歯科・かずクリニック 院長のつぶやき

歯科・かずクリニックの院長が、歯科に関わることから、
日常のことまで、いろいろつぶやきます。

マウスピース

2019-09-10 07:37:24 | 日記
マウスピース。。

「口の平和!」

という意味ではありません。(^_^;)

この場合のピースは小片という意味ですね。

口の中に入れる小片という意味からの派生でしょうね〜(о´∀`о)

マウスピースというと、ボクシング!

というイメージが昔から強くないですか?

殴られた時に、マウスピースが口から飛び出すシーンを何度見たことか!

んで、現在、マウスピースはボクシングだけのものではなくなっています。

様々なスポーツで装着しているのを見かけるようになりましたね。(^o^)

ラグビーなんかはマウスピースを装着しないと試合に出れないのだとか。

目的は歯列とかの口腔組織の保護ですね。

んで、実はマウスピースにはもう1つの目的があるそうな。

それは、マウスピースを装着することで馬力が上がるそうなのです。(゜ロ゜)

マウスピースを装着することで、いつも以上の力で咬むことが出来、

それが結局、いつも以上の筋力を発揮することにつながるのだそうな。(゜ロ゜)

つまり、パワーアップアイテム。

モンハンでいう、鬼人薬みたいなもんですかね?(^m^)

んで、歯科にもマウスピースがあります。

主に歯ぎしり対策の為のもので、

名前が「ナイトガード」と変わります。

これは寝てる時の歯ぎしりで、

上下の歯がぶつかり合うのを防ぐ為のものです。

つまりマウスピースは用途によって、

「スポーツマウスピース」と「ナイトガード」に別れると思えば良いかもです。(^o^)

起きている時に使うのが「スポーツマウスピース」

寝てる時に使うのが「ナイトガード」ですかね。(^o^)

んで、スポーツマウスピースをどうやって手に入れるか。

話を聞くと何か市販のものがあるそうですね。(゜ロ゜)

せっせと自分で作成して調整するのだとか。。。

私的には、それはあまりよろしくないと思います。(^_^;)

個人個人の口の中はそれぞれ違う訳で、

やはりマウスピースはオーダーメイドで作るべきです。

歯形をとって、模型を作って、

そこで個人にぴったり合ったマウスピースを作るべきです。

つまり、歯医者で作るべきだと思います。

プロがバランスよく調整しますよ。(^o^)

ただ、スポーツマウスピースは保険がきかないんですよね〜(´・ω・`)

スポーツマウスピース用のカラフルなシートがあって、厚みも質感も違います。

自費になるので、病院によって値段はまちまち。

おそらく2万円位のところもあるんじゃないですかね〜

んで、ナイトガードですが、こちらは保険がききます。(^o^)

んで、シートは基本的に透明。

厚みは1mm〜5mmぐらい。

負担金は3000円ぐらい。

んで、目的は先程も書きましたが、

歯ぎしりによって歯が壊れるのを防ぐこと。

んで、ここからがぶっちゃけ話。(^m^)

ナイトガード用シートの厚みにはバリエーションがある訳です。

スポーツマウスピース用のシートと同じ位の厚みのものもある訳です。

それでナイトガードを作ったら、スポーツマウスピースも兼ねるんじゃね?

って思いません?(^m^)

まっ、色は透明になりますが。

スポーツマウスピースとナイトガードでは、シートのカッティングが変わります。

スポーツマウスピースの方が歯茎まで覆う様に、大きくカッティングするのです。

んじゃ、ナイトガードを大きくカッティングしたら問題があるのか?

特に問題はありません。(^m^)

違和感が増すぐらいですかね〜

ただ、アスリートで、歯ぎしりをされる患者さんにお会いする機会はほとんどありません。(^_^;)

歯ぎしりだけの患者さんが多いですね〜

しかし、この前遂に、歯ぎしりをされてる患者さんで、

ゴルフをとても真面目にされてる方がいらっしゃったのです!

んで、ゴルフプレー中にマウスピースを装着してみたいとのこと!(゜ロ゜)

これはやってみるべ〜!( ☆∀☆)

ということで、ナイトガードをスポーツマウスピース風に調整してお渡ししました!

結果は中々良かったとのこと。(о´∀`о)

あと数回試された結果を聞いてみて、

ドライバーの飛距離が伸びたとかあったら、

私も作ります〜( 〃▽〃)


































コメント   この記事についてブログを書く
« 宴再び! | トップ | ヴァイオレット・エバーガー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事