甘なつ

大好きな音楽・お笑いについて色々書いてます。

小杉ライブ京橋花月に行く

2011-11-07 07:15:32 | お笑い
10月27日、小杉ライブ京橋花月に行ってきました。

相変わらず、記憶が曖昧なので内容が抜け落ちたり、話が前後したりしてるかも知れません。


さて、今回は満員御礼。
それはいつもの事だったのですが、立ち見が結構いててオオッ!と思ったのですが何だか…?
小杉ライブは今まで立ち見だってあったしおかしくないんだけど…とか思いつつ席につく。

そんなこんなしていると小杉ライブが開幕。

まずはお楽しみのオープニングはタキツバ。
さすがにタキツバまではチェックしてなかったから、曲名までは分からなかった…。

ジャニーズものはよくやってるけど、毎回オリジナルを観てる気持ちに。

しかし小杉はマヨブラジオでダイエット企画やってもすぐに元に戻っちゃうのは何故?
健康を気にしてしまう同世代、そしてファンとしては心配しつつPVを見て笑ってしまう。

トークは確か…小杉家お引っ越しをする話だったと思う。
この辺があやふや、でもこの話はしてました。

現在東京と大阪で別居中の小杉とお嫁さん&子供ちゃん。
そんな二人を新居に迎える為に、忙しい中お引っ越しを敢行する小杉。
しかし引っ越しの手順を間違えてしまい、2つ家を借りてるのに寝る場所がなくてホテル住まいをする羽目になってしまったそう。

しかもホテルアイビスが満室の為、1泊1万以上する小洒落た仕様のホテルに宿泊。

服やカバンも荷造りしてしまったので、着の身着のままのラフ過ぎる格好でホテルへ向かうと、周りはビジネスマンやら旅行に来たカップルしかいなくて浮きまくる小杉。

その時の自分は「家を追い出されて仕方なくやってきた人」みたいで、
ホテルの受付でも「大丈夫ですか」と聞かれたと嘆く。

それでもしばらくホテル仮住まいが続くそうだ。


次は小杉さんぽ。
今回は過去の写真と現在の写真を織り混ぜてあれこれお喋り。

ひらパー兄さんの初期と現在のケータリングや楽屋、お引っ越し風景などなど。
ひらパーの現在のケータリングは色んなお菓子やら飲み物やら楽屋花も豪華。
初めての撮影時の写真と比較したら、楽屋は寂しくパイプ椅子、お手製のおにぎり3コ。そしてまばらな楽屋花。
見比べながら、CMが好評なおかげで待遇が大分良くなったと笑う小杉。


そしてゲストとトーク。

呼び込みで入ってきたのは、何と盟友・チュートリアル徳井義実。

沸き起こる歓声に「うちのゲストはダイアンとつばさきよししか来ないからなぁ」と小杉。
確かにダイアンは二桁超えの出演、つばさきよしもよく出てる。
歯抜けな感じで行ってる私ですら行く度にどっちか観てるなぁ。

「小杉ライブのゲストはシークレットやのに、お前普通に告知しとったやろ!」と怒る小杉をしれっとかわす徳井。

そうか、だからこんなに立ち見に女子多かったのか。何だか納得。

今日は小杉の奥さんと子供ちゃんが楽屋に来ているそうで、「小杉の子供めっちゃかわいい!目があったらニコ~ッて笑うねん」と徳井。

徳井の発言に「もうええやんけ」とテレ笑いの小杉。

「せっかく徳井がやってきたし、こうやって話す機会も中々ないという事でこの際聞いてみたい事を聞く」と話したいテーマを出して話す事に。

小杉からの質問は「今、やってる番組の中で楽しいのは?」

この問いに「小杉はどれやねん」と逆に徳井から言われて一緒に考える二人。

小杉のレギュラーはマヨブラジオ、このトラ、怖い女、アツアツッ!、ウラマヨ、ホンマでっかTV、ビーバップハイヒールなど。

徳井は冒険チュート、このトラ、しゃべくり、土曜マルシェ、芸能Bang!、キョートリアル、ビーバップハイヒールなど。
あと今期はNHKでのドラマもあったり。

お互いに、色々考えて徳井は「楽なのは“このトラ”かな」と。

「何だかんだいっても井上が仕切ってくれるしなぁ、アイツの子供あやしてるのを待つ“あやし待ち”があるけど」

どうやらロケ先にいる素人の子供を見かけると、カメラ回ってなくてもあやしに行ってしまうので、3人が井上待ち状態になるらしい。
それを聞いて「何やねんそれ!」と笑う小杉。

