馬場改修中

2008-10-31 23:49:14 | 船橋ケイバ
ただ今、馬場改修中です。



そのため、調教は内馬場で行われています。


5日の能力調教試験も内馬場で実施
みんな合格できますように

こちらは1600のスタート地点近く。


スタンド1F、本部横のトイレの改修も着々と
朝早くから工事関係のみなさんがお仕事されていました





11月3日は園田競馬場でJBCが行われます。
スプリントにはコアレスデジタル(川村昭男厩舎)、
クラシックにはフリオーソ(川島正行厩舎)が出走

ご声援よろしくお願いいたします

TCKディスタフ 大井競馬場

2008-10-30 15:10:35 | 船橋ケイバ
10月29日 大井競馬場で行われたTCKディスタフ(S3)。

先頭でゴールしたのは岡林光浩厩舎のパフィオペディラム
馬名は母名・シュンランからのイメージで南国に咲くランを表しています。
花名の”パフィオ”はビーナス、
”パディラム”はサンダル、で”女神のサンダル”という意味だそうです
昨年に続いての連覇・大井に勝利の花を咲かせました。

この日の午前中、別件の取材で岡林厩舎にお邪魔した際、
新聞の占いコーナーを見ながら、
「今日は珍しく運勢いいぞ」と岡林調教師。
初対面が揃っているその場を和ませるお気遣いだったのかも知れません
「いいことは信じる、悪いことは気にしない」とお話されていました


鞍上はお馴染みの左海誠二騎手
1番人気に応えての勝利となりました




船橋所属からは7頭が参戦。
ベルモントノーヴァ(出川克己厩舎)



ミスジョーカー(矢野義幸厩舎)


オリビアフォンテン(波多野健厩舎)


パノラマビューティ(松代眞厩舎)


パッションマリー(佐々木功厩舎)


勝ち馬・パフィオペディラム(岡林光浩厩舎)


ヒビキウィン(柿本政男厩舎)


1周目


このレースの直後、大井の空から細かい雨が
それはまるでゴールを待っていたかのように
ライトが照らす中降り注ぐ突然の雨でした。

そんな降り注ぐ雨のパドックを周るのは
最終レース・オフト大郷賞に出走した矢野義幸厩舎のイブキゴルゴ。
桑島孝春騎手を背に2勝目(通算3勝目)を挙げました


7Rで勝利したのはアーサルビー(坂本昇厩舎)
佐藤裕太騎手とのコンビでした。
おしゃれな馬装でひときわ目を惹きました


同じレースに出走していたセンノダンサーズ(佐藤賢二厩舎)
一生懸命な表情で周っていました。
4歳の牝馬です




9R、ひいらぎ特別には船橋のハート王子
タケショウダンデー(山本学厩舎)が出走


近々競馬好きな友人が結婚するので、メッセージカードに写真を使いたいくらいの
おしゃれなハート
来年のバレンタインデーあたり、
全国のハートマークのお馬さんたちが恋のお手伝いをする・・・なんてことも
あるかも知れませんね
鞍上は澤田龍哉騎手でした。


昼間はポカポカ陽気でも、さすがにこの季節、夜の競馬場は冷えました。
ご来場の際にはあたたかい防寒の用意をしておでかけくださいね

今日の締めくくりは昨日の夕方の大井競馬場の空を
よくよく思えば競馬場って空がよく見渡せて日々のリフレッシュにも効果がありそう
いろんなお願い
勝負の神様に届きやすそうですね

