ヤマノファイト(矢野義幸厩舎) 京浜盃(SII)優勝 

2018-03-30 16:22:46 | 調教師会特別記事
3月28日に、大井で行われた京浜盃(SII)で矢野義幸厩舎のヤマノファイトが優勝しました。




本橋孝太騎手
「人気に応えられてホッとしています。
想定していたパターンに入っていたので焦ることなく乗れました。
(直線はワグナーコーヴが)思った以上に粘られたので、少し焦りましたが、
僕の馬(ヤマノファイト)も最後まで脚を使ってくれたので。

この馬の強味は普段からオンとオフのしっかりした馬で、無駄な力を使わず、
指示にも素直に反応してくれる良い子ですね。
ここにきてパワーも付けて来ていて、馬も良くなってきていますし、
この先もっともっと良くなるんじゃないかと思っています。

羽田盃では今回以上にマークされると思うので、
それに負けないよう鍛えて次に臨みたいと思います。
ヤマノファイトは自在な競馬ができるところが強味だと思います。
羽田盃はそういったことにも注目して、
ぜひ、競馬場で、生のレースを見てもらいたいと思います」


本橋孝太騎手によると、パドックで跨った時、
ヤマノファイトの闘志を感じたそうです。

矢野義幸調教師
「1番人気でしたからね、ホッとしています。
これからも強い馬が出て来ると思うので、気を引き締めてやっていきたいと思います。

体重が重いのは成長分だと思っていました。
この馬はいつもちょっとスタートが遅いんですが、少し遅れて気合いをつけた分が、
1,2コーナーまでかかっていったんで心配もありましたが、
2コーナーで折り合いがつきましたね。
ワグナーコーヴは前走を見ても二の脚、粘り腰がすごくある馬なので、
直線では併せないようにと(本橋騎手に)言っておいたんですが、何とか交わすことができましたね。
羽田盃を万全の状態で臨めるようしっかりやっていきたいと思います。
ご声援よろしくお願いします」




ヤマノファイトは2015年3月1日生まれ、鹿毛の3歳牡馬。
父エスポワールシチー、母ケイアイリード
生産・馬主は沙流郡平取町の山口明彦様。
関係者の皆様、おめでとうございました。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤマノファイト(矢野義幸厩... | トップ | 新年度スタート! »
最近の画像もっと見る

調教師会特別記事」カテゴリの最新記事