千葉日報賞 カネゼンクラウス

2008-08-31 19:34:27 | 船橋ケイバ
28日、古谷剛彦さんの「船橋競馬コンシェルジュ」の第2回が5階特別観覧席で
開催されました



前回同様多数のみなさまが聞き入る中、
時計の出方、各場の所属馬のクラス別の力関係など
南関東競馬のツボを押さえたわかりやすいトークが展開されました

トーク開始の少し前の様子。
すでにお客さまが待っていました


さて、この開催は不安定なお天気が印象的でもありましたが、
パドックにもこんな水たまりが

鏡のようにしっかり姿が映り込んでいました。
写真はタイガースメンコでお馴染みの矢野義幸厩舎の牝馬・フェンネルです。

馬によってはこの水たまりを怖がり、思わぬ行動を取ることも。
他にはハロン棒の影におどろいて飛びのいたり・・・という話も
時々耳にしますね。

こちらは千葉日報賞のパドック。
雨が強くなりました。


勝ち馬は人気に応えて
出川龍一厩舎のカネゼンクラウス(牡5歳 父マイネルラヴ 母ロストロイヤル)


鞍上は石崎隆之騎手です






「嬉しくて震えが来たよ」と笑顔のオーナーさん。
雨のためにスタンド1Fでの表彰式となりました


関係者のみなさま、おめでとうございます。

8月船橋開催

2008-08-30 13:59:55 | Weblog
降ったり止んだり
時々・・・だったりの不安定なお天気の3日間・・・
8月船橋開催へのご来場ご声援ありがとうございました


開催中はかわいいお客さまもご来場


3日目11R、トマト特別のパドックは

すごい豪雨でした


まだ曇り空だった頃の3日目、5Rを勝利したのはスミノパール(林正人厩舎)
19戦目(うち2着5回)で掴んだ嬉しい初勝利でした
鞍上は田中力騎手
昨年通算15勝に対して、今年はすでに14勝を挙げています




勝負服に合わせた馬装もステキですね


笑顔で迎える厩務員さん


2着だったのはタヤスココヒメ(柿本政義厩舎)
手綱を取ったのは笠野雄大騎手。
馬のタテガミを撫でているシーンをよく見かけるジョッキーのひとりです


10R(B3 C1選抜馬)をレコード勝ちで制したのは
タイヨウガデテキタ(山浦武厩舎)

6月13日の海風スプリントで勝利、
7月開催のウミネコ賞ではゲート入りに5分以上も費やしてしまい、
8月14日の能力調教試験で枠入不良の再検を受けました。
「人間みたいな性格の馬。あの猛暑の中、何度も何度も練習しました。」と
笑顔の山浦調教師。
レコード勝ちは初めてとのお話も。
今回もゲート入りを心配されていたようですが
連日のおけいこの積み重ね、日々の努力が実っての勝利。
嬉しさいっぱいの笑顔の向こうに、費やした時間と想いを垣間見た気もしました。


6月 海風スプリント時のゴール前



8月の勝利も山田信大騎手とのコンビでした


時々稲妻が光っていた船橋の空。
ウイナーズサークルをを背にするはずが、
タイヨウガデテキタがこの位置を選んで?グイグイっと移動
「太陽は出てないけどね」と喜びの口取り撮影となりました。
関係者のみなさま おめでとうございます

船橋競馬2008年1月~7月

2008-08-24 15:47:56 | 船橋ケイバ
8月27日から、船橋競馬開催です

競馬を観ていると1年あっという間という声を聞くことも多いのですが
雪に震えていた2月、猛暑で日陰を探し求めた7月・・・
気がつけば今年の開催も半分以上が過ぎました。

