SAILIN' SHOES

デジタル一眼、ライカ等でのスナップ写真や、カメラ、音楽、鉄道・車、子育ての日々雑感です。

夏季休暇は関西へ(その17)阪大豊中キャンパスは広くて美しい。

2020-09-19 | 旅行

前日の夜に石橋側から阪大に行ってみて、かなり広いのがかわった。

そこで翌日は正門側の大阪モノレール柴原阪大前から入って石橋に通り抜けることにした。

猛暑だったが天気は最高で、街路の多いキャンパス内は涼しく歩くことができた。

緑は大事だ。

しかし国立大学は広くてイイよなあ。

私の私立大学は上に上に伸びて、キャンパス面積は狭かったから。

それも魅力ではあるけどね。

次に生まれたら国立大学が良いなあ。

3科目しか勉強したくないけれどねw

 

柴原口からは入らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪の街路樹と言えば、キョウチクトウ。

子どもの頃にどんどんキョウチクトウに変わっていった。

それは毛虫が付かないから。

当時は桜は葉っぱが全部無くなるほど毛虫が多かったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが正門。

ここから入る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木陰を歩くので涼しい。

まるで避暑地。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豊中キャンパス以外に吹田キャンパス、箕面キャンパスもあり、それぞれも広い。

3つ合わせると相当広い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん、きれいだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広大な面積だ。

 

 

 

 

 

 

(つづく)

 

 

 

SONY α7Ⅱ、FE3.5-5.6/28-70 OSS

AF4.5-5.6/75-300mm(LA-EA4経由)







人気ブログランキングへ 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 夏季休暇は関西へ(その16... | トップ | 「関西人はなぜ阪急を別格だ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事