10月23日 船橋開催から

2008-10-27 18:51:58 | 船橋ケイバ
開催ごとにパドックを彩っているプランターのお花

今月はストックでした。
花言葉は「豊かな愛、見つめる未来、平和、思いやり」

  
  ん?平和・・・未来・・・だからストックだったのかも?・・・


このストックも馬たちと同じように、
毎日誰かの手を経て育てられ、
生産地からここ船橋競馬場に届けられているんですね


23日 JRA2歳新馬で勝利したのはともにフサイチコンコルド産駒
メイプルビクトリア(岡林光浩厩舎)とウインクバレー(矢野義幸厩舎)でした。

メイプルビクトリア


お父さんが称された「音速」を思わせる脚はご覧のとおり
お母さんはメイプルスプリングです


鞍上は張田京騎手でした。


こちらは2Rの勝ち馬 ウインクバレー。
周っている間は厩舎・トレードマークのタイガースメンコを着用していました
鞍上は本橋孝太騎手。
見送るのは矢野調教師と矢内技術調教師です






4Rで勝利したのは齊藤敏厩舎のスピードマズル。
8歳のセン馬、森泰斗騎手とのコンビでした。


こちらは5R
白くてキュートな芦毛の5歳牝馬・スピアヘッド(渡邊薫厩舎)


7R こちらも芦毛ちゃん・アイノレオ(椎名廣明厩舎)
同じ芦毛でもタテガミの色が違うと印象も変わりますね。
どちらもかわいい
先日、こちらで試験の時の遠くからの写真で「厩務員さんと仲良し」とご紹介しましたね


パドックでも、優しい手が添えられました

鞍上は大井・和田譲治騎手です。

この7Rで勝利したのはビワタケヒデ産駒・ゴルゴン
佐藤賢二厩舎の4歳牝馬・石崎駿騎手とのコンビ


23日のメインは良月特別
パドックから雨となりました
先頭で駆けてきたのはゴールドイモン(出川克己厩舎)
田中力騎手鞍上でした


後半のレース、雨の中でのご声援ありがとうございました
誘導馬ちゃんも、「むぅ・・・」となりながらがんばりました



吉井竜一騎手トークショー 第54回平和賞

2008-10-24 21:33:21 | 船橋ケイバ
10月の船橋開催でのご来場・ご声援ありがとうございました。

22日には地方交流の平和賞(S3)が行われました。
この日はイベントも開催

今回のイベントの目玉は大井競馬・吉井竜一騎手のトークショー


競馬学校の同期のお話、オフタイムのこと、
そして競馬のこと・・・短い中に楽しい内容がギュっと凝縮されたトークとなりました

司会を務めた荘司典子さんも
「楽しいお話いっぱいで、時間があっという間に過ぎてしまいました。
私もとても楽しかったです」と笑顔でした。

特別観覧席での様子。
この後、屋外ステージでも楽しいトークを披露してくださいました。


特別観覧席のイベント会場の壁には吉井騎手の活躍を伝える掲示も


目の前でジョッキーの生の声を聴ける機会はなかなかないのが実情ですが、
これを機会に、大井と船橋の交流を深め、
ファンのみなさんと距離を縮めてさらに応援していただければ・・・
吉井騎手もそんな想いで参加してくださったそうです。
実はこのイベントには船橋の元騎手・秋田実さんのご尽力もあり、
当日はお馴染みの勝負服姿とはまた一味違った、
ステキなスーツ姿で来場されていたんですよ



メイン競走の平和賞はまさかのカンパイ。
仕切り直しでは落馬もあり、波乱のレースとなりました。

2歳のレースということもあって、心配顔で見守るゴール前。
勝利したのはホッカイドウ 堂山芳則厩舎のチョットゴメンナでした。
父はゴールドヘイロー 母はアイシンモナリザという血統です。
「勝ったのが地元の馬でじゃなくてチョットゴメンナさい、です」と
急遽騎乗となった今野騎手もおちゃめなコメントでした。

チョットゴメンナの生産牧場は道見牧場さん。
サンツェッペリン(JRA)の生産牧場としても知られています。



「おめでとうございます」撮影後、祝福の声が




口取り撮影を終えた直後のチョットゴメンナと担当厩務員さん

チョットゴメンナの関係者のみなさま、おめでとうございました。

です。
園田競馬場で行われるJBC(11月3日)の直前トークイベントが開催されます


〔日 時〕 11月2日(日) 18:30~
〔場 所〕 プラザエクウス渋谷(東京都渋谷区宇田川町31-2 渋谷ビーム3F)
〔出 演〕 司会:高橋華代子さん
ゲスト:赤見千尋さん、平松さとしさん