小杉いわく、このトラ大阪チームは待ち時間にロケバス内で、他の地域でやってるこのトラを見てるらしい。
「だからブラマヨがやってるやつ知ってんで」と徳井。
「元気やなぁ、このトラのロケは朝早いからバスでは寝てるわ。
自分テレビ好きやなぁ」と少しあきれる小杉。

そんな小杉はマヨブラジオかなぁと。
テレビでやってるけどラジオみたいなもんやと。
好きに喋らしてくれるのがいいと。

次は「福田が病気になった時どう思った?」と小杉からの質問。

福ちゃんが病気で休んだ時に、意外にも徳井も小杉も正直よかったと思ったそうで。

毎日ベロベロに酔っては記憶を飛ばす呑み方をしていたらしく、その姿を見ては「あんな呑み方したらあかんで、あれはヤバい!」と思ってたそうだ。

病気をしたのは、身体が自然にストップをかけたのだと。
いきなり死んじゃうとかじゃなくて、ちゃんと手前でストップかかってよかったなぁと思ったそう。

心配はあったけど症状聞いて「これでよかった」「安心した」という気持ちが近い人間にはあったみたいですね。

そんな徳井くんが、福ちゃんの見舞いに一度も行かなかったのも、療養したらちゃんと退院して仕事復帰できると分かったからと話していた。

「一人で仕事するってどう?」と小杉に聞かれて「新鮮やったなぁ」と思い返す徳井。

「17年ぐらいずっと仕事をしてきて、こんな長い間相方と顔を合わさず
仕事をするって事がなかったから、福田が復帰した時に顔を合わせら
気恥ずかしいと言うか不思議な感覚やった」と語る徳井。

以前アツアツで中川家がゲストの時に、「もし相方がそんな病気したらどうする?」と礼二に聞かれた小杉が、
「治る病気なら、自分が元気でいれる間はブラマヨの名前を守りたい」と言った事を思い出した。

徳井もそんな気持ちだったのかなとふと思った。

逆に徳井から「手応えあった仕事は?」と聞かれた小杉は
「今の仕事は行く側でなく迎える側やから、手応えという意味ではそれこそロンハーやお試しかっ!などの方が感じていた」と。

ビシッと決まった時には鼻息荒くなるほどだったそう。

「オレやったなぁ、今日はバシッと決まったなぁ」

満足できる仕事をした帰りは、家の少し手前でタクシーを降りて歩きながら、その日の仕事を振り返っては噛み締めてニヤニヤしたりしていたそう。

徳井はブラマヨの仕事ではホンマでっかTVが羨ましいと。
ビーバップみたいに隔週で出たいと言う徳井。

「あれは先生達とさんまさんの番組やから」と小杉。
自分も声張って頑張っているが、家でTV見て自分で自分に「あぁ、コイツうるさいなぁ」と思ってしまうそうだ。

小杉のひらパー兄さんも羨ましいと徳井。

「嘘やん、そんなん話来てもやらんやろ」と言う小杉に
「あんなキャラができたらええよなぁと思うから、話が来たら受けたいわ」と。

「生駒山上遊園地兄さんとか、関西サイクルスポーツセンター兄さんとかやるよ。
ただひらパーみたいにゴロが良くないなぁ。
エキスポ兄さんとか、ファミリーランド兄さんとかなぁ、エキスポランドや宝塚ファミリーランドがもうないからあれやけど」と徳井。

ひらパー兄さんと生駒山上遊園地兄さんの対決なんて考えただけで楽しそう。
もしも、こんな事が実現したら関西の遊園地も、関西も盛り上がるかな。

この後、卵を額で受け止めるゲームをしたら小杉は卵まみれに。徳井は卵の殻だけ額に残る奇跡を見せた。

割とゲームがあっさりと終わってしまったのだが、話が盛り上がりすぎてゲームの時間がなくなってしまうとそうだ。

トーク面白かった、中々小杉ライブでは見ない顔を見た様な気がします。

二人は同じ舞台に立つ事がめっきり少なくなってしまいましたが、こういう事がたまにあるといいですね。


さて、11月の小杉ライブは京橋花月、12月の小杉ライブは祇園花月で開催。
小杉の地元・京都に凱旋です。

…個人的には、だんだん会場が遠くなっていくのが嫌なんだけど、会場がデカくならないとチケットが取れないという何とも皮肉な話だなぁ。
コメント