英会話&中国語会話学習の軌跡

現在は、基本独学な日々です。試行錯誤しながらボチボチやっています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Charlie and the Chocolate Factory(2度目、精読)

2005年10月19日 | ☆読書の記録☆
Charlie and the Chocolate Factory

Harper Children`s Audio

このアイテムの詳細を見る

二度目の挑戦です。1回よりも、2回、2回よりも、3回・・・何度でも読みたくなる、何度読んでも楽しめる作品です。1度読んであると(映画も観てありますが) 理解が更にしやすく、クリアになります。読み落としてたり、勘違いしてた事にも気づいたり、新たな発見があります。

この作品を2回読むことになったきっかけは、MLです。分からないところを丁寧に教えていただけるので、更に「おおおお・・・!そうだったのか!」連発です。

二度目(精読)のれもンのやり方は、2~3ページずつ、もしくは、1章分ずつを、まずザット目を通して、その際、解釈に自信がもてない箇所、さっぱり分からない箇所に鉛筆で記しをつけます。(とりあえず、印だけつけて先に進みます)

ある程度進んだら、また元に戻って、そのチェックした箇所に注意しながら、もう一度読みます。この時、また分からなかったら、直ぐに、分からなかった箇所の少し手前、3行~5行くらい戻って、何度も読んでみます。

注意して読んでみると、単に、単語を見間違えてただけで、(スペルの加減で別の単語と勘違い) 落ち着いて読めば理解できたり・・って事がちょくちょくあります。

しばらく読んで、あーーー、あの人の名字だ・・・とかってのもありました・・・。人の名前がおぼえられない れもン・・

何度も同じ箇所を読んでも、それでも分からなかったり、やっぱり自信がないから、確認したいな・・と思った箇所をMLに質問として送っています。

おそろしく勘違いしてて、全く違う解釈だった事も、数回ありました・・・!

毎回、とても丁寧に教えていただけるので、凄く感謝しています。 
残念ながら、その内容(やりとり)は、お見せできませんが~。

ま、大体、「精読!ハリーポッター」に載せてる内容(れもンがペンパルに教えてもらった事を紹介しているもの)あれを日本語で質問して、日本語で答えてもらっている・・という感じです、雰囲気的には。

・・・話がそれてしまいましたが、気に入った作品は、何度でも読んでみるのも、良い事だと思います。

コメント   この記事についてブログを書く
« 読書、読書の日々 | トップ | むむ・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

☆読書の記録☆」カテゴリの最新記事