キタサンミカヅキ NARグランプリ2018 年度代表馬受賞!

2019-01-17 00:07:48 | 調教師会特別記事
昨日、NARグランプリ2018の表彰馬・表彰者が発表されました。

船橋からは、

常にファンの期待を集め、
その思いに応える走りをしたキタサンミカヅキ(佐藤賢二厩舎 馬主:(有)大野商事様)が年度代表馬を受賞
併せて、
4歳以上最優秀牡馬
最優秀短距離馬

も受賞しました。

佐藤賢二調教師は、最優秀賞金収得調教師賞を初受賞。

南関東のリーディングジョッキーとして活躍するだけでなく、
JRAでも勝ち星を重ねた森泰斗騎手が
最優秀賞金収得騎手賞(賞金は地方でのもの)を4年連続4回目の受賞となりました。


佐藤賢二調教師
「キタサンミカヅキは頑張ってくれたから、
もしかしたら受賞できるかなと思っていました。
8歳(明け9歳)だけど、丈夫。
筋肉もりもりで年齢を感じさせない馬ですね。
今年は中央で勝たせてあげたいです」


受賞者・関係者の皆さまおめでとうございました

地方競馬情報サイト NARグランプリの記事へリンク
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ハートビートナイターが開催... | トップ | 開催3日目2R・3R メモ... »
最近の画像もっと見る

調教師会特別記事」カテゴリの最新記事