藤田菜七子騎手 船橋ケイバに初参戦しました

2016-04-18 06:21:07 | 調教師会特別記事
4月13日、JRAの新人・藤田菜七子騎手が、船橋競馬場で5鞍に騎乗しました

初の船橋競馬場参戦ということもあり、
1Rから重賞レースのような混雑ぶり
パドックもスタンドもぎっしりでした。

活気のある競馬場っていいですね

アタリーナのインフォメーションコーナーには、菜七子騎手の騎乗を知らせるこんなお知らせも



千葉県調教師会会長 岡林光浩調教師
「遠征(前日は金沢で騎乗)もあって大変だと思いますが、来てくれるのは本当にありがたいですね。
菜七子騎手や、根本調教師、関係者の皆さん、ファンの皆さんに感謝していますよ」

パドックは、菜七子騎手の幕をはじめ、マリーンカップ(JpnIII)の出走馬やお馴染みのものなど、たくさんの幕で華やか





この日、菜七子騎手の騎乗馬の関係者の皆さんからもお話を伺いました。

1R エレガントルージュ(3歳牝馬 川島正一厩舎 馬主:吉田照哉様) 8着


5R エメラルウルトラ(4歳牡馬 佐々木清明厩舎 馬主:高橋勉様) 6着


レース前 佐々木清明調教師のコメント
「まずはケガなく乗ってほしいですね。
ゲートが少し気になる馬ですが、
菜七子騎手はスタートが良いからそのあたりも期待したいですね」


6R ルリアンソリデ(4歳牡馬 稲益貴弘厩舎 馬主:野崎優様) 8着


レース前 野崎優オーナーのコメント
「スタートの上手さと、地方でのごちゃついたところもひるまずに行ってくれるのを見て、
菜七子騎手に騎乗をお願いしました。
乗り味の柔らかい騎手が乗ることで、ルリアンソリデの新しい一面が見えたらいいかなと、
そのあたりも期待しています。
人気のある菜七子騎手がせっかく船橋で乗るのだから、
レース全体が盛り上がってくれたら嬉しいですね」



最初のスタンド前




レース後
「たくさんのシャッター音と熱い視線の中にいるルリアンソリデの姿、嬉しかったですよ。
一生懸命乗ってくれましたね」と野崎オーナー

10R JRA交流 ファンシーハルター特別
ハナリュウセイ(5歳セン馬 JRA根本康広厩舎 馬主:グリーンフィールズ (株)様) 競走中止


スタート直後の落馬競走中止。
心配しましたが、大事に至らずひと安心でした。

11R マリーンカップ(JpnIII) ブラックバカラ(5歳牝馬 高知・雑賀正光厩舎 馬主:(株)めばえ企画様) 8着



菜七子騎手の師匠・根本康広調教師のご厚意で、
千葉県調教師会として菜七子騎手からお話を聞くことができました。

「まだ1Rに乗ったばかりですが、船橋競馬場は乗りやすい競馬場だと思います。
でも、勝ちを目指していきたいので、乗りやすい競馬場でも自分の力はまだまだだと思います。
私も頑張りますので、ぜひ競馬場に足を運んでいただければ嬉しいです」

もともとスポーツは得意だったの?と尋ねると・・・

「球技とかはあまり得意ではなくて特に好きではなかったんですけど、
馬は、馬に乗ることだけは好きでした

馬は、と言った後のひと呼吸置いてからの言葉に、
プロとして歩み始めたばかりの”藤田菜七子騎手”の決意を感じたように思います。


気分転換は音楽を聴くこと。
スイーツも食べてますと最後は18歳の女の子らしい笑顔を見せてくれましたよ。


18歳の新人騎手。
あたたかい目で応援したくなる・・・そんな魅力を持つ藤田菜七子騎手でした。

こちらは師匠の根本康広調教師と、桑島孝春参与。
近くでご歓談中のところを撮らせていただきました


今回の菜七子騎手騎乗をきっかけに、初めて船橋競馬場に来場したという方も
たくさんいらしたのではないでしょうか。

これを機会に、またぜひ船橋ケイバ ハートビートナイターに足を運んでいただければ嬉しいです

取材に協力してくださった根本康広調教師、藤田菜七子騎手、どうもありがとうございました

なお、こちらの記事に関しても、通常通り掲載写真および文章の転載は固くお断りいたします。