東京学生マンション 管理人常駐 フルリール練馬

東京で初めてのマンション生活をしている学生と、年寄りスタッフ達が見守り 管理するマンションの日記

検査キットの申し込み方

2022年10月19日 | 学生マンション日記


今年の冬は2年間鳴りを潜めていた 
インフルエンザとコロナの同時流行が
すでに海外で発生しているとの事です。

コロナはフルリール練馬にお住いの学生さんについてはお若いので
すぐに病院に掛かれないかもしれない事を想定して
落ち着いている今こそ
オミクロン株対応のワクチンも始まったようですので
掛かると大変なインフルエンザの予防接種も同時に接種が出来ます。

コロナ前は毎年インフルエンザに罹る学生さんがいました。
インフルエンザに罹った学生さんは私にはどうする事も出来ないほどなので
毎回救急車を要請していました。

しかし コロナとインフルエンザが同時発生すると
救急車も当てにできないのではと心配されています。

新型コロナを疑う症状がある方への抗原定性検査キットの配布対象を
全年代の方に拡大
します。東京都(第3621報)

東京都では、感染急拡大時の診療・検査医療機関への検査・受診の集中を緩和し、発熱等の症状がある方が速やかに適切な保健医療サービスを受けられるよう、新型コロナを疑う症状がある方(有症状者)に対して、体外診断用医薬品として承認を受けた抗原定性検査キットを配布しています。
現在、20歳代から40歳代の方までを対象としていますが、全年代の方に対象を拡大しますので、お知らせします。

 拡大後の対象者

都内在住(長期滞在者を含む。)で、新型コロナウイルス感染症の発症を疑う何らかの症状がある全年代の方
※濃厚接触者であるかどうかは問いません。
※ご自身で検体の採取が可能な方に限ります

申込方法

専用ホームページ(外部サイトへリンク)から検査キットの配送をお申込みください。

   QRコードの画像1

検査方法

抗原定性検査キットにより、ご自身で検体を採取し、検査していただきます。15分から30分程度で検査結果が分かります。

検査後の対応

  • 本キットによる検査のみでは確定診断にはなりません。
  • 本キットを使用した自宅での検査で陽性となった場合は、東京都陽性者登録センターに登録してください。ただし、65歳以上の方、妊婦の方、症状が重篤な場合や基礎疾患等のある方は、医療機関を受診してください。
    東京都陽性者登録センター(外部サイトへリンク)

QRコードの画像2

My HER-SYS(マイハーシス)による健康観察など、療養中の支援を希望する方は、東京都陽性者登録センターへの登録が必要です。

  • 検査結果は、スマートフォンなどで画像として保存してください。
    ※陽性者登録センターに登録する際に検査結果の画像が必要となります。
    ※医療機関では、医師の判断により、受診時に再度の検査を行うことなく、本キットによる検査結果を確定診断に用いる場合があるため、受診時に提示できるようにしてください。
  • 結果が「陰性」でも感染の可能性を否定するものではありません。感染対策の徹底を継続してください。



アセトアミノフェン(解熱剤)も買える時に用意しておきましょう。

24時間対応の救急病院がフルリール練馬から480mのところに移転して来ました。
練馬光が丘病院 https://hikarigaoka-jadecom.jp/
助かります。


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« モデルルームの用意が出来そ... | トップ | 秋晴れのフルリール練馬 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

学生マンション日記」カテゴリの最新記事