今回は1月開催からの船橋競馬のワンシーンを月ごとに振り返ってみましょう。

1月。
船橋記念当日。表彰式を待つ花束
スタート地点ではそれぞれの馬が発走を待っていました。


勝ち馬 ディープサマー(川島正行厩舎)
この季節のメイン競走の時間帯、晴れていれば冬の陽射しが金色に輝きます
勝ち馬だけがその光を一身に受けて立つ冬のひとときです



2月。
雪が降る中でのレースもありました。


こちらは2月の能力調教試験当日の朝。
寒さは平気とはいえ、
馬服を着て眠る姿はなんだか「さむ・・・」と言っているような・・・



3月。
だんだん光に力強さが出てくる季節。
競馬場も色づきはじめます。
それぞれの馬の帰りを待つ曳き手。


レースから戻った馬たちを迎えるのは早春の光にきらめく緑でした
高知競馬から戻って間もなくのころ。本橋孝太騎手。



4月。
パドックそばの桜を背景に歩く馬の姿は美しく、
観ていて飽きることがありません
サウンドサンデー(松代眞厩舎)


ベルモントオメガ(川村昭男厩舎)



5月。
船橋競馬場のパドックが四季を通じてもっとも彩りにあふれる季節。
ガアベ(阿井正雄厩舎)
父ワカオライデンを思わせるきれいな栗毛です


厩舎地区から内馬場を通って装鞍所へ。
これからレースに挑みます。
ナイキアコーダンス(川島正行厩舎)


6月。
この開催から2歳新馬戦スタート
一番星に輝いたのはチームドラゴン(山浦武厩舎)
緑の中、山田信大騎手を背に戻って来たシーン。


このころから場内に小鳥の姿が・・・
レースも「鳥シリーズ」が行われていますね。
一緒に入場


一緒にスタート待ち


7月。
とにかく暑い
タオルを首に・・・私もそうでした
マッジョーレ(佐々木清明厩舎)


スリーエル(林正人厩舎)
メンコがステキ


以上、7月開催までのワンシーンをお届けしました


8月の船橋開催は27日から29日までの3日間。
みなさまのご来場をお待ちしています

柿本政男調教師 開業通算100勝達成

2008-08-20 15:18:10 | 船橋ケイバ
8月11日、大井競馬5R、スカーレットデイバ(戸崎圭太騎手騎乗)の勝利で
柿本政男調教師が開業通算100勝を達成しました。
 ・初出走   2002年7月15日   船橋 3Rピエールクイーン 8着
 ・初勝利   2002年8月26日   船橋 8Rマイパワー
 ・主な重賞勝ち
  2007年3月28日 第30回京浜盃(トップサバトン)
  2007年5月 9日 第52回羽田盃(トップサバトン)

こちらは6月13日ローズ賞3歳 選抜牝馬で勝利した
テンクウノカゼ(父アフリート 母ミストオブマジック)






8月14日に行われた船橋競馬場での調教試験では
パワーサンシャイン(3歳牡馬 父クリプティックラスカル)と
ストロングライデン(3歳牝馬 父エイシンサンディ)がともに合格
  
これからもご声援よろしくお願いいたします

トーシンブリザード ネイティヴハート・・・夏の北海道から

2008-08-15 21:03:16 | 船橋ケイバ
ただいま、北海道に来ています。
8月の能力調教試験の番組表および、結果をお届けできずに
申し訳ありませんでした。

こちらは2,3日前から雨模様
涼しい日々が続いています。

生産牧場さんは来週から開催されるセールに向けて大忙し
放牧地にはかわいい当歳とお母さん馬の姿。
ほほえましいお馬の親子の光景も来月の離乳まで、あとわずかとなります
1歳は昼夜放牧から馴致へ、
競走馬としてお仕事を覚える毎日へと向かう夏となっています。

さて誰かお解かりになりますか?




