ふるぼう知生(ともお)の活動報告

わたくし、古坊知生(ふるぼうともお)の日々の活動を皆さまへお伝えするコーナーです

年度末の役所

2010年03月31日 | Weblog
 3月31日、本日は年度の最後の日でしたが、議員協議会と本会議が開かれました。議案が少なかったので、それ自体は短い時間で終了しました。やっと今年の第一回定例会が終了したことになります。

 議員協議会が終了した後、副区長から来年度の人事移動の説明と紹介がありました。私が懇意にしていた課長さんたちも、ちがう課の課長になったり、東京都に戻ったりと、移動になってしまいました。ある課長さんはわざわざ私の控室に来てご挨拶をしてくれました。

 親しくしていた課長さんが区庁舎内に残るのならまだしも、違うところに移動するということは淋しいことですね。しかし桜の咲くころというのは別れもあれば出会いもあります。だから受け入れなければなりません。明日からまた新しいスタートです。新しい出会いを信じて頑張っていきます。
 
 写真は新年度から使用される区議会事務局専用のコピー機です。5時半を過ぎて役所から出るときに区議会事務局から移動する方が荷物をまとめているのを見ながら帰途につきました。去る者もいれば来るものもあるという感じですね。明日からの残された任期1年、しっかり務めていきたいですね。
コメント

駅頭と正副幹事長会

2010年03月30日 | Weblog
 3月30日、本日は新大塚駅にて駅頭を行いました。今日は初めてお会いする方2人と地方参政権や国防等について意見交換をしました。皆さん同様に日本がおかしくなりつつあるという危機意識を持っておられる方でした。訊いてみるとお二人とも豊島区の方ではないようでしたが、新政権の弱点をついていて興味深かったです。「あなたは自民党、それとも見民主党?」と聞かれたので、無所属議員であり、政界再編論じゃであるとも答えました。

 話に夢中になってしまい、駅頭が中途半端な形になってしまいましたが、コミュニケーションを図るのも駅頭の目的の一つですので、良かったと思います。ただ話をしている間、もしかしていつも激励してくださっている方に対して挨拶ができなかったということも考えられます。そのことは申し訳なく思いました。

 午前中から役所では正副幹事長会議が開かれましたが、ものの10分で終了しました。その報告を受けて午後からは家に帰ってきました。明日は本会議があります。残された議案に対して議決を摂るのですが、案件が少ないのでこれも短い時間で終わると思います。いよいよ三月が終了し、新しい年度がスタートとなりますね。残された一年間の任期を悔いのないように精一杯努力したいと決意しています。

 
コメント

やられました。

2010年03月29日 | Weblog
 3月29日、本日は午前中から役所へ行き、議会報告の新聞の作成に勤しみました。家内が家に友達を呼んで昼食会をするというので、子どもを私の控室で面倒を見ながら仕事をしました。

 昼食を子どもたちと一緒に役所の近くの福しんで食べました。一緒に食べるとおいしく感じますね。福しんには久しぶりに入りましたが、お客さんが多いですね。誰かが食べ終わるのを待っている人たちが本当に多くて、速く食べ終わらなければとプレッシャーを感じました。春休みということで昼食を久しぶりに一緒に食べれて嬉しかったです。

 役所においては午前中に区民厚生委員会、午後からは総務委員会があり、両方とも1時間程度で終了しました。この結果を踏まえて31日に本会議が開かれる予定になっています。
 
 帰りに私の看板が壊れているとの情報を得て、朋有小学校の近くへと向かいました。写真のように看板が破壊されていましたので、持って帰ってきました。残念です。こんなことをする人がいるのかと思うと悲しくなってきますね。いろいろと考えさせられました。

 民主主義というのはいろいろな考えが存在することを認め、出来る限り最大公約数を得る作業だと私は考えています。違う考えだからといって、その人と、その人の人格まで否定することは絶対にしてはいけない行為です。私は議会の中でいろいろな考えを主張し、それに対して激しく議論することは大切だと思っています。それぞれが自分の考えを主張することはまさしく議員のとしての仕事です。しかし議会を離れれば、どんな方であろうと分け隔てなく、挨拶やお話をしているつもりです。その方々の人格を認めているからです。

 今回で看板が破壊されたのは3度目になります。明らかな選挙妨害ですから、私も堪忍袋の緒が切れそうです。しかし負けません。統一地方選挙まであと1年となりました。後援会の方々と共に、必ずこんなことをしてくれた犯人がびっくりするような結果を出してやろうと決意した一日となりました。
コメント

お花見と防災研修会

2010年03月28日 | Weblog
 3月28日、本日は午前中から北町会のお花見&餅つきに参加。一生懸命餅をつきました。北町会さんの餅つきは巣鴨信用金庫さんの駐車場で行われ、2階の会議室にてお餅やフランクフルトなどが食べれるようになっています。子どもたちにはお菓子が配られとても喜ばれていました。昨日からお花見はいっぱいあるのですが、風が冷たく寒い状況が多い中で、室内のお花見は全天候型ですし、温度も暖房が利きますから、暖かいです。今日は巣鴨信金さんに感謝というところでしょうか。

