むんみーの落書き

東京の桜は葉桜に、
今度は枝垂れ桜と八重桜

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レッドクリフ PartⅡ

2009-05-04 | 映画・イベントとお出かけ(2009年まで)
PartⅠを観終えたときから楽しみにいていた後編。
やっと観に行くことが出来ました。

ネットで軽く復習しているうちに気分が盛り上がってきました。
本編の前にも前回の説明があり、相変わらず至れりつくせりです。

慣れない土地で疫病が蔓延してしまった曹操軍。
しかし、死者達を弔わずに卑劣にも道具にしてしまう曹操。
それが原因で疫病に侵される連合軍。

まさに頭脳戦開始です。
予告にも出てくる矢の嵐、戦いは確認や冷静さを失った方が負け。
熱くならないようにと扇子を手放さない孔明、彼の気象を読む才能は素晴らしく魔術師のように言われたようですね。
周喩の味方をも欺く才能は、子どもの頃から鍛えられていたようです。

孔明と周喩の作戦開始の話を聞いてそっと立ち去る小喬。
Ⅰではリン・チーリンがあまりピンとこなかったのですが、Ⅱではしっくりくるようになったと思いました。
勝利の女神ですね。

クライマックスの赤壁の戦いは、火攻めです。
獅堂率いる火薬の部隊も派手ですが、
Ⅰのときも思いましたが楯の陣が面白い。
基本は同じでも東洋と西洋では、楯の形がちがうのも面白いですね。
相当訓練しないと実戦であんなに上手く行かないでしょうね~


最後の派手なアクションが見所でしょうが、孔明と周喩の関係や女性達の活躍も興味深いところでした。





コメント (2)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
« グラン・トリノ | トップ | 町田ぼたん園 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こちらにも・・・ (ミチ)
2009-05-11 23:58:33
本当に至れりつくせりでしたね。
うちの娘なんて、パート1は見ていないのに、その至れり尽くせりのおかげでバッチリ分かったって言っていました。
5ヶ月という間は開いたけれど、パート1もパート2も楽しませてもらいました。
ミチさんへ (ふぴこママ)
2009-05-12 20:32:50
確かにパート1は見てなくても
十分楽しめますよね。
1を見終わった直後から、とても待ち遠しかったです。
三国志初心者でも楽しめました。

コメントを投稿

映画・イベントとお出かけ(2009年まで)」カテゴリの最新記事

9 トラックバック

レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦― (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『戦いは赤壁<レッドクリフ>へ。 連合軍は、絶対絶命・・・激戦は続く。』  コチラの「レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦―」は、昨年11月に公開されて日本でも大ヒットした「レッドクリフ Part I」の続編、前後編の後編なので残念ながらこれで完結となる4...
映画『レッドクリフPart?-未来への最終決戦-』(お薦め度★★★★) (erabu)
監督、ジョン=ウー。脚本、ジョン=ウー、チャン=カン、コー=ジェン、シン=ハーユ
レッドクリフ part2 (Akira's VOICE)
なが~~~い前フリに耐えた先に,見応えが待つ!  
レッドクリフ Part II 未来への最終決戦 (だらだら無気力ブログ)
曹操の荊州侵攻から赤壁の戦い前までを描いたジョン・ウー監督の 『レッドクリフ Part?』の続編。今作ではクライマックスの赤壁の戦いを 描く。西暦208年、曹操は同盟を組んだ劉備・孫権連合軍5万を討つために連合軍が 駐屯する赤壁の対岸に80万の軍勢と2000隻の戦艦を...
『レッドクリフ Part? 未来への最終決戦』  (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「レッドクリフ Part? 未来への最終決戦」 □監督・脚本 ジョン・ウー □脚本 カン・チャン、コー・ジェン、シン・ハーユ□キャスト トニー・レオン、金城武、リン・チーリン、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村...
映画 【レッドクリフ Part ? ―未来への最終決戦― 】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「レッドクリフ Part? ―未来への最終決戦―」 昨年大ヒットした『レッドクリフPart I 』の続編。 いよいよ待ちに待ったパート2! 冒頭にご丁寧な解説があるので、万が一パート1を忘れかけていたとしても大丈夫な親切設計になってます。 パート2に入って...
レッドクリフ Part 2 (Addict allcinema 映画レビュー)
戦いは赤壁へ。 連合軍は、絶体絶命…激戦は続く。 【関連記事】 「レッドクリフ Part I」
「レッドクリフ Part ? -未来への最終決戦-」 歴史に残るスペクタクル (はらやんの映画徒然草)
「レッドクリフ part?」は昨年10月に試写会で観たので、半年間も待ちました。
ジョン・ウーとは何だったのか (RISING STEEL)
この作品が好きな人、ジョン・ウー監督のファンである人は気分を害されるかもしれません 言いたい放題の辛口です レッドクリフ / 赤壁 2008年 中国/日本/アメリカ/台湾/韓国合作映画 監督:ジ...