sekiの徒然日記

旧布野村に週末帰農を始めて18年で遂に解散。今後は尾道からsekiの徒然日記として再スタート。

そば道具の補修

2022-01-12 18:20:23 | 蕎麦打ち
 広島ブログ
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
   旧布野ダッシュ村日記です。

 昨年末ギリギリに、高価な蕎麦切り包丁を買った。

 それで、今年は少し本気で蕎麦打ちやってみようと
思っている。

 豊平流3段位を取ってから10年余りで、すっかり自己
流・我流となっている。

 また長く競技に出ていないのでタイムもルーズ、ここら
で初心に帰らないと我流そのものになってしまう。

 4段位を目指すには歳を取り過ぎたので、そこまでは難し
いがともかくやってみる。

 その準備で、一昨日から蕎麦道具の補修を始めた、まずは
延し板の縁を少し低くする。

 対面にある縁に巻棒が当たっていた。

 それを外して再調整だ。

 調整の結果、麺を巻いた状態で縁に乗るようにした。
 

 大きいサイズの蕎麦を打った時、麺棒が縁に当たるのだ、
それを麺体を巻棒に巻いた状態で縁の上に来るようにする
大工仕事。

 同じく延し板が長く使っているので、延し板に麺がくっつ
いて微妙に凸凹している。

 色々削ってみたが。

 湿らせて削るのが一番だった。

 これをヘラやサンドペーパーで削るのですが、やった結果は
濡れ布巾で湿らせてヘラで削るのが一番だった、これは明日も
続けますが。

 もう一つは鉢のすべり止めを新しくした、こっちも10年選手
なので粉が入って滑っていたのだ。

 新しい滑り止め買って来て、サイズ切る。

 こんな感じで鉢を置く。

 一通り気になっていたところの補修は終わるので、来週当たり
初打ちをやってみるつもりだ。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 押し花 | トップ | 隣保世帯が増えた »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

蕎麦打ち」カテゴリの最新記事