詳細はこちらでご覧いただけます

船橋からはJBCスプリントにコアレスデジタル(川村昭男厩舎)、
JBCクラシックにフリオーソ(川島正行厩舎)が出走予定です

※船橋競馬場のトイレの改修工事についてのお知らせです。
改修後の写真が「船橋競馬を愛する100人の会」のブログで紹介されています。
改修工事は今後も場所を変え、使用頻度の高い場所から着手。
より快適に生まれ変わっていく船橋競馬場楽しみですね

日曜日からの場外でもリニューアル進行中の船橋競馬場をお楽しみください

ヘリオスジョー キングスクロス ナイキチャーミング

2008-10-21 19:51:00 | 船橋ケイバ
船橋競馬開催中です

今日は明後日、木曜日に出走する3頭をご紹介しましょう

ヘリオスジョー(凾館一昭厩舎 父ダイタクヘリオス 母アインステップ)
4歳牝馬です


父ダイタクヘリオスというと「懐かしい!」と思う方も
多くいらっしゃるのではないでしょうか
実は私もそのひとりで、彼が北海道にいた頃には何度も会いにいきました。
現在は種牡馬を引退して青森で暮らしているそうです

青森産といえば、宮下貴明厩舎のキングスクロスも
父はダンツシアトル、母はランズランサー、栗毛の6歳牡馬です。


いつもこの豊かなタテガミに見惚れてしまうパドック

両馬とも、23日(木)5Rに出走します

こちらは春先に撮ったナイキチャーミング(川島正一厩舎)。
お兄さんはあのナイキアディライト
写真は、馬房で厩務員の吉岡さんに遊んでもらっているところ。
壁に隠れてマクヒス(浦和に移籍)に「ココだよ」と言っている吉岡さんに
「ねぇねぇ、ワタシの方も向いて」と
アピールしているチャーミング
まさに「チャーミング」なひとときでした。

ナイキチャーミングは23日の3Rに出走します

明日は平和賞
若駒たちのアツい走り、ご声援くださいね

ジョッキー☆

2008-10-20 20:18:59 | 船橋ケイバ
今日から10月の船橋開催です。


最近気になっていること。

桑島孝春騎手


石崎隆之騎手


それは


山田信大騎手


左海誠二騎手


ジョッキーのみなさんの
ブーツ

そこからチラ見えしている「色」


佐藤裕太騎手


笠野雄大騎手



林幻騎手



江川伸幸騎手



實川純一騎手


田中力騎手


高橋利幸騎手


川島正太郎騎手



澤田龍哉騎手



時々変わっていたりもしますが、
そんなときも「この前と違う♪」なんて思ったり

今日掲載したジョッキー以外も
勝負服に合わせたブーツやネーム入りなど、
みなさんとってもステキな装いでレースに挑んでいます。
写真を整理していつかまた掲載したいと思います

その前に、
今回の船橋開催で、ぜひチェックしてみてくださいね

TCKジョッキーが船橋ケイバで語る!

2008-10-19 09:39:48 | 船橋ケイバ
☆10月開催イベントのお知らせ☆

TCKジョッキーが船橋ケイバで語る!