 ご挨拶をさせていただき、隣の南大塚ホールで行われていたカラオケ同好会による歌の発表会に参加し、小林興起先生と私も歌を一曲歌わせてもらいました。小林先生は「君恋し」私は「北酒場」を歌い拍手をもらいました。

 南大塚ホールで一曲歌った後は、今度は南松町会にある公園を整備してくれている「あすなろガーデンクラブ」さんのお花見にちょっと参加して、その足で町会連合会主催の防災研修会へと向かいました。

 豊島区の防災課長による、震災時の対応についていろいろ為になる講話がありました。今回は各会派の幹事長に案内が届いたようで、弱小会派の私にも案内が来ていたので感激しました。とてもありがたいことですね。

 帰ってきてから、南大塚商店街振興組合のさくら祭りに参加。そしてそのあとは葬儀にも参加しました。日曜日でしたが、なかなか忙しかったです。来週の土曜日日曜日はお花見には最高のタイミングになりそうですね。今から楽しみにしています。
コメント

さくら祭りがあちらこちらで

2010年03月27日 | Weblog
 3月27日、本日は駒込や巣鴨等でもさくら祭りがありましたが、大塚や東池袋という私の地元でもさくら祭りが行われました。

 まず、夕方6時から西巣鴨中学校前で南大塚さくら祭りのセレモニーが行われました。今年はライトアップなし、出店なし、しかも桜があまりまだ咲いておらず、寒いという状況の中で行われました。いつもよりもお客さんが少なかったような感じでした。

 こういうご時世なので東京都や豊島区からの補助金もいただけず、財政状況の厳しい中でのさくら祭りでしたが、梅后流江戸芸かっぽれの皆さんや新粋連の皆さんが元気に踊っていただき、雰囲気をつくってくれていました。

 セレモニーが終了した後、私は急いで移動し、総合グランドへ。そちらでは近隣六町会や体育協会、朋有小学校PTAなどの団体の皆さんがシートを敷いて花見を楽しんでいました。子どもの面倒をみながら、皆さんに挨拶しながらとなかなか大変でしたが、多くの方々にご挨拶できてとても良かったです。

 代表でカラオケをする人がいたり、いろいろな食べ物を売っている人がいたり、結構賑やかにやっていました。最後のほうではフラダンスも登場して華を添えていました。仙人ぐらいはいたでしょうか。地域のお花見はとてもコミュニケーションが図れていいですよね。ずっとずっと続けていけるとよいですね。

 
コメント

平成22年度予算案は可決、でも・・・。

2010年03月26日 | Weblog
 3月26日、本日は午前中に議員協議会、そして午後からは本会議がありました。付託された議案や請願そして陳情の議決をするためです。

 順調に議決はすすんでいたのですが、議員提出議案の時を迎えてハプニングが生じました。自民・公明・民主区民の3会派で共同提出された「子ども手当財源の地方負担に反対する意見書」の採決の前に3会派を代表して自民党のT議員が賛成討論をしたのですが、民主党の会派と共同提出であるにもかかわらず、民主党とその政策を高らかに批判しはじめてしまったのです。これにはさすがの民主党の会派も緊急動議を提出し、議会は途中でストップ。早速正副幹事長会議がもたれ、結局民主党の会派が自分たちの立場で賛成討論を改めてすることで事態の収拾が図られました。

 この後の自民党のK議員が「教員免許更新制の存続を求める意見書」への賛成討論において、さらに追い打ちをかけるように民主党の批判をここぞとばかりにしていたので、なおさらヒートアップしたのでしょう。

 本会議が再開されて、各議案について態度を表明する時がやってきました。私は先ほどの「子ども手当財源の地方負担に反対する意見書」や「教員免許更新制の存続を求める意見書」等に関しては賛成をしましたが、「教育公務員特例法の早期改正を求める意見書」に関しては、日教組を批判したい気持ちはわかるのですが、北海道教職員組合や山梨教職員組合、そして民主党の輿石東議員や小林千代美議員など実名が出てきて、しかも疑いの段階でしかない人に対して糾弾するような内容でしたので、もはや政党の党利党略で地方議会をもて遊ぶんじゃないとの思いで、議場を退席しました。すなわち棄権です。

 もう我慢なりませんでした。いつもそうですが、議員が区民のためにどのような条例を作り、事業化や予算化を図るべきかということは考えずに、共産党を除けば、区長のやろうとすることに追随するばかり、そして本会議の議決の時にその時の政局の話を持ってきて、賛成だの反対だの叫んで盛り上がっている。こんな議会、区民が見たら絶対失望しますから。耐えきれなくなって議案を一本、棄権しました。こんなことやっている場合じゃないでしょうと。

 私は決心しました。次の選挙に勝たせてもらえたら、必ず4名以上の会派を結成して、真の議会というものを作り上げようと。すなわち、政党の党利党略を超えた、区民本位の議会を作り上げたいと思います。4名以上のサインがあれば、議会に議員提出議案が出せ、審議してもらえるのです。そうすることによって活発な議論、活発な議会になると思います。なんだかがぜん燃えてきました。

