婚活ブログ・結婚なんて簡単じゃね?

横浜の結婚相談所ファニーキープスの婚活コンサルタント&婚活評論家さとうの婚活ブログ。驚きの婚活ノウハウが満載です!

自分の存在を消されたら・・

2018-04-14 | 出来事

某コンビニでのことです。

ここの7は、お金を支払うときに一列に並び、
空いたレジで順番に精算していくシステムなんです。

アタクシも順番で空いたレジに向かい
始めたばかりの冷し中華をカウンターに置き、
財布をスタンバイし精算してくれるの待っていました。

すると、何がどうしたのか非常に不可思議なんですが、
そのレジの60代のオバサンが、ふと横目で列を見て、
「次の方ど~ぞ~」と他のお客さんを呼ぶんです。

え~~~~~~~~~~!!!!

すぐ目の前にアタクシがいるやん!
しかも始めたばかりの冷し中華を置いているやん!

呼ばれたお客さんがレジに来たときに
初めて目の前に立っているアタクシの存在に気づき
「あら」とだけ言って精算を済ませてくれました。

始めたばかりの冷し中華を手渡してくれるときには
「すみません、呼んでしまって」
アタクシの後ろで待ってる呼ばれたほうのお客さん
に対し謝っているんですね。

は~~~~~~~~~~????

俺の存在を完全に消しているやん!
俺には「あら」しかないやん!
(もはや俺になってます)

実は、前にも似たようなことが同じオバサンで
あったんです。

ハンバーグ入り弁当をレンジでチンしてもらい
レジのすぐ脇でチンが鳴るのを待っていたら、
そのオバサンが、「はい?なんですか?」
と怪訝そうな顔して言うわけですよ。

「あの~、さきほどチンが鳴りましたもので・・」
と言うと「あら」とすっかり忘れていた様子で
何事もなかったかのように袋に入れて手渡しました。

このときもアタクシの存在は完全に消えてました

この自分の存在が認識されない感覚は何んだろ~

腹が立つというより、悲しいような、虚しいような。

お見合いなんかでもたまにありますよね

相手の存在を消しているかのような態度を取る人
っています。

何を聞いてもほとんど反応なし。

目も合わせず何もしゃべらない。

自分だけ一方的にしゃべっている。

いきなり帰ろうとする。帰る。

自分だけケーキ食っている。

こんな風に自分の存在を消されてしまった相手は、
悲しくもあり、寂しくもあり、虚しくもあり、
辛くもあり、切なくもあり、惨めでもあるわけです。

そして最後は憤りに変わります

アタクシもオバサン相手に身を持って経験しましたので、
間違いありません。

やっぱりね、
最低限でも相手の存在は認識しなければならないし、
できるだけ興味を持って接することが重要ですよね。

そうじゃなきゃ、人として嫌われちゃうのよ~

あのオバサンに自分の存在を消されたあかつきには
また事細かにご報告します。お楽しみに。

ではでは

ファニーキープスはこんな結婚相談所です!

今日も1回ポチっとお願いします。

『恋愛』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 40代の出会いでは | トップ | 婚活成功の大原則 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

出来事」カテゴリの最新記事