エレキテルの部屋

音楽中毒患者の徒然日記

ストーンズ ロンドン2日目!

2012-11-30 12:21:55 | 日記
セトリはこんな感じだっ!

Get Off of My Cloud
I Wanna Be Your Man
The Last Time
Paint It Black
Gimme Shelter (with Florence Welch)
Lady Jane
Champagne & Reefer (with Eric Clapton)
Live With Me
Miss You
One More Shot
Doom and Gloom
It’s Only Rock’n Roll (with Bill Wyman)
Honky Tonk Women (with Bill Wyman)
Before They Make Me Run
Happy
Midnight Rambler (with Mick Taylor)
Star Me Up
Tumbling Dice
Brown Sugar
Sympathy for the Devil
You Can’t Always Get What You Want (with Youth Choir)
Jumpin’ Jack Flash
(I Can’t Get No) Satisfaction

予想通り、数曲いじってきたね。
更にオープニング曲を入れ替えた!
んで、これまた予想通りのクラプトン参加。
クラプトンよりベックの方がイイな(笑)。

どうせなら、一緒でもイイけど。

んっ?
アウト・オブ・コントロールが外れたゾ(笑)。

やっぱ、すげぇ~観たいっす!
コメント

ジェファーソン・スターシップ来日公演雑記

2012-11-29 20:18:34 | 日記
楽しかったし、
素晴らしかった来日公演。

気付いた点をちらほら。

ポール・カントナーさん71歳。
持込みギターは全てリッケンバッカー製12弦で計4本。
かなりの頻度でギターを換えてた。
不思議だったのが、
交換した直後に本人がチューニングを始めたコト。
そりゃ、ボーヤの仕事じゃないんか(笑)。
因みにボーヤとは、QMSでベースを弾いた人です。

カントナーさん71歳。
2日目のサイケデリックショーでは
タイダイのシャツで登場!
気合い入ってるネ!

ただ、開演前に譜面の準備で
カントナーさん自らがステージに少し出てきたんだけど、
(だから、そりゃボーヤの仕事だよね?)
そん時は普通の爺さんだったな(笑)。

デイヴィッド・フライバーグさん74歳。
スッゲェ、タフで元気な爺さんだっ!
24日公演なんか、最初の2曲(コンスタンティンさんの独演)以降の3時間弱のステージだゾ!
しかも、ボーカル絶好調。
マジ、凄いっす!

トム・コンスタンティンさん68歳。
2日間とも同じアロハシャツで登場!
綺麗な白髪のロン毛なんだけど、
一緒に観てた師匠が
「あれはヅラか?」と(笑)。
よく見たら地毛でした(笑)。
因みにオイラはリックフレアーかと思ったんだけど(笑)。

トム・コンスタンティンさん68歳。
日本語が凄く上手い!
なんかさ、
日本に縁が無かったデッドだけど、
本物メンバーが日本語を話して
更に日本語で歌まで披露してくれたのは
感激だよネ!

トム・コンスタンティンさん68歳。
結果的に2日間でソロとバンドセットを
観せてくれて感激でした!
まっ、初日だけ観た人には
「なんだ、ありゃ?」
って感じでしょうけど(笑)。

しっかし、
デッドヘッズ少なかったなぁ~。
ピアノソロは仕方ないとして
バンドセットは踊ろうよぉ~。
なんで、座って観てんだよぉ~。
確かに短期間在籍のトムさんだけど、
最も重要な時期にいたワケだし、
ジェファーソンやカントナーさんは
ガルシアと密接な関係なんだしさぁ~。
キモックよりも断然重要ライブだと思うゾ!

キャシー・リチャードソンさん42歳。
2日間で全く衣装が違ってたね。
ブーツを履いてたけど、元々背はかなり高いんじゃないかな?
ステージの中央で強烈なインパクトだったからね。
金髪で
美人で
背が高くて
歌がうまくて。

そりゃ、インパクトあるわな。

ステージアクションもブロードウェー仕込みというか
かなりシアトリカルでオモシロかった。

今度は是非
ソロとかビッグブラザース&ホールディングカンパニーでも観たいっす!

