古川FPのブログ「勝手気ままなFP独り言」

古川FPが島根と松江市を中心にクチコミとITを駆使して企業コンサル・地域観光興し・個人家計見直しを、自由に感じたままに!

若者のお金の実態を直視しないと、日本は危ない!

2018-05-06 19:25:47 | 経済・子供


プライマリーバランスって?

財政の健全度を表す指標のことです

もう少し説明を加えると

社会保障や公共事業など政策に使う経費を

どのくらい税収で賄えているかを示すそうです

国の場合

歳入(税収や副収入等)-歳出(国債返済費や利払い費を除く)

その結果

プラスなら歳出は歳入の範囲内で

マイナスなら借金をして歳出を賄う状態

そのプライマリーバランスが

バブル崩壊後の1992年度から

毎年国債を発行し借金状態が続いています

現在の状況は先進国の中では最悪のようで

国際通貨基金(IMF)は2023年

つまり5年後になってもGDP(国内総生産)の1.9%・・・赤字だと予想しています





昨日の朝日デジタルには

二十歳の大学生の声が紹介されました

内容は全く同感しますし真実だと思います

では

その大学生の声とは?

「若者の車離れ」「若者の旅行離れ」などの

「若者の○○離れ」と言う言葉が囁かれ

果てには「若者には夢がない、欲がない」と

中には当然その言葉に当てはまる若者もいるでしょうが

若者全員を代表する方向性では有りません

多くは若者が貰う給料がキーポイントです

簡単に言えば・・・

何年か前に戻ってしまった賃金

田舎の島根では大卒の給料が20万を超える企業は?

ごく僅かです!

20万円もらっても給振で実質はいるお金は?

7割前後でしょう?

社会保険料(年金保険や健康保険・雇用保険等)と税金(所得税や住民税)などが

給料の支給額から差し引かれます

さらに労働組合が有れば労働組合費

後は社内積み立てなどが差し引かれますから

ひかれるものが3割だとすると

20万円×0.7=14万円

そこから奨学金を利用していたら

さらに14万円から差し引きます

親元から離れていて借家等の賃貸料を払えば

幾ら残るでしょうか?

公共交通手段が手薄な地方では車は必需品ですが

なかなか大変なやりくりになると思います

欲しくても買えないが実体かも

車を持てば月々のガソリン代や駐車場代

自動車保険に自動車税に夏と冬のタイヤ代と2年おきの車検代等々

そんなこんなで夢など・・・




ではどうするか?

少子高齢化も進み地方消滅の危機も・・・

5月4日の日経新聞の社説には

「将来を直視した柔軟な制度改革を」と題して

かなり色々なヒントが有りました

それには

脱シルバー民主主義への考慮

18から30歳代と40~50歳代と60歳以上の代表議員選出

それも少子高齢化でうから高齢議員が多くなりますので

3区分均等の人数にすれば各世代の声が反映され調整可能か?

さらに

子どもを持つ親には子どもの未来を託すために

大人の票と子どもの未来分も票として投票できれば・・・




そのように若者の意見が入れば

財務省のセクハラ疑惑の官僚と

国会審議で何を聞かれても

記憶にないなどの能力のない官僚に

併せて1億円前後もの退職金が正しいのか?

森友学園の値引きが8億円

その税金を無駄にしたのは誰の責任で誰が弁償するのか?

そんなお金の無駄使いをして

給付型奨学金の少なさは如何なものか?

失策をして国民の税金を多額に消費した

政治家も官僚も弁済できる仕組みを作るなら

憲法改正も・・・






情報元:日経新聞&アサヒデジタル







マネーの達人の新投稿は、皆が気になる医療保険は幾ら入れば安心か?
   

   
FPとしての具体的活動履歴は此方から見られます!(チェック



にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへにほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村



   チェック
   ↓ ↓ ↓
マネーの達人マネーコラム新作を投稿しました!



   チェック
   ↓ ↓ ↓
山陰ケーブルテレビの「旬感おもっせワイド」“老後のお金は いくら必要?”に出演しました!


   チェック
   ↓ ↓ ↓
Webコラム「マネーの達人」へ寄稿中!古川修一のコーナー


   チェック
   ↓ ↓ ↓
アメブロ始めました→此方はデジタル・トイカメラの写真とFPのつぶやきを・「気ままFPフォトメモ」で


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 無策続きで~前日ですが減り... | トップ | 初任給ショック!40万円?... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

経済・子供」カテゴリの最新記事