むんみーの落書き

東京の桜は葉桜に、
今度は枝垂れ桜と八重桜

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ワールドトレードセンター

2006-11-02 | 映画・イベントとお出かけ(2009年まで)
2749人の犠牲者。救出された生存者わずか20名。
18番目と19番目に助け出された二人の港湾警察官の奇跡の生還。

事実を忠実に描き出すということは、大切なことである。
派手な脚色はできなかったのだろう。
テロという部分にふれず、
大災害の救出激的になってしまった感は否めない。
しかし、「ユナイテッド93」と同様に結末がわかっているのに、
ラストではやはり涙が出てしまった。
現代ではあまり人の善意に触れることが少なくなってしまったが、
人が他人を思いやる気持の大切なことを改めて思い出させてくれた。

家族に再会したい、妻や子供に会いたい一心が
互いを励ましあい、生き延びる気力をもたらした。
仮に一人だけだったら、生き延びられたかどうか・・・
生き埋めのシーンは、自分がその場にいるかのように
砂まみれで息苦しい感じがした。
ほとんど目と手だけの演技だったがニコラス・ケイジも
マイケル・ペーニャも充分な存在感が感じられた。
マギー・ギレンホールとマリア・ベロも
対照的な妻の役を好演していたと思う。

しかし、多くの家族に二度と会えなくなってしまった人々の
ことを思うとなんとも辛い気持になる。
前の晩に息子を叱ったと言う女性のような人が、
ずい分いたのではないか。
改めて犠牲者の方々のご冥福をお祈りいたします。










コメント (9)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« 犬の日 | トップ | たらこキューピー »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うるうるしたんだけど (ももママ)
2006-11-03 07:17:12
私も、うるうるしてしまったわ~。でも、あの元海兵隊員がイラクへ行ったという文字が出て、しら~っとしてしまった。あの時は、アメリカ中がそんな気持だったんだろうね。
9・11の裏には色々あるらしいって報道もあって、今は考えさせられているのに・・・。その辺がとっても社会派のオリバー・ストーンなのに~と、気になりましたよ。
もう少し・・・ (ふぴこママ)
2006-11-03 21:38:26
極限状況での人々の勇気と善意には、
感動しました。
こんな大惨事を引き起こしたテロは、
許されることではありませんよね。
その辺をもっと突っ込んでほしかったです。
トラバ・コメントありがとうございます (ひらりん)
2006-11-04 03:46:49
ホント、いい役回ってきてますネ・・マイケル・ペーニャ。
ひらりん的には・・・
賞レースで、助演男優賞にノミネートくらいしてあげたいです。
ちょっと今回は、埋まりすぎかもしれないけど・・。
こちらこそ (ふぴこママ)
2006-11-04 09:36:38
二人とも、ご本人たちとよく似た雰囲気が
でていたと思います。
マイケル・ペーニャ、今度は埋まらない作品を~
でしょうか。
TBありがとうございました (ミチ)
2006-11-07 22:11:02
こんにちは♪
この二人の生還には心からおめでとうを言いたいですが、二度と戻る事ができなかった人とその家族の事をついつい考えてしまいます。
これからも9.11はいろんな切り口で映画化されていくでしょうが、見守って行きたいです。
コメントありがとうございます (ふぴこママ)
2006-11-07 22:23:18
多くの人々の大切な命が失われたこと、
残された遺族のことを考えると
あまりのむごさに辛くなります。
確かにこれからいろいろな切り口の作品が
発表されるでしょうが、
911を忘れないようにしていきたいですね。
ありがとうございました。 (えい)
2006-11-15 08:47:13
フォーンの件でコメントいただき、
ありがとうございました。
陽だまりの中、
猫をお膝に乗せて
生きている幸せをかみしめる…
そんな世界が地球を包む日が
いつかくることを願ってやみません。

少しはこの映画に関係した
コメントになったでしょうか?
これからもよろしくお願いします。
ほんとうに・・・ (ふぴこママ)
2006-11-15 21:13:08
テロや戦争のない平和な世界で、
愛する人や猫さんとおだやかに暮らせたら、
と思います。
コメントありがとうございました。
こちらこそ、よろしくお願いします。
こんばんは (はらやん)
2006-11-26 19:16:49
ふぴこママさん、こんばんは。
コメント&TBありがとうございます。

まだ事件から数年しか経っていないので、事件がどうして起こったかということには踏み込みにくいのでしょう。
まだ関係者の記憶も生々しいでしょうし。
事件自体は悪意以外のなにものでもないですが、人を思いやる気持ちを描いたのは良かったかなと思います。

コメントを投稿

映画・イベントとお出かけ(2009年まで)」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

★「ワールド・トレード・センター」 (ひらりん的映画ブログ)
2006.10.07の劇場公開初日のナイトショウ(0:10~)で見てきました。 川崎チネチッタの一番でかいスクリーンだったけど、 夜中にしては、けっこう入ってました。 主演はニコラス・ケイジ。 予告で何度も見てたけど、彼だと気づいたのは、つい最近。 役になり ...
ワールド・トレード・センター (ももママの心のblog)
9・11、無差別テロの際に瓦礫の中で埋もれながらも奇跡的に生還した港湾警察官の真実の物語を映画化。
『ワールド・トレーディング・センター』 (京の昼寝~♪)
勇気そして生還これは、真実の物語。     ■監督 オリバー・ストーン■脚本 アンドレア・バーロフ■キャスト ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、マギー・ギレンホール、マリア・ベロ□オフィシャルサイト  『ワールド・トレーディング・セ ...
映画「ワールド・トレード・センター」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ワールド・トレード・センター」 大惨事から奇跡的に生還した男たちの実話を元に、オリバー・ストーン監督が9.11を描く。 生粋のニューヨーカー、ストーン監督らしく、明けて行く2001年9月11日の朝のNYの描写が美しい。カーラジオから流れる♪♪太陽 ...
「ワールド・トレード・センター」 小さくても力強い善の力を信じたい (はらやんの映画徒然草)
9・11から5年。 まだその時の記憶は生々しく、テロ事件をテーマにしていることも
ワールド・トレード・センター (映画鑑賞★日記・・・)
『WORLDTRADECENTER』公開:2006/10/07製作国:アメリカ監督:オリヴァー・ストーン出演:ニコラス・ケイジ、マイケル・ペーニャ、マギー・ギレンホール、マリア・ベロ、スティーヴン・ドーフ、ジェイ・ヘルナンデスその後、あの家出少女はどうしたのでしょう。  ↑...
ワールド・トレード・センター (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『勇気そして生還―これは、真実の物語。 いま語り継ぐべきなのは ”悲劇”の中に差し込んだ”希望”の光・・・ 支え合って生きること― 人間のあるべき姿を呼び覚ました感動超大作』  コチラの「ワールド・トレード・センター」は、9.11同時多発テロをオリヴァ...
ワールド・トレード・センター (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『勇気そして生還―これは、真実の物語。 いま語り継ぐべきなのは ”悲劇”の中に差し込んだ”希望”の光・・・ 支え合って生きること― 人間のあるべき姿を呼び覚ました感動超大作』  コチラの「ワールド・トレード・センター」は、9.11同時多発テロをオリヴァ...