東京学生マンション 管理人常駐 フルリール練馬

東京で初めてのマンション生活をしている学生と、年寄りスタッフ達が見守り 管理するマンションの日記

お母さんを入居するお嬢さんと間違えた

2022年11月09日 | 学生マンション日記


今日は取引先の営業担当の方が新しくお出でになり
スタッフが揃っていたので これ幸いと
『マンション見学してみない?。』と聞きましたら
実家暮らしだったので 
『一人暮らしをした経験が無いから 見たいです。』

そういう訳でスタッフ3人が側について 
マンション見学の案内のシュミレーションをして頂きました。

中々 他のスタッフの案内の仕方を学ぶことは無く
それぞれに 清掃も管理も力の入れどころが違うので
説明の仕方もそれぞれで大変勉強になりました。

入社16年の営業担当のかた モデルになって頂きありがとうございました。

そのすぐ後に 本当のマンション見学がありスタッフも参加しての
見学をして頂きました。

富士山を毎日見れる所から(羨ましい)お出でになり
父兄専用駐車場に止めて頂いて
車から降りて来た3人の中では お嬢さんがお住まい探しなんだろうな。。。

そう思ってお話を始めたら
いや違うと私は気づきました。

駐車場から駐輪場を抜けて エントランスに着いたら
スタッフが揃って管理人室から出てきたのですが
みんなの目も 隣の息子さんでは無くお嬢さんと勘違いしている。

でも案内中に気が付くことになるので その件については触れませんでした。

見学の方だけで 
ユニライフの学生バイトさんはいらっしゃらないのかと思っていたら
汗をかきかき 『すみません道に迷いました』と飛び込んできました。

よくある 行先が違う地下鉄に乗ってしまって 
西武線に乗り埼玉県の知らないとこまで行って気が付いたという訳です。

さて 昨日の皆既月食ですが
月が出てみれば東の空で 間もなく真上に近く上がっていきました。
東の空に上がった月は 大変大きく赤くて綺麗だったそうですが
それは セブンイレブン辺りで良く見えたそうです。

皆既月食を見ている学生さんも一杯いるかと思い
窓を見上げて見ても そもそも 明かりも点いていない部屋も多く
ほとんど バイトだったのでしょうか。
何度も空を見あげる為に 窓の開け閉めをしていたのは私だけでした。

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 442年ぶりの皆既日食が見られ... | トップ | 0円ガーデニング真っ盛り »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

学生マンション日記」カテゴリの最新記事