サクセス ミニバスケットボールクラブ <男子>

埼玉県川越市のミニバス男子チームを紹介します。練習日・場所等については管理人あてにメールでお問合せください。ヨロシク!

3連休

2018-09-17 22:49:06 | つぶやき
3連休

小千谷での2日間で浴びた刺激☆
大会関係者の皆様ありがとうございました。

活かすことが出来るかは、
一人ひとり、
本人たちの意識次第。

食らいつくこと
集中を高め、全力で頑張りきること

3日目
秋季大会
ブロック予選

課題山積ですが
1位通過となりました。


これも。。。

コメント

再開

2018-09-10 20:51:22 | つぶやき
Bリーグ1部のレバンガ北海道は10日、6日に発生した北海道胆振東部地震の影響で中断していたチーム練習を再開した。午前中は札幌国際大で筋力トレを2時間、夕方からは札幌新陽高で実戦練習を2時間実施。16、17日に稚内で行われるB1中地区・横浜とのプレシーズン戦に向け、選手は元気にコートを走り回った。
 折茂武彦代表兼選手(48)は「バスケットの練習が毎日出来ることを当たり前でないことを再認識した。より、北海道のために頑張っていきたい」。ジョゼ・ネトHC(47)も「これからも北海道の皆さんと一緒に困難を乗り越えたい。コート上でハッスルし戦う姿を見せ、被災された方々に勇気を与えたい」と決意を口にした。
コメント

秋季大会スタート

2018-09-09 23:48:44 | つぶやき
住協カップ・秋季大会スタート@南古谷小
会場チーム、参加チームの皆様、ありがとうございました。

試合結果は〇〇
まだまだ課題あり!

伸びしろあり!です


来週も!!
コメント

北海道胆振(いぶり)東部地震

2018-09-08 21:11:55 | つぶやき
発生以来、ニュースをもとに心を痛め..

会社でも同僚たちとの連絡は携帯の充電を考慮して最小限。

復旧というよりも
手前の状況

まずは出来る範囲で
心身のケアを。



コメント

レバンガ

2018-09-07 23:49:22 | つぶやき
6日未明に起きた北海道胆振東部地震の影響で、今日開幕したアーリーカップの北信越大会への出場を取りやめたレバンガ北海道だが、明日に炊き出しを行うことを発表した。
胸にロゴが掲出されているメインスポンサーのイーグルグループの協力を受け、札幌市厚別区大谷地東4丁目668-33のイーグルタウン2駐車場で11時より、選手によるカレーの炊き出しを行う。選手兼クラブ代表の折茂武彦、外国籍選手のマーク・トラソリーニも参加の予定。
「まだ充分な準備等ができず、あまり数をご用意できない可能性が高いですが、選手たちから『ガンバレ』のエールを直接お届けさせていただきたいと思います。お腹を空かせた皆さま、レバンガ北海道の選手たちからパワーをもらいたい皆さま、ぜひお越しくださいませ」と、クラブは発表している。
コメント

無事

2018-09-06 23:18:45 | つぶやき
9月6日未明に北海道で発生した地震により、現地では大きな混乱が続く中、レバンガ北海道は明日開幕して日曜まで行われるアーリーカップへの参加を取りやめることを発表した。このため、『B.LEAGUE EARLY CUP 2018 HOKUSHINETSU』はスケジュールが変更されている。
今日はチーム練習がメディアに公開される予定だったが中止となり、アカデミーの活動もすべて休止となった。ただ、チームとフロントは全員無事であることが発表されている。
代表取締役の折茂武彦は次のようなコメントを発表している。「移動手段が現時点で確保できず、選手のコンディションなどにも影響があると判断し、欠場を決定させていただきました。今後はいまだ余震が続く中、まずは地元北海道で被害に遭われている方に対し、いち早く被災地の復旧が進められるよう、クラブとして果たすべき役割を一丸となって取り組んでまいりたいと存じます」
コメント

FIBA アジア予選

2018-09-04 23:36:40 | つぶやき
「FIBAバスケットボールワールドカップ2019 アジア地区 2次予選(Window4)」の日本代表予備登録メンバー24人に名を連ねた渡邊雄太(メンフィス・グリズリーズ)が9月4日、自身の公式Twitter(@wacchi1013)を更新。意気込みをつづった。

 同メンバーには八村塁(ゴンザガ大学)も入っており、渡邊は「今回のwondow4に日本代表としてルイ@rui_8mura と一緒に帰ります!」と報告。3日に行われた強化合宿は不参加で「おそらく本当に直前の合流になると思いますが、久々の代表戦すごく楽しみです!! 日本代表として精一杯プレーします!」と、2016年の「FIBA男子オリンピック世界最終予選」以来となる日本代表での出場に意欲を示した。

 8月23日の渡米の際に「代表選手は、誰でもなれるわけではない。代表でプレーするのはすごく価値のあることで、国を背負うプレッシャーもあるけど、それ以上に国を代表してプレーできるという楽しみも大きい」と話していた渡邊。日の丸を背負い、13日にアウェイでのカザフスタン戦、17日にホームでのイラン戦に挑む。
コメント

5日間

2018-09-02 23:40:07 | つぶやき
5日間の宮崎出張。

ホテルがU18野球日本代表と同宿でしたがチラ見程度。

夏休み最後のせいか、帰りの便は満席!!


9月、
いよいよです。
コメント

8人の男子バスケ、試合終了時はコート内に4人

2018-08-28 23:16:45 | つぶやき
「アジア大会・バスケットボール男子」(28日、ジャカルタ)
 5-8位の順位決定戦が行われた。買春行為で4選手が追放され8人で戦う日本代表は、現役NBAプレーヤーを擁するフィリピン代表に80-113で敗れた。
 第1Qは27-27の同点。前半も47-57と粘りを見せた。しかし第3Q開始から連続で11点を失うと、疲労の色が濃くなるにつれミスが増え、足も止まる。NBAキャバリアーズでプレーするジョーダン・クラークソンに22点を許すなど大敗した。
 ファウルトラブルで第4Qに2人が退場した日本は、ラスト40秒で張本が退場。残る選手は5人ちょうどだったが、PGベンドラメが前戦で痛めた足首の状態が悪化したため、そのとき既にベンチで休ませていた。そのまま4人で試合を続行。終了の瞬間も、コートに立つ日本選手は4人だった。
 「最後の40秒で試合は変わらない。自分の判断で、ケガをする選手をコートに入れるリスクは避けた」とエルマンコーチ。会場からは8人で必死に戦い抜いた日本代表へ、温かい拍手が送られた。
 次戦は31日の7-8位決定戦。エルマンコーチは「選手も疲れているので、疲労が出てきたと思う」と8人で走り続ける選手をかばいつつ「でも言い訳にはならない。7位と8位では全然違う。次も挑戦しようと思う」とさらなる奮起を促した。選手は既に満身創痍(そうい)。ギリギリの勝負を強いられている“8人ジャパン”が、なんとか意地を絞りだす。
コメント

3試合

2018-08-20 22:12:27 | つぶやき
日曜、東京で3試合。

勝ち負けよりも
内容重視というだけの対戦。

課題もさらけ出しながら
刺激に溢れる内容



分岐点
コメント