SAILIN' SHOES

デジタル一眼、ライカ等でのスナップ写真や、カメラ、音楽、鉄道・車、子育ての日々雑感です。

夏季休暇は関西へ(その15)宝塚歌劇 大劇場へ。夜は長男と夕食。

2020-09-17 | 旅行

神戸電鉄で三田(さんだ)まで来た。

ここでJR福知山線に乗り換える。

私が少年だったころは客車鈍行の走る非電化ローカル線で、旅情満点で楽しい線だったので、

よく乗りに行った。

DD54が客車を牽いてた時代だ。

今やすっかり都市型通勤路線になっているが、あの大事故も有って、福知山線というのは、

誰も知らない人が居ない路線になってしまった。

今でも三田から宝塚の間は山や森や川に沿って走るのだが、すっかり洗練されている。

JR宝塚を降りて、阪急へ向かい、宝塚大劇場へ行ってみる。

駅からすぐかと思っていたら、裏の大きな道路沿いに歩いてしまったので遠かった。

でも裏を歩いたおかげで、本物のタカラジェンヌの普段の姿に遭遇してしまった。

普段着でもタカラジェンヌはすぐにわかる。

何も公演が行われていない日であったが、隣にある新装宝塚ホテルにも寄って涼んだ。

宝塚駅から川西能勢口に行き、能勢電で終点まで行こうと思ったが、長男との夕食の時間が近づいて、

平野で折り返した。

また明日に乗る予定。

石橋阪大前で長男と夕食、インド料理屋だったが、女子高生のグループを除けば、全員阪大生っぽいのであった。

なんと食べることに必死で写真を撮り忘れた!そんなこともあるんだなあ。

食べ終わって別れて、どうせ暇だから夜の阪大キャンパスを散策した。

広大なキャンパスだから一部しか行けなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宝塚歌劇の宝塚大劇場。

国道176号を歩いて向かってしまったので大回り。

でもタカラジェンヌに会った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しくなった宝塚ホテル。

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルの内部。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルの2階。

花のみちを歩いて駅へ戻る。

こちらのルートの方がずっと近い。

 

 

 

 

 

 

 

 

宝塚駅に向かう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗な駅である。

まあ、阪急のルーツだからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川西能勢口で降りて、隣ホームの能勢電に乗る。

 

 

 

 

 

 

 

 

能勢電鉄は昔から能勢電だけど、阪急の子会社である。

でも独自に運営している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終点の妙見口まで行けるはずもなく、平野駅で折り返す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石橋阪大前に到着。

インド料理屋で長男と夕食。

写真を撮り忘れるほどの大きなナン。

夕食して別れて、暇だから阪大キャンパスに向かう。

 

 

 

 

 

 

 

 

国道176号線なんだな。

宝塚大劇場の近くを通る大きな国道。

福知山までは101kmもあるのか。

福知山線で北上したいけれど今回は私鉄ばかりに乗る。

だって私鉄だけのフリーチケットだから。

 

 

 

 

(つづく)

 

 

 

SONY α7Ⅱ、FE3.5-5.6/28-70 OSS

AF4.5-5.6/75-300mm(LA-EA4経由)







人気ブログランキングへ 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 夏季休暇は関西へ(その14... | トップ | 夏季休暇は関西へ(その16... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (タモリ)
2020-09-17 22:01:24
兵庫県や大阪はいいぞ!
Unknown (タモリ)
2020-09-17 22:02:30
新型コロナウイルスに負けるなよ

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事