海が見える放牧地、のんびりしているのはトーシンブリザード
新冠 白馬牧場さんでの様子です。


引退してもなお、遠くからファンのみなさんが面会に訪れてくれるとか
この日も京都、大宮など遠方からの来客があったそうです。

放牧地からは太平洋が見渡せます


こちらは休養中のアジュディミツオー
リラックスした表情ですね




プリプリ
していたシーチャリオット
アブにイラっとしていたようですが元気そう


新冠でのんびり・・・
こちらはネイティヴハート
(一般の方の見学は不可となっています)


表情がやわらかくなりました


こちらはチームドラゴン(山浦武厩舎)の母コスモバレンシア。
今は当歳と一緒に過ごしています。



今日の締めくくりは産毛がほやほやと抜け始めている
当歳の写真を
まず目の周りから抜け始めるそうです
ツンとした前髪もかわいいですね。
この時期にはもう歯も生えそろっています
競馬場にいるどのお馬さんにも多かれ少なかれ
こんな風な時期があったんですね

東京スポーツ盃芙蓉賞 リュウノキングダム勝利

2008-08-08 18:47:25 | 船橋ケイバ
8月7日、川崎競馬場で行われた東京スポーツ盃芙蓉賞で
齊藤敏厩舎のリュウノキングダムが人気に応えて勝利しました
リュウノキングダムは父スキャターザゴールド 母サンライズグロリア。
生産は北海道の静内、真歌田中牧場さんです

今回も川崎競馬倶楽部さんが写真を提供してくださいました。






鞍上は大井の的場文男騎手










こちらは同じレースに出走していた船橋所属のお馬さんたち

紅一点 ヒデノソニック(矢野義幸厩舎)


ドゥーヌヴァレー(玉井等厩舎)



キングサラディン(川島正一厩舎)


(本日掲載写真:すべて川崎競馬倶楽部提供)

この3頭もこの先船橋競馬、南関東競馬を盛り上げていく3歳馬たちですね

川崎競馬倶楽部さんどうもありがとうございました。

デビュー5年以内 ジョッキー特集!

2008-08-07 17:14:29 | 騎手
今日は船橋競馬所属 デビュー5年以内のジョッキーを紹介いたしましょう

パドックを周る競走馬に最後の1周から騎乗、
その後はゴールまで鞍上で馬との時間を過ごすジョッキー。
よくよく思えば、ファンのみなさんの目の前に姿が現れるのは
1レースにつき、ほんの数分・・・。
もっと少ないかも知れません。
その短い時間の中でみなさんに憶えていただければいいのですが
なかなか難しい・・・

けれど、
これは実際に、競馬場でお会いした、ある騎手の熱烈なサポーターから伺ったお話ですが
その騎手を応援するきっかけになったレースは
特に名前もなく、その方ご自身も地方競馬にもなじみがなかった頃で
今ではどんなレースでなんという名前の馬だったのかも思い出せないけれど、
その時のその騎手の騎乗は今でも心に残っていて
それ以来、そのひとの毎日をキラキラするものに変えたということでした。

そんな素敵な瞬間は今の船橋競馬にもきっとあるはず

今日掲載したジョッキーへも
あたたかいご声援よろしくお願いします


2003年11月デビュー
實川純一騎手(出川龍一厩舎所属)


2003年11月デビュー
高橋利幸騎手(川島正行厩舎所属)


2004年4月デビュー
山口達弥騎手(宮下貴明厩舎所属)


2004年4月デビュー
山下貴之騎手(川島正行厩舎所属)


2005年10月デビュー
本田正重騎手(渋谷信隆厩舎所属)


2006年5月デビュー
本橋孝太騎手(矢野義幸厩舎所属)


2007年5月デビュー
笠野雄大騎手(柿本政男厩舎所属)


2007年5月デビュー
濱田達也騎手(坂本昇厩舎所属) 高知競馬で修行中


2008年5月デビュー
川島正太郎騎手(川島正行厩舎所属)


2008年5月デビュー
澤田龍哉騎手(坂本昇厩舎所属)