 みなさん是非これからもお力をください。必ず私が理想とする議会改革を実現してみせますから。
コメント

昼食勉強会~堺屋太一講師~

2010年03月25日 | Weblog
 3月25日、本日は雨により駅頭は中止。午前中に豊島区立小学校の卒業式がありましたので、巣鴨小学校を訪れました。朋有小学校は入学式の時におうかがいしようと思っています。

 30名の卒業生が立派にお辞儀をし、来賓や先生方、そして保護者の方々にあいさつをしていました。そしてお別れの言葉も歌を混ぜながら立派に行っていました。先生方の教育の素晴らしさを感じさせてもらいました。巣鴨小学校からは全体の7割の21名が西巣鴨中学校に通うことになったそうです。地域の学校を選んでもらって本当に嬉しいですね。立派な中学生になってほしいと心から願いました。

 終了後、小林興起先生の昼食勉強会に参加しました。講師は堺屋太一先生でした。日本の財政の状況について言及をしていました。そろそろ850兆円の国債を何とかする意思を示さないと大変なことになると警告しておられました。私も同感です。政治家が自分たちの選挙のことばかり考えて、問題を先送りにしてきたつけが表れています。勇気を持った政治家の登場が待たれるところですね。

 夕方はさいたま市まで講演会に参加してきました。久しぶりに平沼赳夫先生のお話を聞いて胸が熱くなりました。明日は本会議で議決の日です。夜遅くなると思いますけど、頑張って賛否を表明します。
コメント

駅頭開始

2010年03月24日 | Weblog
 3月24日、本日は早朝より駅頭を行いました。3月の駅頭の開始です。水曜日ですので、都電向原駅で行いましたが、今日も朋有小学校の児童に会えて嬉しく感じました。子どもってすごいですよね。たいへん元気が出ました。

 午後から北口のある会社を訪問しまして、街づくりや政局のことで意気投合しました。その後、区役所の控室へ行き、正副幹事長会の報告を受けるためにずっと待っていましたが、終了したのが、夕方の5時過ぎでした。それから報告を受けたのですが、追加の議案が提出されまして、今年度中に議決をしなければならないとのことで、26日に一端会期は終了するようですが、29日にその審議をし、その議決を31日にすることになりました。実質会期の延長です。

 いつものように議員提出議案がたくさん提出されています。国に要望書を提出しようという内容のものですが、私は全会派が賛成というもののみを意見書として提出するという方式に変えた方がよいと思います。政局を地方議会に持ち込むことはいかがなものかと思うからです。少しずつ議会のあり方を変えていくべく頑張ります。
コメント

予算委員会最終日

2010年03月23日 | Weblog
 3月23日、本日は午後から予算委員会があり、最終日の今日は各党各会派より意見開陳がありました。今までの審議を受けて意見を表明し、予算案に対して賛成か反対か採決を取る最後のクライマックスです。

 結局平成22年度一般会計予算案を始め、5特別会計は賛成多数により可決となりました。26日が本会議が招集されて、議決をすることになります。この結果を受けて、たぶん反対した共産党さんは反対討論を議場で行うでしょうし、それに対抗して与党を自負する会派は賛成討論をすることになります。私も8日間にわたる議論をほぼ傍聴しましたので、参考にして意思を表明したいと思います。

 いよいよ今年の第一回定例会も終盤になりましたね。最後まで気を抜かず頑張ります。
コメント

早速いろいろと活動しました。

2010年03月22日 | Weblog
 3月22日、本日は午後から、としま未来文化財団主催のまちづくりフォーラムのパネルディスカッションを見学しました。実は文化財団の某氏から、人数が少ないので来てほしいとの依頼を受けていたので参加したのですが、確かに少なめの人数でしたね。でも中身は結構充実していて、街づくりをするうえで大変参考になるものばかりでした。

 パネラーの活動ぶりを拝聴して、途中退席をし、西巣鴨中学校に向かいました。小1の息子の野球の試合観戦です。私が到着した時は9対6で負けていたのですが、守備がなかなかうまくいかず、最終回の表までで12対6にまで差が開いてしまいました。

 敗色濃厚の最終回裏の攻撃、ここから猛攻が始まります。仲町会ブルーストロングスはヒットやデッドボールそしてファーボールなどで得点を重ね、上位打線に回ってきました。そしてチャンスで息子に回ってきたのです。私はここで打てばチームの雰囲気が変わるなと思っていたのですが、息子が打った打球はレフトの頭上を越えて、二塁打になりました。しかも打点付きです。ナイスバッティングでした。この二塁打で、チームは勢いを得て、次のバッターがランニングホームランを打ち、サヨナラ逆転となりました。

 息子は皆から褒められてとっても喜んでいました。今日はお祝いに家で焼き肉バーティをすることにしました。少しずつ自信をつけてこれからも頑張ってほしいですね。私も本当に興奮したし、嬉しかったです。
コメント