平成20年度第10回 船橋競馬能力調教試験

2008-12-26 23:47:00 | 能力調教試験
12月26日、平成20年度第10回 船橋競馬能力調教試験が行われました。

毎年、12月になると「寒い」となりますが
まだまだこれから
年内は馬場が凍らないけど、年明けて1月2月は凍るから
・・・という声も

そんな寒さの中、船橋競馬場の名所のひとつとも言えそうな
冬の桜が可憐に咲いています

南船橋からの陸橋で良く見えます

日の出直前
ゴール手前から、奥は幕張方面です。




ここからは試験の様子をお伝えしましょう。
本当は全てを掲載したいのですが、今回はその中から一部をお届けします。

まず、今日は15日に新規開業した矢内博調教師の「初・能力試験」でした。
2歳能力試験に挑んだのは道営未出走で移籍のクラビクトリア
父はロイヤルタッチです。

チャーミングな流星と脚元にもご注目ください
試験の後、「(クラビクトリア)楽しみだよ」と矢内調教師。
開業前には矢野義幸厩舎で技術調教師としてお仕事されていました。
その時に手がけていたライトムーンは開業と同時に”管理馬”に。
「(ライトムーンのことは)ずっと見てたからね」と
ライトムーンの話になるとさらに笑顔。
普段はおとなしくてかわいらしい気性の話になり、
「以前馬房で、わけもわからずライトムーンに怒られましたよ」と言うと、
「うんうん、おとなしいけど、そういうところあるからね。」
でも、牝馬だからあんまり叱らずに・・・とのことでした。

いろいろお話を伺っていて気づくのが
個々に対応は違うのはもちろんですが、
みなさん牝馬の扱いにはさらに気を使っていらっしゃるということ。

矢内博調教師の初出走は大井6日目・そのライトムーンが出走予定になっています

こちらは「顔、かわいいから
と教えていただいて押さえたショットです
佐藤賢二厩舎・サワラバヤシ(父グラスワンダー 2歳牡馬)


確かにとってもキュートなお顔立ち


本物は写真よりずっとずっとかわいいお顔
出走時にはぜひチェックしてみてくださいね

凛々しい名前 タヂカラオノミコト(佐々木清明厩舎)
日本の神話に出てくる力自慢の神様の名前のようですね。
父はトウカイテイオーです。


こちらはかわいらしい名前 ブリリン(父タイキシャトル)
鞍上は椎名廣明調教師
曳いているのは奥さまで厩務員さんでもある、
元船橋競馬場のジョッキー・稲川由紀子さん(旧姓)です



一生懸命な表情で周っていたデルタダート(玉井等厩舎)
(父リンドシェーバー 2歳牡馬)


セイウンスカイ産駒発見
今日現在NARで登録されているセイウンスカイ産駒は22頭。
船橋にはこのシャインビーズ(大友勝利厩舎)1頭が在籍しています。


岩手から転入。ジェベルロバーツ(父ウェイオブライト 大久保福治厩舎)


こちらは笠松から転入のニオウ(佐々木功厩舎 父ブラックタキシード)
母の名、タイジュリエットと聞くと、想い出のある方も多いのではないでしょうか。
写真では分かりづらいですがかわいいメンコを着けての登場でした。


サイアーエフェクト(父フジキセキ 岡林光浩厩舎)


ベルモントガロップ(父オジジアン 出川克己厩舎)


今日の試験にはノムラリューオー(石井勝男厩舎)の姿も


こちらは試験の後の運動シーンです


今日の船橋競馬場は風が強く、体感温度もぐっと下がりました
カイロを持っていたのですがそのあったかさがわからないほど
手が冷たく・・・
そんな風の中でもお花は元気(調教師会ドア横)


現在スタンドの改装工事中です
今日は冷たい風の中、外装の塗装が行われていました。
少しずつきれいになっていく競馬場。
年末の場外発売でもぜひご来場くださいね

浦和 オーバルスプリント(S3)