コチラは調教師会事務所入り口のガーデニング





南関東4場の馬場

2008-08-03 14:34:19 | 船橋ケイバ
南関東4場をめぐっていると
それぞれの場所でいろいろな発見があるのですが
そのひとつが「砂のちがい」でした。

動きやすく、汚れてもいい靴を履いてはいるのですが
馬場付近では靴が砂だらけになってしまい、
それを落とすのにひと苦労
報道関係のみなさんの中には馬場専用の長靴を履いている方も

今回はそんな4場の馬場の写真をご紹介しましょう。
まずは浦和


こちらは川崎



大井


構造上、浦和と川崎ではあまり靴が汚れません。
大井と船橋では砂が付きますが
ほんのちょっと大井の方が砂が落ちやすような・・・

こちらは船橋


口取りに参加されて、初めて馬場に降りた方が
「こんなに深いなんて!」と驚いていらしたこともあるんです
馬場を走る機会はあまりないと思いますので
例えれば・・・普通の砂浜も乾いているときは走るのが大変。
砂浜よりも粒子が細かい印象、ここを走るにはかなり力が要りますね。

6月開催 麻綿原(まめんばら)特別で勝利した時のキャプテンシーオー
(出川龍一厩舎 父キャプテンスティーヴ 母アンバーウェー)


きれいな白い鼻も砂だらけ。
ここに戻ってくるときはみんなこんな風になっています。


こちらはキャプテンシーオーの半弟、2歳のカイゾウエレキング。
父はトウカイテイオーです
デビューに向けておけいこに励む日々。
追い切りの日も近づいているようです

(写真提供:O様)
母アンバーウェーといえば、同じ出川龍一厩舎に
シスターエレキング(父アグネスデジタル)がいますね
兄エレキング(父スウェプトオーヴァーボード)を憶えている方も多いことでしょう

こちらは7月船橋開催でのワンシーン。
海からの風に砂が舞い上がり、その中を戻ってくる姿がドラマチックでした
7月22日 7Rで勝利
スカーレットオペラ(椎名廣明厩舎 父メイセイオペラ 母マイエルザ)

7月開催 勝利の笑顔特集

2008-08-01 00:06:40 | 船橋ケイバ
7月開催から早2週間。
写真の整理をしながら、開催を振り返ってみました。

なんと言っても7月開催は太陽光線が強烈な真夏
そんな中で、
パドックと馬場付近を行ったり来たりしている途中にすれ違った田中美義調教師
「今日はあったかいね~」とやさしく涼しい笑顔


その時のステキな笑顔は撮れませんでしたが
今回は7月開催での勝利の笑顔特集です

7月21日 1R 2歳新馬で勝利したダイスキ(石井勝男厩舎)


鞍上は桑島孝春騎手です


左に立つのは笑顔の石井勝男調教師。



同じく7月21日。
3Rの2歳新馬で勝利したのは先日こちらでもご紹介した
新規開業山中尊徳調教師が管理するアランフェスロマン。
厩舎開業・初出走・初勝利が2歳新馬デビュー勝ち。

口取り撮影時。
アランフェスロマンの表情に向けられるやさしい笑顔が印象的でした
アランフェスロマンも「がんばったよ」と言っているような


上の写真から30分後、4Rは単勝18,130円、12番人気で
渋谷信隆厩舎のラブファイヤーが勝利しました
脇田創騎手とのコンビ


1着の笑顔はいつもキラキラです



こちらは18日の8R、石崎駿騎手で勝利したマキバジーン(玉井等厩舎)
母はマキバサイレンス 父はキャプテンスティーブです。




玉井等厩舎は22日の犬吠埼特別をジェットコマチで勝利しました


左は玉井等調教師


今日の締めくくりはパドックで見つけて思わずニッコリ
キュートなメンコのお馬さんをご紹介
22日1Rに出走したキクリヒメ(佐々木功厩舎)

キティちゃんメンコが女の子らしくて似合っていました