古川FPのブログ「勝手気ままなFP独り言」

古川FPが島根と松江市を中心にクチコミとITを駆使して企業コンサル・地域観光興し・個人家計見直しを、自由に感じたままに!

勝負は時の運・・・Qちゃんの夢は未だ続く

2006-11-21 00:03:51 | 人物
写真の鯉のぼりは、先月の10月気持ちよく泳いでいました

30キロ過ぎQ失速…それでも尚子は走り続ける(サンケイスポーツ) - goo ニュース

丁度昨年の今頃(11月20日)東京国際女子マラソンを見事復活優勝したのは、Qちゃんこと高橋尚子さん。そしてタイムは大会の歴代3位の見事な記録でした。特に東京国際女子マラソンは、国内で有名な他の大阪、名古屋よりタイムがなかなか出ないコースだと言われている所です。2年前のオリンピック選考に漏れ、奮起の勝利でした。今回は、来年の世界陸上大阪大会の出場と併せ2年後のオリンピック出場をも狙ったレースだったと思います。が、しかし・・・結果は、皆さんご承知の通りです。

昨年は嬉しさの余り、このブログの 前身Web日記(ホームページの一部に付属した日記)11月23日「Qちゃんの感動・・・夢」に触れましたが、4つの夢が有りました。1つは子供達のお祭りの期待に対する夢 、2つ目は映画での「天国の青い蝶」のストーリーで人は誰でも叶えたい小さな夢がある。脳腫瘍で余命僅かと宣告された10歳の少年の最後の願いは、憧れのブルーモルフォ(青い蝶)を・・・」そして最後は重い病が治るストーリーで、本当に有った実話だそうです。此処には、夢を諦めない力強い生き方が有りました。3つ目は昨年のNHK大河ドラマ「義経」の一場面で、義経が平泉へ旅立つ前に育ての親、平清盛を尋ねたときに清盛から「おのが夢を掴むためには力がいる」と・・・。そして、Qちゃんの復活Vの事でした。

言い訳をしないQちゃん、結果は結果として、夢を掴むために次へのチャレンジ。その夢は、ただオリンピック出場だけではなく、きっと、再度の金メダルを・・・先の未来のことは、誰も分かりませんが、夢や目標に向かいQちゃんが直向きにチャレンジする姿は、凄く勇気づけられます。笑顔を絶やさずに前進するQちゃんを誰もが自分の事のように、心配し、夢を掴む行程を学ばさせて貰い、人生は順風満帆では有りません、大半の人が谷あり山あり・・・です。夢の設定と夢を掴むための行動と勇気を学び行動したいものですね。

そして、Qちゃんは女性ランナーには珍しい、詩人のランナーだと思います。

夢はかなう

幻冬舎

このアイテムの詳細を見る


Qちゃん金メダルをありがとう

扶桑社

このアイテムの詳細を見る


風になった日

幻冬舎

このアイテムの詳細を見る


にほんブログ村 生活ブログへ













コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 紅葉満開!~一畑薬師~ | トップ | 日本郵政公社、住宅ローン参入! »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました。 (りゅう)
2006-11-23 02:10:42
はじめまして、りゅうと申します。
このたびはTBいただき、ありがとうございました。
こちらの記事を読ませて頂きましたが、とても立派な文章でなんだか私のような記事にTBさせてもよいのでしょうか?と思ってしまいました。

でもホントに、言い訳をしないQちゃんのすがすがしさって、感動しますよね。
「笑顔を絶やさずに前進するQちゃんを誰もが自分の事のように、心配し、夢を掴む行程を学ばさせて貰い・・・」っていうところ、読みながら大きく頷いてます。だからか、あの日沿道からの「Qちゃん!」コール、失速してからも多かったですよね。ついついかっこわるいところを見せたくないって思うのが人情だと思うけれど、Qちゃんはそういうところ見せても堂々としてる感じで、「次、がんばろうっと」なんてけろんとしてる。かっこいいな~って、改めて思いました。
次こそはいい風が吹くことを祈りたいと思います!
TBありがとうございます。 (アスカパパ)
2006-11-23 09:21:14
なるほど、Qちゃんは詩人のランナーですか。ピッタリですね。
かって「お年寄りや恵まれない人たちと共に云々」の言葉を聞いたのは彼女だったかと思います。

彼女はこれからも Going my way を貫いていく事と思います。
今後も共に応援していきたいです。
TB御礼 (ちづる)
2006-11-29 23:54:49
TBありがとうございました。
ひょんなことからリアルQちゃんと隣のテーブルになりましたが、悔しい結果に終わったレースの次の日だったので、きっとお疲れのことと思い、あまり視線を向けないように努力しました。
あんなに細い体で、あらゆる重圧と戦って、なんて気持ちの強い人・・・という印象が残っています。
次回は、彼女の満足がいく結果が残るよう願っています。
TBありがとうございます! (とんかち)
2006-11-30 00:04:37
Qちゃんの完全復活を待ち望んでいます!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

人物」カテゴリの最新記事