エレキテルの部屋

音楽中毒患者の徒然日記

TILT

2011-02-10 21:31:57 | 日記
皆様 お元気ですか?

高校時代に偏差値「24」という素敵な数値をマークしたエレキテルです。

偏差値って、25~75位しか無いと思ってたので、
「24」が出てきた時はかなりビックリ(笑)。

しかもですね、
僕的にはそのテストに自信があったんです。
「今回は出来たぞ!」と。

しかし、結果は「18点」で「偏差値24」。

教科は「政治経済」だったんだけど、
「日本史」を選択した友人は0点なのに「偏差値35」でした(笑)。
う~ん、完全に選択ミス。
勿論、学年でダントツのビリです!

そんな素敵な高校時代だったんですが、
勉強もしないでいったい何をやっていたのか?、と。

TILTというバンドのローディー見習いをやってました!

TILTは1984年結成の名古屋(正確には岡崎)のバンド。
このバンドの凄いとこはライブの本数。
結成から5年未満で500本やってたからね。
デビューじゃなくて結成から、ね。
多い時で年間200本。
だいたい年間で日本をぐるぐると4周くらいするんだって(笑)。
けど、ただライブを数多くやっていた訳ではなく、
経験しなければ成し得ない「絶対にハズレが無いライブ」「キング オブ ライブバンド!」と呼ばれるバンドでした。
当時、業界には「ティルト並み」という言葉があったんです。
意味は「とんでもないライブ本数の過酷なツアー」です(笑)。
今でこそ珍しくないんだけど、
大晦日のライブイベントを東京と大阪でダブルブッキングして出演する、という荒業をやってのけた最初のバンドだと思います。

そんなTILTと僕との出会いというのが、これまた「らしさ全開!」な話でして…。
僕が高校1年の3月に修学旅行で九州に行ったんです。
修学旅行を高校1年生で行っちゃうというのも、どうかと思うんですが(笑)。
その時にTILTも九州をツアー中だったんです。
ただ、ライブの日程と修学旅行の行動パターンが合わずライブには行けなかったんです。
(日程が合えば、ホテルを抜け出すつもりでした!)

しか~し、場所は長崎。
しかも出島!
グループ行動していた僕の視線に「いかにもミュージシャン」という風貌の二人が入りました。
それがTILTのボーカル榊原さんとギターの片野さん。

ヤバくね?   奇跡じゃね?

まさかの遭遇にビックリ。
そこで写真を撮って話をして、関東での再会を誓いました。

で、関東。
余りにも唐突なとこで出会ったのですぐに仲良くさせてもらいました。
そのライブで「ローディー募集」のチラシが配られたんです。
そりゃ、応募するでしょ!

ZIGGYの松尾さんが「プロになるならローディーをやったほうがイイよ!」
って言ってたんですね。松尾さんは鮎川さんのローディーをやってたので。
瀧川一郎さんや菊池哲さんも44MAGNUMのローディーをやってましたし。

なので僕も応募したんです。

しかし、
「高校生はダメですっ!」
と当時の所属事務所に言われました…。

けど、
簡単に諦めるハズもなく。
メンバーに直訴しました。
「関東だけですが、自費でもいいのでやらせて下さい!」

回答は
「勿論、いいよ!っていうか事務所に断られたんだ?高校生は断るなんて話、全然知らないよ。」
というもの。

やった!

本当に凄いバンドだったので、
リハーサルも勿論だけど、本番もステージ横で観て、とにかく勉強になった。

更にライブ本番で共演させてもらう機会まで頂きました。
元々はリハ中に一緒に演奏する予定だったんだけど、
諸事情でリハの進行が遅れてしまって。
で、リハ後に楽屋で
「本番に出ればイイじゃん!」って簡単に言われのよ。
最初は断ったんだけど
「本番に出れる位の度胸が無けりゃ、ダメだぞ!」
って言われて…。

本音はね、凄く嬉しかった。
けど、やはり憧れのバンドだしファンも多いし
「俺が出ていいの?」という気持ちで…。

TILTがステージに出る時に
「じゃあ、後で呼ぶから!」と言い残してステージが始まった。
ステージ横で見てたんだけど、いつ呼ばれるのかビクビクしてたな。

で、アンコールで共演!!
曲はロッド・スチュワートの「HOT LEGS」。
楽しかったなぁ~。

高校生でこんな渋い曲を知ってるのも変なんだけど、
当時、好きなミュージシャンが影響受けたルーツ音楽を聴くのが好きだったんだよね。
HUMBLE PIE,LED ZEPPELIN,FREE,LYNYRD SKYNYRD,FOGHAT…。
今も勿論大好きなんだけど、当時TILTには
「お前、本当に高校生か?」って言われてた(笑)。
逆に僕が「p-funkカッコイイから聴いて下さい」ってテープ渡したこともあったな。

その後、
TILTがアメリカ進出の準備を進めるため、国内での活動を休止しました。
僕も大学受験があったのでローディーはやめました。
本当はもっとやりたかったんですけどね。
ただ、結局TILTのアメリカ進出も僕の大学進出(笑)も実現しませんでした。

まぁ、僕は2年もの潜伏期間を経て大学には行ったんですが(笑)。
何せ、偏差値24を記録する人間ですから、2年はかかるわけです。

僕が浪人してる間にリーダーで僕も色々世話になった片野さんが脱退しました。
ギターが変更して1枚アルバムを作って解散。

解散後は、榊原さんはone eyed trouser snakeというバンドを結成して、
TILT程ではないけど、全国ツアーをやってます。
やはり、体質ですかね(笑)。

ギターの片野さんと大原さんはFREEDOM TRAINというバンドで活動してました。

で、2004年2月14日。
TILTがたった1日だけ地元の岡崎で再結成しました!

そりゃもう、
何があっても行かねば!って感じで。

当日。
会場に早く着きました。
ただ10年も会ってないので普通に外で待ってたんです。

開場時間になって中に入ると榊原さんがいました。
「さっき、外にいたでしょ?まさか埼玉から来るハズ無いと思ってさ。
そしたら、本当にオマエじゃん!良く来たな!」って感激してくれました!

ライブはね、
本当に10年たったのかな?
って位に全くブランクを感じない凄さでした!
ドラムの三井さんなんか解散して以来ドラムを叩いてなかったみたいで。

でも、やはりライブの帝王だな。体が覚えてる。本当に凄いよ!

終演後は朝まで皆で打上げしました。
色々な話も出来た。

「青春の思い出」と言われればそれまでだけど、
あれ以来音楽を全くやめていない僕にしてみると、
あの時TILTから学んだ全ての事が確実に今も生きています。

その後、色々な出会いもあったし、色々勉強してるけど、
音楽活動の原点が「TILT」であった事は本当に誇りに思ってます。

たとえ、高校時代に偏差値が「24」だったとしてもね(笑)。
学校で学ぶこと以上に課外活動で学ぶことが多かったのです。

それでイイじゃん!



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« P-FUNK | トップ | 和製ファンク »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TILTは (通りすがり)
2015-06-14 23:46:51
83年にたいきさんと井村くん他のメンバーで結成です。
TILTは… (Yu-t.)
2015-08-22 20:25:07
元々、岡崎ではなく、 名古屋のBANDです。
榊原さんは、2代目Vo.ですよ。
初代は、メロディアスなサウンドです。
当時は生まれていないので、知りませんが、今は生で何時でも聞けるので絶対間違いではありません。
何故なら、初代Vo.Ryoは僕の父親だからです。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事