2008-12-24 22:08:07 | 船橋ケイバ
浦和のオーバルスプリント(S3)に行ってきました。

このレースには船橋から5頭が出走
ナイキアディライトのラストランということもあって
急いで応援に駆け付けたみなさんの姿も

メジャーワールド(山中尊徳厩舎)


コアレスデジタル(川村昭男厩舎)




サミンバリオス(岡林光浩厩舎)


グローリーウイナー(川島正一厩舎)


ラストラン、ナイキアディライト(川島正行厩舎)



表彰式のお花もクリスマス仕様


レース1周目


こちらは戻ったナイキアディライト。
少し離れた場所から見守るのはかつて「同厩舎」だった川島正一調教師です。


明日から大井開催、明後日26日は能力調教試験が行われます。
試験には15日に新規開業した矢内博厩舎からクラビクトリア(2歳能力)が出走予定。
10月の平和賞を制したホッカイドウ競馬・チョットゴメンナが岡林光浩厩舎に転入。
こちらは試験免除となります。


矢野義幸調教師 開業通算200勝達成

2008-12-22 21:36:51 | 船橋ケイバ
12月22日、浦和11Rでのイブキゴルゴ(桑島孝春騎手)の勝利で
矢野義幸調教師(2002年5月開業)が開業通算200勝を挙げました。

船橋開催での矢野調教師(中央)


矢野厩舎といえば、タイガースメンコでお馴染みですね。
所属の本橋孝太騎手の勝負服も黄色と黒


重賞ウイナー・ルースリンドを管理していることでも知られている矢野調教師。
ホテルマンの学校から競馬の道に入り、
紀三井寺競馬でジョッキーとしてデビュー。
船橋での騎手生活の後、2002年5月、厩舎開業。
初勝利は2002年6月12日・故佐藤隆騎手によるジェンツワールドでした。


ルースリンド 2008年2月20日 大井 金盃


ルースリンド 2008年10月9日 大井 東京記念
勝利後のインタビューを受ける矢野調教師


厩舎も黄色と黒


矢野義幸調教師
「こんなに早く200勝できるとは思っていませんでした。
これからもがんばります。」

生中継!ふるさと一番 撮影

2008-12-19 21:59:54 | 船橋ケイバ
12月18日、NHK総合「生中継!ふるさと一番」で
船橋競馬場が紹介されました。
今回の番組のテーマは「100人のハートで守る 競馬場」。

馬券以外の側面、「馬と人の物語」をテーマに
NHKの澗随操司アナウンサー、旅人として登場のガンちゃんこと岩本勉さん
(元北海道日本ハムファイターズ)とともに、
私が案内人を務めさせていただきながら
船橋競馬場の厩舎地区を巡るというものでした。

インタビューで登場したのは佐々木功厩舎・佐々木功調教師と奥さま、
厩務員の菅原さん&ブルージュエル、
川島正一調教師、獣医の戸村敬義先生
厩舎のみなさんも参加して
緊張する中でも楽しい撮影となりました。

打ち合わせ段階から熱心に話を聞き
ちょっとした発言もしっかり心に留めてくださっていた澗随アナ、
親しみやすく楽しい会話でこちらの緊張をほぐしてくださっていた岩本さん、
「このスタッフ誰ひとり欠けても生放送はできないんです」と
最初におっしゃっていたのも印象的でした。
そして、親切に対応してくださった撮影スタッフの方々・・・
日本全国のみなさんに船橋競馬を知っていただける素晴らしい機会を作ってくださったことに
感謝いっぱいでした

こちらは最初の打ち合わせ時のもの。


番組スタッフに馬房や馬の説明をする佐々木功調教師。


こんな風に世話を・・・と馬房に入ってボロの片付けを実践中


打ち合わせの合間の菅原さん
番組中のブルージュエルとのしぐさはまさに日常そのもの
こちらは別のお馬さんですが
ながめている側も楽しくなるシーンでした


番組中、いい仔にして撮影に臨んだブルージュエル
こちらは12月11日、船橋開催時の様子です。
曳いているのはもちろん菅原さんです


女の子らしいキュートなメンコで


佐々木功厩舎のアイドルCHIKOちゃん
NHKのスタッフさんとも仲良しになっていました。
人懐っこくとてもかわいらしいCHIKOちゃん
普段から大切にされていることが伝わる、
疑いのない「うるるん」な瞳です