リンダ・インペリアルさん(年齢不詳)。
QMSでボーカルを担当したおばちゃん。
フライバーグの奥様です。
おばちゃんとは言え、フライバーグとはかなりの年齢差なんじゃないかな(笑)。
歌はほどほどに上手だったね。
ただルックスは、キャシーさんと比較すると…(笑)。
だから、キャシーさんと一緒に歌ったのが
2日間を通じて1曲のみで大正解だったと思う(笑)。

プレイリープリンスさん61歳。
とにかくナイスなグル―ヴだった!
61歳だぜ!
ハイハット横にセットされたティンバレスがイイ感じだったね。
彼はキャリア豊富で、
ガルシアのバンドやらジャーニーやらニューカーズ(トッドラングレン)やら
もう色々なんだな。
ジェファーソンでのキャリアも割と長いけど
今年の10月頃のジェファーソンのツアーでは別の人が叩いてた。

クリススミスさん(年齢不明)。
彼もジェファーソン歴が長い。
この人のプレイもジェファーソン、QMS共に最高だったな。
ジャズ系もファンク系もブルーズ系もイケる。
こういう人って、イイよね!

ジュード・ゴールドさん(年齢不明)。
病気で離脱のスリック・アギラーの代役。
けど、凄いプレイだったなぁ~。
ほれぼれしたよ。
多分、アギラーよりモダンな要素が多いかも。
実はキャシーさんのバンドのギタリストなのです!

そういや、アギラーさんの病状が深刻らしいね。
また元気な姿を見せてほしいけど…。


あと、
クラブチッタが告知してた
「演奏予定曲」がけっこうハズしたね(笑)。
24日公演はフロイドもボウイもやらなかったし。
2日間ともミラクルズやってないし。

ま、キャリアが長いと難しいね。

カントナーさんを観て、
オイラもあんな爺さんになりたいと
真剣に思いました!

だって、かっこイイもん!

とにかく楽しい来日公演でしたっ!


コメント

アドラーとマッケイガン

2012-11-28 21:33:19 | 日記
ガンズがクラブギグだってネ。

クラブっつっても
体育館くらいデカい会場だから
ホールみたいなモンなんだが。

ロフトとかでやるなら
「クラブ規模!」って感じだけどネ。

あっ、オイラはあの新宿ロフトで
マイケル・モンローを観ました(笑)。

正直な話、
ガンズは1枚目(と自主制作ライブ盤)以外は基本的に
どうでもイイ作品なんだよね。

つまり、
アドラーさん不在じゃダメなワケ。

歴代メンバーを個人的に好きな順に並べると

アドラー
マッケイガン
トレイシーガンズ!
イジー
スラッシュ
バケットヘッド
アクセル
ギルビー

って感じ。

上記に出てこない人は論外。
90年代からずっといやがるディジー・リードなんか
「早く消えろっ!」
ってマジ思うもんね。
ヤツが加入した時から、ず~っと思ってるんだけど(笑)。
つまりね、アクセルはそんなディジーを一度もクビにしてないワケだから
オイラとは全く意見が合わないワケだ。

