住職日記

埼玉県八潮市にある真言宗豊山派普門寺の住職が日々の出来事をのんびりアップしていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

こころのたね

2010-06-06 | 声明


昨日は東洋大学で「大般若転読会」~かくして佛の智慧は伝わった~の聲明公演が
あり副住職も出演させていただきました

会場には多数の学生もいて、その中には初めてお経や聲明というものに触れた学生も
多数いたのではないかと思います。

お大師様は著作の中で「誰もが心の中に仏様になれる種を持っている」と説いています。
日々の生活の中で隠れてしまった種に昨日の公演が響いてくれたらと思います
コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 本日は聲明公演(しょうみょう... | トップ | 音大での授業 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (マシュマロ)
2010-06-08 20:33:36
こんにちは。
日常生活に関連づけながら、仏教の言葉をわかりやすく散りばめてあるブログですよね。

副住職の仰る通り、毎日の生活に追われ種は隠れてしまっているかもしれません。

私も撒いた種に花を咲かせるようがんばります!

ところで、”こころのたね”。
とっても素敵な言葉ですね。
Unknown (副住職)
2010-06-11 23:35:31
マシュマロさんコメントありがとうございます!
返信が遅くなり申し訳ございません。

普門寺HPやこのブログがマシュマロさんの種の栄養分になれる様に頑張ります!

「こころのたね」は本来仏教用語で言うと仏種・仏性と言います。
仏教用語は一見難しいですが、本質は「こころのたね」の様な身近なものと思ってもらうとうれしいです!

コメントを投稿

声明」カテゴリの最新記事