ふるぼう知生(ともお)の活動報告

わたくし、古坊知生(ふるぼうともお)の日々の活動を皆さまへお伝えするコーナーです

環境・清掃対策調査特別委員会

2019年01月11日 | Weblog
 本日は環境・清掃対策調査特別委員会に参加し、質疑応答をしました。
 
 今日の報告事項は一件で、「いのちの森」「学校の森」10万本達成記念式典の実施報告のみでした。
 
 豊島区では平成21年から10年間で10万本の植樹をするという目標を立てて、学校や公園、さらには公共施設に植樹をしてきましたが、苗木をお配りした数も含めると10万本をはるかに超えた数になったので昨年の10月にその目標達成記念式典を行いました。
 
 私は、それぞれどんな場所にどれくらい植樹したのか、植樹した木は現在どうなっているのか、豊島区の緑比率は向上したのかなど、たくさんの質問をしましたが、課長の答弁は少し物足りないものでした。
 
 苗木の配布が5万本以上で、学校を始めとした公共施設で8万本以上植樹しているので、10万本を超えているとの予測の下に達成記念式典を行ったということの不確実性さと、植樹された木々については日当たりの関係で枯れてしまったものもあるという残念な報告、さらには緑比率の向上には寄与しないが、緑視率という視点をもって今後研究してみるという、新しい概念を出してきたこと。総じて言えば、とにかく10年間で10万本を植樹するとトップが宣言したので、何とか辻褄を合わせたということが感じられる答弁でした。課長もある意味仕方がないのだと思います。
 
 そのような中で、次の目標は区民一人が一本植樹しようということで29万本の植樹をするということなのですが、さすがに論理が飛躍しすぎではないかと感じました。他の議員からも、もう少し冷静にこれまでの歩みを分析することのほうが先決であるとたしなめられたほどです。
 
 一つのテーマで1時間以上も熱い議論をすることができ、行政のチェックという議会としての本来の機能を少しは果たせた感じがしました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 本日の第二弾 ~駅頭大塚駅... | トップ | 本日の第二弾 ~新年会~ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事