災害、停電対策 空き缶で作る「薪ガスコンロ」(wood gas stove)

地震発生から1週間が経過しました。いまだに多数の方が避難所で暮らしておられます。電気、ガスが使えない中、たき火で暖を採ったり、煮炊きをされていると思います。少しでも便利に使えるものがないかと探していて、「薪ガスコンロ」(wood gas stove)というのを見つけました。






空き缶で作る薪ガスバーナー Youtube 動画
http://www.youtube.com/watch?v=jQyJQb8fe_g


木材からガスを発生させて、このガスを燃やすという仕組みです。

作り方は簡単で、大小二つの空き缶に空気穴を開け、組み合わせるだけ。内釜で木材を燃やし、発生したガスが外窯と内釜の隙間を通り、内釜の上部に送られ燃焼させる。外部からの空気を効率的に取り込むことがポイントのようです。(小型のモーターなどで空気を送り込むのも可)


焚き火小屋の備忘録 Wood Gas Stove
http://nature21.exblog.jp/13720766/

上記ブログでも手作りされたものが紹介されています。アルミ缶が高温で溶けてしまったとのことなので、スチール缶を使った方がよさそうです。

「Wood gas stove」、「wood gasifier stove」等で検索すると、作り方の動画などが多数見つかります。ぜひ作ってみて下さい。レポートもお待ちしています!


参考
ペンキ等の缶、バケツ等と組み合わせる大きめサイズ
http://journeyofbushcraft.blogspot.com/2010/05/how-to-make-simple-wood-gas-stove-large.html
ジュースの缶で作る方法 詳細な画像あり(pdf)
http://people.morrisville.edu/~ballarbd/Woodgas/WoodgasCampStove.pdf



2011/3/21 更新

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 災害、停電対... 瓦で作る高効... »
 
コメント
 
 
 
燃料をどうするかが課題ですよね。 (焚き火小屋のじいです。)
2011-03-21 12:47:54
コメントありがとうございます。
このストーブ。コンパクトでキャンプ地などでパーソナルユースには使えるのですが、燃料を作ることが結構めんどいのですよ。。一回の燃焼時間が珈琲のためのお湯を沸かす程度なら十分ですけど、食事のための調理にはちょっと難しいです。。
出来たら「ぬか窯」について調べて見ると良いですよ。。
 
 
 
Unknown (mizu)
2011-03-21 15:28:27
早速のコメントありがとうございます。
確かに1人用などちょっと火を使う分にはいいですが、煮炊きには難しそうですね。

避難所などでは、瓦で作るロケットストーブの方がいいですね。
こちらもブログで紹介させて頂きました。すごくいいアイデアだと思います。
ありがとうございます!
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
Copyright (C) 2012 copyrights. enestudy All Rights Reserved.