ふなやすさんの数字と戦う生活

転職と同時にブログタイトルも少々変更ですよ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

九回裏ツーアウト二三塁、三点差 九月二十日中日5-2阪神

2005年09月20日 22時11分24秒 | ドラゴンズ・野球全般
 阪神-中日21回戦(中日11勝10敗、18時、甲子園、47、303人)
 中 日 020002100-5
 阪 神 011000000-2
 ▽勝 中田13試合7勝2敗
 ▽S 岩瀬55試合1勝2敗41S
 ▽敗 井川25試合12勝8敗
 ▽本塁打 森野9号(2)(井川)福留25号(2)(井川)谷繁14号(1)(藤川)
ホームランをとれば同点(プレーオフ)ただし三点差で二三塁、確かに物理的には逆転も考えられなくないが相手も抑え投入・・・
今の状態はこんな感じ、
とりあえず今日の勝利は送りバントで1-2塁を2-3塁にしたぐらいか?
最後の粘りになってしまいそうですが・・・

今日の試合自体はいい試合、中田が調子悪いといいながらも好投、森野が先制も取り返されるも福留・谷繁のHRで突き放して快勝、最後の粘りを見せています。
この試合が前の阪神二連戦でできていれば・・・
とりあえず奇跡を起こすにしても明日勝たなければどうしようもないです。
いろいろ考えるのは明日の試合しだいですな。

明日の先発は・・・・かわかm・・・
早目の継投が物をいいそうですね^^;

最後まであきらめない方クリックおねがいします
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 佐藤初先発初勝利 九月十七... | トップ | あ・うん 9月23日中日6-2... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ドラゴンズ・野球全般」カテゴリの最新記事