いてみたら
それぞれに
運動で手や足を痛めて通っているのだそうです。

小さい時から運動不足による弊害でもあるのでしょうか。

高校までは体育の授業が有ったり
部活が有ったりで運動をしていた学生さんが
東京に出てきてから運動をしなくなって
体力の落ちなければ良いが・・・

フルリール練馬にお住いの学生さんんで学校とは別に
個人でジョキングをしたり
光が丘で開催されるこぶしハーフマラソンに出場するために
時間を見つけては走っている方もおられます。

そういえばアナウンサーになった岡添麻希さんも
学校で泳いで疲れて帰ってから
夜によく走っていたことを思い出します。

他にも池袋の学校まで歩いて通いたいと挑戦した
女子学生さんもいましたが
さすが歩くのは大変だったらしくて
『途中で嫌になって電車に乗って帰ってきました。』

なんてこともありましたが
東京では通学だけでも結構歩くことが多いので
歩く時には少し早足にしてみてはどうでしょうか。
(出会う学生さんは歩きスマホの方がほとんどです。)


 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« ドナルドが懐かしい人を連れ... | トップ | ペンより重いものは持たない人が »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事