ふるぼう知生(ともお)の活動報告

わたくし、古坊知生(ふるぼうともお)の日々の活動を皆さまへお伝えするコーナーです

民進党の新代表が決定。

2017年10月31日 | Weblog
 10月31日、本日はお昼に民進党代表選挙の立候補の受付があり、大塚耕平参議院議員が一人しか立候補しなかったことから、自動的に新代表となりました。

 テレビでよく論理的、かつ知性的な説明をする大塚新代表は人柄もよさそうだし、政策通だという印象があるので、悪くはないとは思いますが、しかしながら前途は茨の道ではないかなと勝手に心配しております。

 再来年に行われる参議院議員選挙が近づいてくれば、民進党所属の参議院議員は民進党で戦えないとして必ず、離党もしくは新党に駆け込むことでしょう。政党支持率1%もない民進党から立候補することはありえないからです。ですから、以下に民進党を緩やかに解散にもっていくか、更には新党のイメージを壊すことなく、新党へつなげるかが使命になりそうです。

 野党が一本化してこそ自公政権に対応できると言いますが、野党を一つにまとめようとしてこれまでにどれほど失敗が繰り返されてきたことでしょう。そうであれば、お互いがお互いの政党の存在を認め合い、連立政権を取るために選挙協力をするということた大切なのではないでしょうか。
 
 民進党は既に衆議院の組織をほぼ失っており、参議院に一定程度の勢力がありますが、前に書いたように、2年後の統一地方選挙から参議院選挙に向けて、民進党には遠心力が働き、解党へとまっしぐらになると思います。でもその時に立件民主党や希望の党がどのような支持を国民からもらっているか誰もわかりません。勝てそうな政党ではなく、自分の理念にあった政党を選んでほしいものです。

 そして、日本の政党が本当の意味で、理念・主義・主張において分かりやすい政治になってほしいと思います。党首や代表のイメージだけで投票することをそろそろ私たち国民は卒業しなければなりません。
 
 政策・主義主張・そして人柄を総合的に判断できる国民になりたいものです。そして、どうせなら、国民の負託を受けた国会議員が政党を超えて、選挙制度の改革と権力の肥大化を防止できるシステムの構築をぜひ実現してもらいたいと思います。
 
 そうすれば、どんな政党が政権につこうが、そんなに悪い国ははならないと私は思います。問題なのは権力を長期間にわたって持ち続けるということではないでしょうか。だからこそ、私は安倍一強体制を壊さなければと考えるのです。新しい政党に新しい提案を期待します。
コメント

「ラ・フォル・ジュルネTOKYO2018」事業者説明会

2017年10月30日 | Weblog
 10月30日、本日は「ラ・フォル・ジュルネTOKYO2018」事業者説明会に参加してきました。
 
 1995年、仏の港町ナントで誕生したクラッシク音楽祭が2018年池袋にやってくるということで、中心的には協力企業を募る説明会でした。
 
 文化を施策の中心に据えている豊島区・高野区長ですが、2005年から東京国際フォーラムを中心とした丸の内地域などで毎年3日間、40万人を超える動員数と300回を超える公演回数を誇るこの音楽祭を池袋に誘致したことを我々議会にも知らせたかったというところでしょうか。
 
 企業の協賛もあり、割と安価なチケットで一流のクラッシク音楽を家族ぐるみで聞けるということですので、わくわく感はありそうですね。
 
 豊島区も新しいことにたくさんチャレンジしているので、その意気込みはかいますが、全てが中途半端にならないようにしなければと感じた次第です。
コメント

大塚商人祭り

2017年10月29日 | Weblog
 10月29日、昨日と本日の二日間、大塚は商人祭りで賑わいました。
 
 昨日も途中から雨が降り出しましたが、本日は最初から雨・雨・雨。
 
 それでも、駅が近いこともあり、大勢の方々がテントによってくれ、めいめいに買い物をしてくれました。大塚は人情味溢れる街ですね。
 
 私は昨日から腰を痛めており、今日は休もうかなとも思いましたが、やっぱり家にいるよりも、仲間のいるところに行きたくておじゃましました。足を引っ張るだけでしたが…。
 
 雨の中、スタッフが活動している姿を見て、地元愛を感じました。トラムパル大塚でも歌や踊りがあり、賑わいを見せていました。長崎県の大村市のイメージキャラクター、「おむらんちゃん」とも記念撮影できましたよ。
 
 天気ばかりは仕方ありませんが、二日間好天に恵まれればものすごい商売になる場所です。来年の晴天を期待しましょう。
コメント

本日の第二弾 ~豊島区高齢者クラブ連合会第二ブロック 秋の芸能祭り~

2017年10月28日 | Weblog
 午後からは、タイトルにある芸能祭りに参加しました。

 第一部の式典でご挨拶をさせてもらい、第二部の芸能のコーナーでは、来賓の区議たちも歌を披露しました。

 私も芸能祭りにふさわしく?北島三郎の『祭り』を歌いました。

 雨の中、たくさんの方々にお越し頂き、会場は大変盛り上がりました。

 来年もみなさんお元気でお会いしたいですね。
コメント

西中祭

2017年10月28日 | Weblog
 10月28日、今日は次男の通っている中学校の文化祭、西中祭でした。
 
 3年生で最後でしたので、朝早くから伺いました。
 
 合唱コンクールがあり、次男は指揮者をしていました。朝早くから練習していた甲斐もあり、クラス別対抗で優勝したようです。
 
 親バカだからでしょうか、次男の指揮も結構さまになっていると感じました。
 
 思い返してみると、長男も指揮者をやっていましたし、長女も西中でピアノ伴奏をしていましたね。期待を裏切らない息子・娘たちです。本当に親としては感動ですね。
 
 1年生から始まり、次男の出番は最後でしたので、終了したの10時40分ごろでした。大塚商人祭りのセレモニーには遅れてしまいましたけどね…。(笑)
 
