ダンナは香椎由宇チャンにゾッコンLOVEです。「女系家族」を見て、こ、こんなかわいい子がニッポンにおるとは…!生きていて良かった、と思ったものです。つまり、一目惚れです。
さて「リンダリンダリンダ」DVDが発売されたこともあり、今日のテーマは香椎由宇ちゃんです。去年の公開当日に駆けつけたこの映画、ぼくは由宇ちゃん目的で、内容には期待していませんでしたが、意外と面白かったのです。自分がバンドをやっていた事もあって、感情移入できる場面もあったし、湯川潮音の歌もよかった(この映画のサントラをプロデュースしたジェームス・イハとCDも出してます)。
それだけなら、一時の熱烈片思いで過ぎ去ったかもしれないこの恋(?)、なんと続きが、それも大コーフンものの!があったのです。
ヨメに誘われて行った邦画「大停電の夜に」完成披露試写会で、なんと!ナマ由宇タンを目撃したのです。座席に座り、すぐに睡眠状態に入っていたら、聞いたことのある好ましい、そして愛らしい声がします。ななな、なぬ~!とバチッと目を開くぼく。なんとなんと、舞台にはサンタクロース姿の由宇タンがいるではないですか~!チェストー!
萌えどころではありません。燃えです。しかも、コスプレサービス付き!由宇タン、最高です、チェストー!
「大停電の夜に」は洋画「ラブ・アクチュアリー」に似たストーリー展開と、日本映画にはなかなかない美しい画面で、最後まで飽きずに見ることができました。
さて「リンダリンダリンダ」DVD買おうか、どうしようか…。ガセかホントか知らないが、オダギリジョーのこともあって、最近恋しさが冷めてはいますが、ここで太っ腹なところを見せるのがサツマヘコの心意気か…。悩むぼくです。



コメント ( 4 ) | Trackback ( 5 )


« トリノオリン... 衝撃のワカメ... »
 
コメント
 
 
 
カワイイ~ (cyaz)
2006-03-22 17:48:08
TBありがとうございましたm( )m



彼女は可愛いですよねぇ! 『ローレライ』に出ていたときはその美しさに驚きました!!

今作は割と彼女の年代に近いものであったし、自分の高校生の頃の想い出と重ね合わせて観てました~♪
 
 
 
べっぴんさんですよねぇ。 (あかん隊)
2006-03-22 23:58:25
TBありがとうございます。『リンダリンダリンダ』は、劇場でも観て、DVDも予約して購入。大好きな映画です。プロジェクターのこけら落とし(爆)に採用しました。彼女は、日本人ばなれした美人ですね。
 
 
 
トラバどうもです。 (Ageha)
2006-03-25 09:40:57
はじめまして。

うちのバル(ダンナ)も鹿児島出身なんですよぉ。

いやこれはどうでもよいですが。



興味のアンテナがあちこちに向いてるので

カテゴリを絞れないブログを書いてますが

またよかったら遊びにきてくださいね。

ただいまFF攻略中にて若干ペースが落ちてます。(爆)
 
 
 
TBありがとうございます! (恋するふくろう)
2006-05-13 18:37:05
香椎由宇チャンのファンなんですね!

あの目つきというか顔立ちは、意思のある美少女、という感じですよね。

映画『ローレライ』も雰囲気ある役でとても良かったですよ♪
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
東京ラブストリー (ぼくの新発見日記/団塊世代の新発見/日替りグッズ)
先日、商用で松山にオフィスのスタっフと出かけました。 商用は思ったより短時間で済ませることが出来たましたので 「せっかく松山に来たので、どこかブラブラドライブでもして帰ろうか」 と話してみたところ、スタッフが 「一度行ってみたい駅があるんですけど・・・」 と言
 
 
 
『リンダ リンダ リンダ』 (京の昼寝~♪)
文化祭前日に、突如バンドを組んだ女子高生たち。コピーするのはブルーハーツ。しかもボーカルは韓国からの留学生!?本番まであと3日。4人の寄り道だらけの猛練習が始まった! ■監督・脚本 山下敦弘■脚本 向井康介、宮下和雅子■キャスト ぺ・ドゥナ、香椎由宇、前
 
 
 
『ローレライ』 (京の昼寝~♪)
 乗員70名 祖国を守るため、彼女を守るしかなかった・・・。  全長110mの艦内で、彼らが描き出した未来とは。 ■監督 樋口真嗣 ■原作 福井晴敏(『終戦のローレライ』) ■脚本 鈴木智 ■キャスト 役所広司、妻夫木聡、柳葉敏郎、香椎由宇、堤 真一、石黒 
 
 
 
リンダリンダリンダ (cococo)
(C)「リンダ リンダ リンダ」パートナーズ 参りました! これは「いい!」です
 
 
 
シャウト!ブルーハーツ。~「リンダリンダリンダ」~ (ペパーミントの魔術師)
バンドをやったことのある人間なら、 この気持ちはめちゃわかる。 帰宅部だった人にも高校時代の思い出がオーバーラップするのでは。 文化祭の屋台のにおい、ステージの盛り上がり、 そんな時代へ自分をタイムスリップさせるような映画だった。 リンダリンダリンダペ・ドゥ.