そんなワケで
今のガンズのライブなんか
ホントにどうでもイイわけ。

んで、
同時発表の
マッケイガン&アドラーのカップリング公演。

コチラは少しだけ迷い中(笑)。

迷いの原因は
「平日公演」なのと、
当初発表された
「アドラーズ・アペタイト」
じゃなくて
「アドラー」
という新バンドに変わったのがネ…。

オイラはアペタイトが観てぇんだ!
前回の公演も行ったし。

アペタイトは
サウンドの要だった
ケリーさんが不在なのは痛いけど
チップズナフがベースなんだよね。

元ミッシング・パーソンズの人(笑)。

通称「チップとデイル」(笑)。

そんなワケで
しばらく悩もうかな、と。

けど、クリムゾンの来日もあったりするから、
多分行かないかな(笑)。

それよりも何よりも
ジェファーソン公演が終わって、
サイケデリックモードから
今度の日曜日の邪悪モード(Mpire of evil)になってんだよな(笑)。

ホンネとしては
明日と明後日のゴングがすっげぇ~観たいけど、
仕事は忙しいワ、財布には500円位しか入ってないワで
それどこじゃないんだけどね(笑)。


コメント

思わず涙…

2012-11-27 18:47:38 | 日記
昨日のブログで
少し皮肉めいたコトも書きましたが、

ようつべにアップされた25日のライブ映像を全て確認して、
思わず泣いてしまいました。

もう、どうにもこうにも
カッコ良過ぎ!

まず。
ミック・テイラー!

もう、そこにいるだけで感動!
キースの横でギターを弾き。
ミックの横でギターを弾き。

その艶のあるプレイは
昔と何も変わらなくて。

かなりデブになったけど、
ブラウンのヘアは昔と変わらなくて。

こんな感動は初めてかも。

その位、テイラーがいるストーンズが好きなんだよね。

あとね、
ビル・ワイマンも良かった!

あの人のプレイも独特のグルーヴでイイんだよネ。

出来れば、
ワールドツアーにも参加して欲しいなぁ~。

夢かもしれないけど。
コメント

ストーンズ 初日セトリ!

2012-11-26 21:03:35 | 日記
速報だよぉ~ん!

1.I Wanna Be Your Man(The Beatles) 世界初演!
2.Get Off of My Cloud
3.It's All Over Now
4.Paint It Black
5.Gimme Shelter(with Mary J. Blige)
6.Wild Horses
7.All Down the Line
8.I'm Going Down(with Jeff Beck!)
9.Out of Control
10.One More Shot
11.Doom and Gloom
12.It's Only Rock 'n' Roll(with Bill Wyman!)
13.Honky Tonk Women(with Bill Wyman!)
14.Before They Make Me Run
15.Happy
16.Midnight Rambler(with Mick Taylor!)
17.Miss You
18.Start Me Up
19.Tumbling Dice
20.Brown Sugar
21.Sympathy for the Devil
Encore:
22.You Can't Always Get What You Want(with the London Youth Choir)
23.Jumpin' Jack Flash

いきなりレア曲からスタートォォ~!
…と、言いたいとこだが
この曲って必要かぁ?

いや、例えばベースをマッカートニーが弾いちゃうとかだったら
すっげぇサプライズだけど、
そういうんじゃないからね。

ついでに言うと、
ジェフベック参加曲も
ストーンズには馴染みの無い
「強引だぁ~」でしょ。
そんなんじゃなくて、
ベックがストーンズに加入する気配があった
「黒と青」からの選曲とか
当初はストーンズ用にデモ録音しつつ
結果的にはボツになり
ミックのソロ作で復活(ベックがギター)した
「LONELY AT THE TOP」なんかだったら良かったのに…。

まっ、そんなもん100%無いけどね(笑)。

全体的には各年代をまんべんなく、って感じだね。
以外なだったのは「アウト・オブ・コントロール」だな。

個人的には好きな曲で
98年のドーム全公演に通った時も
この曲でのミックのアクションが毎日楽しみだった。

今もあのアクションをやってくれてんのかな?

あとは、旧メンバーの参加が超魅力的だね。
ミック・テイラーの1曲参加は勿体無いなぁ~。
けど、在籍年数から考えると仕方ないのかなぁ~。
テイラーが弾く「ギミーシェルター」とか聴きたいなぁ~。
アレはマジでヤバイ感じだったからね。

このセトリは初日だけど、
多分他の日は少し変えてくるとは思う。
そこも楽しみだね!
コメント