遍路の心

鮒の里.四国遍路19番立江寺近く.お接待処.民宿

鮒の里

2017-07-16 10:02:46 | 鮒の里
四国霊場八十七番長尾寺。

 お遍路さん、結願目前の長尾寺で静御前の剃髪塚をお参りする。都落ちの義経とわかれ、母の故郷の讃岐で晩年を過ごしたとの伝説がある。義経、頼朝の対立の狭間で、はかない悲しい恋物語である。義経に従ったものの、頼朝の配下に捕らわれ鎌倉に送られる。鶴岡八幡宮で日本一と称された舞を披露する。頼朝の前で静御前は舞い、歌う。「しづやしづしづをだまきくりかえしむかしを今になすよしもがな」。糸を何度も繰り出すように、昔に返る方法があったらな。義経を想う女心を歌に変え、舞ったと言う。四国遍路道、様々な想いで歩いているお遍路さんが多くいると思います。
 しかし、人間どんなことがあっても諦めたらいけない、必ず果報はやってくる。






                               徳島新聞、鳴潮より一部抜粋 


                                       鮒の里より
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鮒の里 | トップ | 鮒の里 »

コメントを投稿

鮒の里」カテゴリの最新記事