うっぴっぴっ

     

愛と情緒 コクーン奉納ライブ +白神で思ったこと

2007年11月06日 18時50分28秒 | 音楽 映画
先週木曜日(2007年11月1日)に青森から帰京して、金曜日は片付け、土曜日は葛西の中割天祖神社でのコクーンミニライブへ。
青森、白神についての感想はまた別途。

しかし、白神へ行った時にも思ったのだけれど、結局、何事も愛情や情緒には太刀打ちできないんじゃないか。

白神でガイドをしてくれた白神マタギ舎の小池さんの見せてくれた写真。何よりも愛情に満ちた視線で溢れていて素晴らしい。小池さんは見ている時間が違うんですよ、と言ったけれど、それだけ細やかな視線を注いでいるということ。
お世話になった山の会の山田兼博さんの写真。帰って来てから調べてみたら、冬眠しているヤマネまで山田さんに撮ってもらいたいらしい。
今回、私が白神でそれに匹敵するものを持ち得るとすれば、初めて体験する者の新鮮な驚きぐらいのもんか。
それはまた別途まとめて書きましょ。

さて、今回の葛西でのコクーンの奉納ライブはマイミクまゆ亭さんの夢かなっての地元でのライブ。そういう大きな愛の持つ眼差しには、きっとどんな技術もかなわない。勝手にURL貼付けちゃうけど。
http://cocoon-kasai.cocolog-nifty.com/blog/

蒼硝子さんの写真も、いつも愛に溢れている。

幸い、今の私には苛つく種類の仕事に煩わされることがないので、ゆっくり考えることができるくらい。

うん、そう言われてみれば、うちのダーリンを撮った写真は可愛いと自分でも感心したわん。見せてあげないけど。

で、コクーンの奉納ライブなのだけれど、お祭りなので老若男女様々な方々ががお客さん。「じいちゃん、ばあちゃん」達の「一体、今日は何が始まるんだ?」という戸惑いの空気の中、ライブ開始。

cocoon #1 20071103

cocoon #2 20071103

cocoon #3 20071103

cocoon #4 20071103

2曲目「抱きしめて」が始まる頃には、すっかりお客さん達はコクーンワールドにどっぷり。

cocoon #5 20071103

コクーンの歌には嘘がない。くさいかもしれないけれど、そこで言い切れる強さだと思う。人と向かい合える、自分と向かい合える、自分をそのまんま見せることのできる強さだと思う。だから、人は引き込まれる。

cocoon #7 20071103
(この写真の曲は「抱きしめて」じゃないかもしれません)

この頃、私は、なぜマネージャーのameちゃんは手を叩き続けているのかしらん???と思いながら撮影続行。後でステージ上のモニターがなかったことが判明。聞いている方には全くわからず…。人間、なければないで智慧を絞るもんですね。

cocoon #6 20071103
ゆりちゃん

cocoon #8 20071103
ゆうこさん

最後にはお客さん達も大喜びでライブを終えたのでした。

cocoon #11 20071103
氏子さん達から花束贈呈。

cocoon #12 20071103
恒例のCD販売とサイン会

cocoon #14 20071103
祭といえば演歌。次に出演した演歌歌手のお姉さん

cocoon #15 20071103
出演者と関係者で記念撮影。
城山さんの撮影に便乗。

cocoon #17 20071103
記念撮影とまゆ亭さん(手前)
まゆ亭さん、お疲れさまでした!
ライブ成功おめでとうございます!

最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。