10月22日(水)
  ☆トークショー
   5R終了後:屋外特設ステージにて
     出演:吉井竜一さん(大井競馬所属騎手(大井騎手会会長))、
        荘司典子さん(フリーアナウンサー、グリーンチャンネル・キャスター)

  ☆競馬グッズプレゼント大会
     7R終了後:屋外特設ステージにて
     抽選ゲーム当選者に、的場文男騎手、内田博幸騎手のサイン入り勝負服、
     大井競馬所属騎手のサイン入りゴーグルほか、競馬グッズをプレゼント。

     出演:吉井竜一さん、荘司典子さん
 

  ☆特別観覧席イベント
     6R終了後:特別観覧席内特設会場にて「トークショー・握手会」を開催します。

     出演:吉井竜一さん(大井競馬所属騎手(大井騎手会会長))、
         荘司典子さん(フリーアナウンサー、グリーンチャンネル・キャスター)
     (特別観覧席イベント主催:よみうりランド)

なお、10月22日に特別観覧席を購入された方には、
特典として、もれなく吉井竜一騎手騎乗のキャニオンロマン号の写真をプレゼント。

たくさんのみなさんのご来場をお待ちしています
ぜひご来場ください




10月開催目前

2008-10-18 11:38:55 | 船橋ケイバ
20日から船橋開催

ここはレースを終えた馬たちが戻ってくる場所です。


こちらのブログでも何度かご紹介していますが、
騎手や厩務員さんたちが振り向いて何かを見ているシーンがありますね

この場所から、場内のビジョンでレースリプレイを確認しているシーンです。
こんなかんじに見えています


1着の場所、そこはまさに「嬉しい勝利」

けれど、2着以下の場所は1着の場所以上に
それぞれの馬や厩舎スタッフ、馬を取り巻くみなさんの
いろいろな想いが交錯する場所なのかも知れません。

嬉しい5着もあれば

悔しい2着もある

レース結果だけを見れば、単純な数字、ゴールした順番であったとしても
その数字にはいろんな意味が込められている・・・

それぞれのレース
順位として付けられる数字は同じでも、それは”同じ”ではない・・・

レース直後、少し離れてこの場所を見ていると
時々そんなことを思ったりもします

こちらは9月開催でのワンシーン
ドット柄のメンコがキュート・オーサンイチバン(渡邊薫厩舎 林幻騎手)


月の雫特別・1着 メイホウホップ(森勇厩舎 浦和・繁田健一騎手)


10月20日から船橋開催。
今回も、念願の勝利、確勝を期しての勝利、
次への光が見えたゴール、
遠い地でその馬に携わった誰かが見つめるゴール、
勝って欲しい、勝てますようにといつも応援している馬が駆け抜けるゴール・・・

数字だけでは測れない”順位”がこの場所を駆けることでしょう


秋空の船橋でみなさまのご来場をお待ちしています


あのメンコの仔☆矢野義幸厩舎ミスジョーカー 出川龍一厩舎シスターエレキング

2008-10-17 00:02:42 | 船橋ケイバ
船橋競馬場にはおしゃれでかわいらしい馬装で出走する馬が
たくさんいます

そんな「装い」を見るのも競馬の楽しみのひとつですね

今回はその中から、「あぁ、あのメンコのお馬さんね」と
多くのみなさんが思い出すような2頭をお届けしましょう。

まずは矢野義幸厩舎のミスジョーカー。

(撮影:2008年9月17日 大井)

タイガースメンコでお馴染みの矢野義幸厩舎。
矢野調教師が大の阪神ファンなのでこの馬装、というのは有名ですね
厩舎にお邪魔するとホースも黄色と黒、ゴミ箱のフタも黄色と黒、
ある厩務員さんがお仕事中に骨折したのですが、
その時の包帯も黄色でした