川島正一厩舎では、戸村獣医が実際に内視鏡検査を行っているシーンが
放送されました。

NHKのスタッフのみなさんとの厩舎での打ち合わせ時には
川島正一調教師が育てているクワガタやカブトムシの話で盛り上がり、
クワガタ小屋も見学。
夏休みの少年風な光景だなぁ・・・と思ったり

今年の夏に来場したみなさんにプレゼントして喜んでいただけたことから
「これからもそういうことに協力したいね」と
お話されていました

番組の終わり、お気づきのみなさんもいらしたと思いますが、
脇田創騎手の姿も
こちらは午前中のリハーサル終了後に撮ったシーン


撮影が行われるとは言っても馬たちのお世話や運動は通常通り。
リハが行われる際中も、お隣の洗い場では馬のお手入れをしていました

スマートプライスと



12月10日からVol.2をお届けしている「SYUN-ME」のフォトエッセイは
今回の番組と連動させたものでした。
テーマに選んだのは「あったかい」。
キャプションには
「全ての馬がここに来るまでに誰かの思いや体温を経てきた存在」
と記しました。

ハートと言えば、
船橋のハート王子タケショウダンデー(山本学厩舎)が
今朝、船橋を発ったそうです。
移籍先はJRAの美浦トレセン。
寂しくなりますが、このハートは忘れずに
新しい場所でも元気で

12月11日 船橋



川崎  全日本2歳優駿(JpnI)

2008-12-17 19:51:51 | Weblog
今日は川崎競馬場に行ってきました。

メインレースは全日本2歳優駿

船橋からはナイキハイグレード(川島正行厩舎)が出走


どろんこの馬場



(写真提供:D様)


(写真提供:D様)

勝ち馬はJRAのスーニでした



明日、12月18日(木)
午後12時20分~43分までNHK総合「生中継!ふるさと一番」は
船橋競馬場厩舎地区からの生中継です。
ぜひご覧くださいね

12月10日1R ビッグフォレスト勝利とジルグリッター☆SYUN-ME表紙撮影

2008-12-15 16:51:58 | 船橋ケイバ
本日午前10時から、消防訓練が行われました。
(撮影:よみうりランド)




12月10日、1Rで勝利したのは2歳牝馬・ビッグフォレスト(山中尊徳厩舎)。
田んぼのような馬場、2着のモンキーマイア(出川克己厩舎)をクビ差凌いでの勝利でした。






ゴール後、とても嬉しそうなオーナーさん。
ビッグフォレストを見つめる視線はお父さんが愛娘を見守るような
あたたかな笑みをたたえていました。
管理する山中調教師も
「あの仔はね、ほんとがんばりやさんなんだよね。
真面目なの、ほんと真面目に走るんだよね。」と・・・
田んぼのような馬場も
「よく走ったね。大丈夫だったね。」
女の子の馬は特に気持ちを感じてやらないと・・・と
以前別のインタビューでもお話されていたのを拝見したことがあります。
ビッグフォレストとも大切に時間を積み重ねて来られたのでしょう
厩務員さんの視線もやさしいですね




「おめでとうございます


この日から場内で船橋競馬の広報誌SYUN-MEVol.2の配布が始まりました。
表紙は南関競馬チャンネルでもお馴染みの半田あいさん
そして岡林光浩厩舎のジルグリッターでした
撮影は10月下旬、岡林厩舎で。
撮影を快諾してくださった岡林調教師、
このためにジルグリッターの馬体をお手入れして待っていてくださった
担当厩務員の小西さんのご協力のもと
無事に撮影することができました。