 今年で息子にとって最後の西中祭となりました。来年からは子どもも西中にいないので、しっかり参加しようと思います。
コメント

定例会最終日

2017年10月27日 | Weblog
 10月27日、本日は定例会の最終日。付託された議案や陳情の委員会審査で得た結論を議決する日です。
 
 平成28年度決算は共産党を除く全議員が賛成多数により認定となりました。
 
 本会議の最後の方で、私は小林弘明議員と石川大我議員の想いと共に、1年前から提出されている陳情の採択に賛成の立場で討論を行いました。
 
 その陳情は旧自民党豊島区議団(現自民党豊島区議団及び都民ファーストの会豊島区議団)の政務活動費不正支出問題に関する陳情でした。
 
 まず、共産党がとても細かく経緯を説明しながら、強い批判のトーンで賛成討論をした後に、私がまだ未納である1000万円近くに及ぶ政務活動費の自主返還について一日も早い返還を促すとともに、今後の正副幹事長会や議会改革検討会の加速度的な進展を求める旨の賛成討論を行いました。
 
 最後には会派を代表して芳賀議員が謝罪と反省を述べていました。3人が三者三様の視点で賛成討論を行うというあまりない展開となりましたが、今後の自民党豊島区議団及び都民ファーストの会豊島区議団の対応を注目していきたいと思います。
 
 この問題がマスコミを通じて報道され、当初は政務活動費取扱指針に抵触していないと豪語していた議員団が、改心をして不正を認めるというところにまで至れたのは、市民団体の皆さんがマスコミに告発するという勇気ある行動をとり、陳情を提出して区議会をチェックし続けてくださったおかげです。この行動がなければ、このような不正を暴露することはできなかったと思います。
 
 これからも区民の皆様の常識的な感覚を忘れることなく、区民の皆様と共に自分の立場でできることを一生懸命取り組んでまいります。
コメント

久しぶりの駅頭

2017年10月26日 | Weblog
 10月26日、本日は久しぶりに駅頭を行いました。大塚駅北口です。

 衆議院総選挙の影響で、私個人としては駅頭をこの期間することができませんでした。

 「古坊さんに最近駅頭で会えなかったから心配していたよ」という方もいらっしゃいました。嬉しいですね。

 これからも地道に頑張ります!!
コメント

決算特別委員会が終了

2017年10月25日 | Weblog
 10月25日、本日で豊島区議会決算特別委員会が終了しました。

 最終日は今までの質疑応答を踏まえて、決算の認定に賛成するか反対するかを表明する意見開陳がありました。

 一般会計及び三特別会計決算の認定には賛成しましたが、様々な要望もさせていただきました。

 明後日が定例会の最終日。本会議が開かれます。最後まで頑張ります!


コメント

第28回東京都道路整備事業推進大会

2017年10月24日 | Weblog
 10月24日、本日は議会派遣により、第28回東京都事業道路整備推進大会に参加してきました。
 
 毎年この時期に開催されるこの大会は、東京都の全市区町村が協力しています。私も一人会派3名を代表して、派遣団の一員に加わりました。
 
 満場一致で方針を確認し、決議をした後に来年度の予算を獲得するため、会長や役員さんが東京都選出の国会議員や東京都そして関係省庁に陳情に伺うことになっています。
 
 東京都が無電柱化やバリアフリー対策に、以前よりも予算を投入していることが理解される大会となりました。
コメント

本日の第二弾 ~若狭勝前衆議院議員落選の衝撃!~

2017年10月23日 | Weblog
 改めて冷静に今回の総選挙を振り返ると、色々なことがわかってきます。

 まず、私の応援している鈴木ようすけさんが落選したことは大変残念なことではありますが、大本命だった若狭勝前衆議院議員も落選したことは豊島区に大きな衝撃が走りました。

 元々は小池都知事の地元としてこの選挙区を受け継いだ形となっていました。そして小池都知事を支えるメンバーに支えられてある意味磐石な基盤を持っていると思われた若狭氏が落選するほどに、今回希望の党は失速してしまったということです。

 過去を遡ってみると、若狭氏は大きな行事のオープニングセレモニーは参加していましたけど、他の行事は殆どといっていいほど秘書任せで参加していませんでした。もちろん代議士ですから、地元の行事にすべてかを出せとは言いませんが、地域に愛情があるのであれば、そのような行動に自然となると思うのです。少なくとも私の視点では、地域に溶け込もうとか、地域の声を聞こうという姿勢を感じることは出来ませんでした。

 そのようなこととは、反対に鈴木ようすけさんは、昨年の補欠選挙以降、毎日駅頭に立って、地域を回りながら地域のお声を拾ってくる活動に地道に取り組んでいました。

 今回、立憲民主党と希望の党の勢いの違いが出たとはいえ、そうした普段の有権者はよく見ているのだなと感じた次第です。やはり、最後は政党ではなく人柄です。今回は自民党に勢いがありましたから、鈴木隼人候補者は10月になって初めて地域活動を始めたとしても、なんとなく期待感で投票が集まったのだと思います。

 次の戦いが本当の勝負ですね。どれだけ活動が見えるか、どれだけ地域のお声を聞こうとする姿勢があるか、そのような普段の地道な活動が勝敗を分けるという気がします。

 真の議員を目指して、それぞれの戦いがもうスタートしていますね。
コメント