昨年から牝馬にはこの「虎」の文字入りのメンコが使われるようになりました。
よーく見ると、「虎」の文字のところに、小さな黒い刺繍で
「Tigers」と入っています

このミスジョーカーは父カコイーシーズで道営競馬でデビュー。
10戦1勝の後、明け3歳になってすぐに船橋で走り始めました。
転入してからのパートナーは故・佐藤隆騎手。
生産牧場にいた頃は
ポニーと一緒に放牧され、そのポニーにコキ使われているような
頼りなげなかんじの馬だったそうです。
そんなミスジョーカーですが、ぐんぐん頭角を現し、
3歳の5月にはJRAに参戦し4着。
その年の夏、2006年8月10日の船橋競馬11Rスターペリドット特別で
矢野義幸厩舎の開業100勝目のメモリアルホースとなりました
その後のレースで脚を痛め、手術後約1年の休養を経て復帰。
今年の夏には準重賞の’08クリスタルナイトカップを制し、
9月のトゥインクルレディー賞(S2)でスターオブジェンヌの2着になったのは
記憶に新しいですね。



本橋騎手との相性もいいようで、これからの走りが楽しみな存在。
本橋騎手は佐藤隆騎手のプロテクターを着用していることもあるようです。

3歳時 2006年4月。馬房でのミスジョーカー。


もう一頭は出川龍一厩舎のシスターエレキングです
オレンジ色のこの馬装

(撮影:2008年9月25日 ファビィサドル特別)

このメンコ


インパクト大ですね
兄は活躍中のキャプテンシーオー、天に駆けたエレキング、
弟は先日デビューしたカイゾウエレキング。
そう、揃って船橋っコなんです

彼女の馬房にはエレキングのぬいぐるみがあるとか。
女の子用としてオレンジ色のリボンが結んであるそうです
「仕事が休みの時に馬房に行って
そのぬいぐるみの埃を払うのがボクの仕事ですよ」とオーナーさんが
笑っていらっしゃいました。

この日のレースは4番人気。
桑島騎手を背に2着に4馬身差の快勝
「強かったねぇ~」と迎えた出川調教師も笑顔でした


この勝利で5勝目となりました


こちらはおけいこを終えて洗い場でのシスターエレキング。
5勝を挙げている彼女も、プライベートはかわいらしい女の子ですね

(撮影:O様)
次走もオシャレしての出走予定だそうです

今回は2頭をクローズアップしましたが、
他にもたくさん魅力いっぱいのお馬さんがいます。
それぞれがみな違う輝きを放つキラキラした魅力を抱えながら走っているんですね
レースでの活躍でキラリ、馬装でキラリ、
厩務員さんやジョッキーとのシーンでキラリ・・・

もうすぐ船橋開催
2008年秋の船橋ケイバも楽しんでくださいね


椎名厩舎アイノレオ アイノシリウス 渋谷信隆厩舎 テイエムカモシカ

2008-10-14 22:08:07 | 船橋ケイバ
7日の能力調教試験、とってもとってもステキなシーンを発見しました

試験を終えて厩舎に帰っていくのは椎名厩舎のアイノレオ。
(父アドマイヤコジーン 母アイノビジン)
母方をたどるとグリーングラスがいる血統です。

次の組を待ちながら馬場を見ていたら、
厩務員さんに頭をなでられながら帰るアイノレオの姿が
その後も撫でてもらったり、寄り添って歩いていたり
静かで小さなワンシーンでしたが、心に残るシーンでした。
アイノレオのレースが楽しみです


パドックでのアイノレオ


こちらはアイノレオの父アドマイヤコジーン(2008年8月撮影)
お気に入りの場所なのでしょう。芝が剥げていますね


同じ椎名厩舎のアイノシリウス
(父マイネルラヴ 母キシュウミカン)
鞍上をよーく見ると

椎名調教師自らでした
試験では本多正賢騎手が騎乗して合格です

12日、日曜日に京都競馬場に行ってきました。
ああいう場に行くと、
「元船橋の仔はいるかしら?」と気になるものですが、
この日は川島正一厩舎にいたケルビックが出走していました。

船橋時代、馬房にて


パドック、遠目からになりますが、元気な姿をお届けします。
「これからも元気でね」


今日の締めくくりは9月25日6Rに出走していた
テイエムカモシカ(渋谷信隆厩舎)。
海からの風になびくきれいなタテガミにひとめぼれです