洗い場で 担当厩務員の小西さんとジルグリッター


撮影後、記念の1枚を


   岡林厩舎のみなさまご協力ありがとうございました。


元気です マキバスナイパー

2008-12-14 00:50:05 | 船橋ケイバ
懐かしい名馬の今をお届けしましょう



だれかお判りになりますか

帝王賞も制した21勝馬・マキバスナイパー
つい最近撮影したものです

元気にニンジンを食べていました


こちらは船橋の誘導馬ちゃんたち
呼び名は人によっていろいろですが
みなさんはなんと呼んでいますか

ほんわかイメージのミルクティーくん


時々「フン」と気合の入る元気モリモリくん


今回写真はありませんが
チョコチップくん(少数派かも・・・多数派はぶつぶつ君)
(高橋華代子さんの南関魂に登場しています)

ミルクティーにチョコチップ・・・
ティータイムのセットのようなネーミングになりました

園田競馬場にはアイドルホース誘導馬のマコーリーがいますね
川崎のおしゃれさんたちも印象的

船橋の誘導馬ちゃんたちは交代でお仕事しているのですが
それぞれの毛色やしぐさを眺めてふと癒されたりもします

開催時にはぜひ誘導馬ちゃんたちの様子もチェックしてみてくださいね

12月船橋開催最終日を迎えます

2008-12-12 01:15:57 | Weblog
12月開催も12日、金曜日が最終日。
船橋競馬場での2008年の開催もフィナーレを迎えます。


こちらは開催3日目、4日目の競馬場でのワンシーンです。

競馬はギャンブルという面と
文化という面を持っています。
”文化”の中に息づくのは、ひとの祈り。
勝てるように
無事に走れるように・・・

今回はそんなシーンをお届けします。

10日のパドックで。
厩舎の応援の横断幕。
その厩舎の所属馬と撮れればよかったのですが・・・

「御守り」が出走馬たちを見守っていました。


無事と勝利を祈る盛り塩


上の写真は3Rの勝ち馬・グランドクリーク(野澤憲彦騎手)でした


ゴール後 戻って来る担当馬を待つ厩務員さんの背中。



高橋利幸騎手の騎乗を待つ間
鼻をなでてもらうヘイセイゴメス(宮下靖旨厩舎)


桑島孝春騎手 12/11 5R 川崎のスキャンダンデイ騎乗。
メインレースで騎乗したドラゴンシャンハイにも同じように手を添えていました。


1本だけ すくっと伸びた枝を見つけました


こちらは調教師さんや厩舎スタッフが厩舎から乗ってきた自転車。
「トンボ」は勝ち虫といって縁起ものと言われています。
競馬場内の池で育ったトンボかも知れませんね。
自転車の持ち主さんはどなたなのでしょう


今、12日の午前1時なので、
厩舎ではもう、”12日の朝”を迎えているころ・・・
11日の夕方は海からの風で潮の香りがしていました

12日は最終レース終了後に騎手のみなさんによる
恒例のムチやゴーグルの投げ入れイベントも
最終日も船橋競馬をお楽しみください

12月開催3日目

2008-12-10 23:55:38 | 船橋ケイバ
船橋競馬も3日目を終えました。

今日は元ジョッキーの赤見千尋さんをお招きしての
トークショーが行われました。
司会は原山実子さん

こちらはトークショー前の赤見さん
親しみやすい人柄でキラキラな笑顔を見せてくださいました
ステキな色合いのコートもお似合い
つい目がいってしまいました


開始前からたくさんのみなさんが集まってくださいました


特別観覧席はクリスマスムードいっぱい。
本日から場内で配布された「SYUN-ME」の第2号でも記事がありますが
特別観覧席は開催中、場外発売時ともに楽しめますのでぜひご利用くださいね

サンタさんから心あたたまるメッセージも




メインレース・クイーン賞の勝ち馬はヤマトマリオン




そして、この日はユキチャンの白さに
誰もがうっとりにこにこな笑顔でもありました
レース後、馬運車の通用門には「出待ち」のみなさんも
改めてユキチャンの存在感を想うシーンでした





12月開催イベントのお知らせと訂正

2008-12-08 10:48:30 | 船橋ケイバ
今日から12月の船橋開催です

12月10日のイベントのお知らせ



以前6R終了後とお知らせした
スタンド1階屋外特設ステージでのトークショーは
7R終了後に変更となりました。

特別観覧席でのイベントは8R終了後に行われます